私はブロガー


天海春香主演 映画 『QuQ<クック>』 アイドルマスター(終)


最初は、上記の動画についての感想記事の書き出し、のつもりで書いていたのですが、この部分だけで独立させた方がいいと思ったので。







天才カゴシマPの『QuQ<クック>』 が完結した。とにかく、まず書いておかなければならないことは、このブログの前回の記事で私が、作品にこうあってほしい、こうなってほしい、と書いた、まさにその通りの展開になっている部分が、この最終回の中に存在する、ということ。

今までニコ動の視聴者として過ごしてきて、動画の中にコメントとして書き込んだことで、作者の意識に影響を与えてしまっただろうな、ということはこれまでもあった。私がブログで何を取り上げてどう書いた、ということを、実は作者の側が意識していたらしい、と後から知ったことも何度かある。けれども、具体的にお話のここがこう気に入らないからこうして欲しい、と書いて、望んだ通りの展開になってしまったのはこれが初めてである。
もちろん、カゴシマPが、あのブロガーがこう書いたからこの展開にしました、と言明しているわけではないので、そこに因果関係があるという確証はない。そして、純粋に鑑賞者としての視点からは、この展開になって良かった、こういうシーンがあって嬉しい、という気持ちが、やっぱりある。ただ、それはそれとして、なんであの記事を公開してしまったんだろう、あんなことを書かなければ良かったのに、という、後悔というか、なんとも嫌な心地がしてならない。

記事を書いた時は、批判を動画の中にコメントとして書き込んで、せっかくのみんなが楽しんでいる空気を壊したくない、という意識があって、ブログ記事という形にしたのだ。
けれども、動画の中に、動画のここが気に入らない、と書き込むことは、それが客観的にはいかに荒らし、アンチの行動であっても、いかに動画の空気を悪くして作者や他の視聴者に不快な思いをさせたとしても、どこの誰のどんな内容の書き込みも一様に匿名のいちコメントであって、そして動画を見ている他の視聴者すべてにその内容がチェックされていて、おかしいと思えば他の視聴者も反論できる、という公平さはある。ブログという、他者が容喙できない自分だけの城の中から発信する行為には、そういう公平さの外から自分ひとりだけが作品に働きかける特権性がある。

私は今まで、人からはどう呼ばれようとも、自分からは「見る専」だと名乗ってきた。同じように、他人からは「ニコマスブロガー」と認識されているにもかかわらず、自分からは「ブロガー」を名乗らない人は、昔から少なからず居る。そこには、自分は一方的に受け取る側であって何かを働きかける側ではありませんよ、というポーズを取ることで、自分が何らかの力を所持して他者に対して行使する存在である、という責任から逃れようとする意識があったはずである。
しかし、少なくとも私の場合は、ああいう文章を書いておいて、私は何者でもないただのいち「見る専」でございまして、は通らないよな、と。私は、ブロガーである。そしてブロガーというのは、どうしようもなく迷惑で嫌な存在なのだ。

ごめんなさい、と言ってもしょうがないし、ありがとう、と言うのもおかしいわけで、ただ、ああいう文章を書いて、こういうことが起こった、という結末そのものを記しておく。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: