クリッククリッククリック


ここ1ヶ月ほどやっていたことについての記事です。




4月以来、ただでさえデレマスの方から、投票だ、順位だ、宣伝だ、という話ばかり聞こえてきて気が滅入っていたのに、今度はミリマスの方から、数字は正義だ、どんな手を使っても数字を出して話題になれば勝ちだ、みたいな話が回ってきて、ほとほとうんざりする今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。私は「ミリオンライブ!」のゲームを始めてしまいました。「シアターデイズ」ではなくて、従来からのグリマスの方です。

始めた理由がまた実にバカバカしくて、書いていて自分で気が滅入るんですが。「LIVE THE@TER HARMONY」っていうミリマスのCDを買ったんです、ドラマを聞くつもりで。で、ふたを開けて聞いてみたら、歌だけでドラマが入ってなかったんです。それで慌てて調べたら、このCDのドラマパートに相当するものはゲームの中で無料公開されているというんですね。それくらい買う前に調べておけ、という話ですよ。仕方がなくアカウントを作って、作ったからにはとプレイし出して、今に至ると。

私にとってソーシャルゲームというもの自体、これが初体験ですが、やってみると、なるほどなかなかよく出来たもので、そう簡単にすっぱりとはやめられません。
まず、ポチポチゲーとは良く言ったもので、とにかく画面をひたすらクリックし続けるだけで手順が進行するのがいい。いや、人によっては、それではやり甲斐がない、となるかもしれませんが、とにかくありとあらゆるアクション要素が苦手で、なるべく頭も運動神経も使わずにゲームを済ませたい私にとっては、これはメリットです。

さて、このゲームの基本は、「営業」と「ライブバトル」という2種類の作業を繰り返しこなすことです。「営業」とは、要するに "ひたすら画面をクリックし続けると、いろんなポイントやアイテムが少しずつ溜まっていく" という作業であり、「ライブバトル」の方は、トレーディングカードゲームやポケモンバトル的な作業です。すなわち、ゲーム内では、一枚ごとに攻撃力・防御力・特殊能力が設定された、多種の「カード」と称するものが流通していて、この「カード」を入手し、何枚か組み合わせて「カードデッキ」を編成する。この、自分の「デッキ」の攻撃力でもって攻撃して、設定された敵のヒットポイントをゼロにしたらクリア。いつでもプレイできる、普通の「営業」「バトル」の他に、ゲーム内では「期間限定イベント」と称するものが、のべつまくなしに開催されていますが、中身が「営業」「ライブバトル」の2種類の作業で構成されている、という点は変わらないようです。

そして、重要なのは、「営業」にも「ライブバトル」にも、それぞれを行うための体力が設定されていて、体力がゼロになると作業できなくなる、ということ。この2種類の体力は、時間経過によって自然回復しますが、当たり前ですが、普通にプレイしていると自然回復の速度よりプレイによって消耗していく速度の方がはるかに早くて、すぐに体力切れになります。だから、継続的にプレイしようと思ったら、消耗品の回復アイテムが大量に必要になる。
よく出来ているというのはここで、アカウントを登録した、あるいは期間限定のイベントのそれぞれに参加した最初の瞬間は、何もしなくてもどんどん回復アイテムが手元に溜まっていく、という仕様になっていることです。
ところが、深入りするにつれて急速に回復アイテムの供給が減って消耗する一方になり、ある時点でとうとう、時間による自然回復を待ってちょびちょびっとクリックする以外何も出来ることがない、手詰まりの状態が訪れてしまう。この手詰まりの状態が、辛いのです。始めた瞬間の、手元に回復アイテムが腐るほどあって、何も考えずにクリックし続けるだけでさらにいろんなアイテムが溜まっていく、という状態に体が馴れきってしまっているので。

他方でこの、"体力回復が出来なければ何も出来ない" というシステムが、私にとっては歯止めになっている面もあります。つまり、リソースが尽きて手持ち無沙汰な状態になってみて、自分はこのゲームにおいて何を実現したいと感じているのだろう、とつくづく考えた時、自分の望みは、「カード」が欲しいとか「イベント」をクリアしたいとかじゃなくて、"好きなだけ自由にクリックしつ続ける権利" を手に入れたい、ということなんだな、と。リアルマネーを投じて強い「カード」を手に入れたところで、"体力が切れれば何も出来ない" という本質に変わりはないし、消耗品のアイテムの方を買おうとしたら、それこそ限度がない。

……で、もうこれ以上やることもないからそろそろ辞めようかな、と思うタイミングで、月が変わったの新しいイベントが始まったのと理由をつけて、またいっとき回復アイテムがドサッと降ってきて、じゃあもう少しクリックしてみるか……と続けてしまう、という展開を、1ヶ月ほど繰り返しているわけです。このままズルズル続けていくのか、どっかで盛大に足を踏み外すのか、それともうんざりして辞めるのか。どうなっていくのか、まだよくわかりません。

ところで肝心のドラマの方ですが、「プラチナスターライブ」のボイスドラマ(先述の「LIVE THE@TER HARMONY」のドラマパートに相当するエピソード)の中の「リコッタ」(春香、横山奈緒、福田のり子、松田亜利沙、周防桃子のユニット)の話が素晴らしかったです。これを見るために私はグリマスを始めたんだなあ、と思ったし、これを見られたから、もう辞めてもいいなあ、とも思いました、その時はw。見る前は全然注目してなかったのにね、「LIVE THE@TER PERFORMANCE」の春香の出ているCDが、どうということもないお話だったから。
ボイスドラマを全部見終わったところで、何か感想を書こうかな、と思っていたのですが。その後で今度は、各「イベント」ごとに存在する、声のついていない掛け合いを全部読んでしまったせいで、今は頭の中で情報がパンクしていて、何からどう書いたらいいのかわからない感じです。

ところで、「カード」で組む「デッキ」とは別に、キャラクターとしてのアイドルを3人指名して編成する「ユニット」というものもあるわけですが(「営業」では、この3人が何パターンかの決まった台詞を延々と喋り続けるのを眺めることになります)、私の「ユニット」は開始以来、センター:望月杏奈、レフト:ロコ(伴田路子)、ライト:エミリー・スチュアートの固定編成となっています。こう、ちんまりとした子が三人並んで、見た目のバランスがいいような気がしますね。






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: