FC2ブログ

0と1の間


グリマスのエピローグを褒める話とかニコ動を褒める話とか書きたいんですが、どちらもあまり気軽に書けません。だからとりあえず、気楽に書ける『ラブライブ! サンシャイン!!』2期の話をしておこう……というか、『ラブライブ! サンシャイン!!』の話は最終話の前でもいいかな、と思っていたのだけれど、考えてみると、初代『ラブライブ!』のアニメは、2期の12話目で決勝大会をやっていたんですよね。従って、『サンシャイン』のアニメも、12話目で決着が全部着く展開になったとしてもおかしくはない。だから、今思っていることは今のうちに書いておいた方がいいのかもしれない……と思い立った時点で21時半だったので、1時間で書ける範囲のことを書いておこう、という記事です。






一回確認しておいた方がいいなあ、と思って一期を見直して、ようやく認識したのですが、アニメ『ラブライブ! サンシャイン』では、アニメ版シンデレラガールズが、"いったんうまくいった過程が、後で全部裏目に出て問題が起こる" 、というパターンを律儀に律儀に繰り返していたのと同じくらいの律儀さ、執拗さで、"とんとん拍子で話が進んで、いかにもそのままうまくいきそうに思えたところで一回コケる" というパターンを踏襲しているんですね。
主人公高海千歌が転校生桜内梨子と邂逅して、いかにも心が通じ合ったように思えて、これって運命だよね、一緒に「スクールアイドル」やらない? と声を掛けたところであっさり断られる、という、一番最初の出会いの時点から始まって、学校の志願者集めにしろ、「スクールアイドル」としての成績にしろ、キャラクター当人たちの主観に寄り添った視点からは、順調に前に進んでいるように見えていたのに、いざ客観的な結果が出てみたら全然ダメ、という経過を繰り返してきた。そして結局のところ、1期での彼女たちの最終的な到達点は、地区予選であっさり敗退して全国大会には出られなかった、学校の志願者は未だ手の指で数えられる程度の人数、というものでしかなくて、実績的には、ミューズがどうでアライズがこう、というようなトップアイドルの世界には未だ全然達していないわけです。

だから、1期の劇中に出てきた言葉の中で、もっとも重要なものの一つが、高海千歌の、「ゼロ」のままで終わりたくない、「ゼロ」を「1」にしたい、という台詞なのだと思います。ここでゼロというのは、文字通りに、アイドルとしての自分のファンの人数がゼロ人だ、ということです。アイマスの最初のゲームは、「アイドル候補生」を「プロデューサー」が指名して、ファン人数が0から1になるところから始まりました。自分のプロデューサーに見出される、という最初の「1」から始まるのが原則のアイマスに対して、本当に「ゼロ」からアイドルを始めようとした人間には何が見えるのか、というのが、このアニメのテーマだと言っていいのかもしれない。

で、その物語がいま、やりきれないこと、どうにもならないことがたくさんあったけれども、最後に勝てばきっとすべてが報われる、昇華される。そういうモチベーションを掲げて、最後の勝負を迎えようとしている。ここまでの軌跡からして、このアニメが何の波乱もなく終わるとは思えない、ということもそうなのだけれど、それ以上に重要なのは、結果がどう出るにしろ、結局のところ、その結果によって彼女たちは「ゼロ」が「ゼロ」でない何かに出来た、と思えるのだろうか、ということ。

2期の10話は、この物語のつくりを鮮明に示す回でした。流れ星が見たい、と言って、星が見えない嵐の中を全員でバスに乗って疾走していく。すると、バスが飛び上がって雲の上を走っていくヴィジョンが見える。が、それはただの幻想で、我にかえってみると、やっぱり一面の雨雲の下を走っているだけ。映像上のオチとしては、その後に本当に雲が晴れて星が見えた、ということになっているわけですが、途中で一度幻覚を挟んでいる以上、最後に見えた景色だって幻ではない保証はどこにもないんですよね。
かつて3人で星を見に行った時は、雨で見られなかった。だけど、9人で見に行った今回は、本当に星を見た。そういうオチだったと受け取ってもいいし、それは疲れ果てた少女たちが見た夢だった、でも、彼女たちはその夢こそが真実だと信じた、というオチだと受け取ってもいい。
たぶん、この物語全体も同じで、どういう客観的な結果が出たか、ではなくて、何を信じて、何を思い出として持ち帰るべきなのか、という話になるのだろう……と思っているのですが、どんな過程、どんな絵、どんな言葉でもってそれを形にするかはぜんぜん想像がつかないので、とても楽しみにしています。

この文章は、自分の中で、放送される前に書いておくことに意味がある文章なので、推敲せずに書いたまま出しておきます。









関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: