メモ:気になる記事リスト(偶像とダンスだ! 関連)2


 『ぷよm@s』について気になった記事のメモ。09年9月~12月分。
個人的なメモなので、何様だ的な偉そうなコメントが付けてあったりしますが、大目に見てやってください。

発端の記事
 前回

Come sono bravo -wiki- ぷよm@s紹介ブログまとめ を利用させていただきました。



分類は便宜上、超適当に気分で分けてるだけ。

09年9月~10月 本編第二部 頂上決戦前編(part13)

<紹介>
「ぶら樽、好きなim@s架空戦記作品について語る」の巻 その1 ぷよm@s - 【FF11】ぶらり樽赤ソロの旅【マビノギ】(10/9)
知っていながら「知らない人の視点」を徹底できる凄さ。

<語り・ストーリー分析>
137日目-3 ふたたびぷよm@sについて - LIBrary(9/7)
前回の最後で書いたように、『ぷよm@s』論史的なものをイメージすると、09年9月以前までで第一部かなあ、という感想を私は持っている。何を持って第一部の始まりとするかというと、今、最も「熱い」ノベマス - 見る専プロデューサー生活、始めましたが世に出た瞬間で、この時初めて、『ぷよm@s』を外から見て「面白い」「興味深い」と評するのではなく、作品世界の内部に踏み込んで中から語ろうとする言葉が現れたのである。
 では、『ぷよm@s』論第二部の始まりは? ということになるが、この記事がまさにその始まりであろう。大変重要なことは、ここで「ビルドゥングスロマン」という言葉が出てくることである。つまり、「アイマス」であること・「ぷよぷよ」であることに囚われず、物語作品そのものとしての『ぷよm@s』を語る言葉が、この時出現したのである。そしてさらに、「モチベーションの連鎖」という表現の出現。すなわち人物像と人物間の関係によって『ぷよm@s』像を描く時代が到来したのである。

<作品構造分析>
143日目 またもやぷよm@sについて - LIBrary(9/13)
この記事の持つ意味もまた非常に重大である。すなわち、他人が作品をどう語っているかを知りたいと思い、他人の語りからさらに自分の考察を深めていくという、真の意味での言論活動をする人の出現。ところで「語りたい欲求」とニコ動上でのコメントの関係は、現在では全く逆の現象が心配されているわけで、なんともはや。
週刊ニコマス棚卸9月1・2週号 - 続・空から降ってくるので (9/13,9/20)
144日目-2 ぷよm@s関連 - (LIBrary(9/14)
 そして、芽生の瞬間を察知して引きずり込んだ黒幕がいて、ここに『ぷよm@s』をめぐる言論と呼べるものが完全成立するのである。あと『fake story』の視聴者が一人増えた。
ぷよm@sを語る。ついでに現状報告。 - 「とりとめ(ry」の楽屋裏。(9/15)
149日目-2 ぷよm@sの「ツカミ」について - LIBrary(9/19)
おしるPが『ぷよm@s』を語りだしたのはその1日後で、同時シンクロ、同時多発的に火が広がっていく現象ってあるものである。
157日目 ぷよm@s論,「とりとめの無い話」シリーズ - (LIBrary)(10/2)
163日目-2 ぷよm@s紹介記事 - LIBrary(10/10)
「LIBrary」という結節点によって、広がっていく輪がリンクする。
ぷよm@sの凄さについて - 甘い漸近線(10/25)
1話ごとの展開のスピード、「捨て回」、伏線。シリーズが長期化するにつれますます重要度と注目度を増すことになる着眼点。

<比較論的分析>
153日目-2 fake story について- LIBrary(9/26)
何について書こうとしても、その前にこれをきちんと位置づけておかなきゃダメだろ、と浮かび上がってくる作品が私の中でいくつかあるんだけど、そういうのほど書くのにパワーがいるんだよう、という全く個人的な叫び。

09年11月~12月 本編第二部終了(part14~15)

<紹介>
検索エンジンからおいでの方に「ぷよm@s」を紹介してみる - LIBrary(11/?)
私が昨日pickupした記事は、既に大体ここでまとめられていたり。
ニコマスの続き物三つ - パンダ小屋(11/7)
ぷよぷよの情報にもアイマスの情報にも頼らずに、ここまで簡潔にわかりやすく書けるとは…。

<ストーリー分析・語り>
ぷよm@s感想 -情熱は更に燃え上がる - 見る専プロデューサー生活、始めました(11/3)
181日目-2 ぷよm@s第二部を振り返る 概略編 - LIBrary(11/3)
ぷよm@s part14 - 甘い漸近線(11/3)
ぷよm@s見ちゃった。 - 「とりとめ(ry」の楽屋裏。(11/4)
多分芸術より『ぷよm@s』ファンの方が、爆発に相応しい。全部投稿から24時間以内に上がってるんだぜ…。
だらだらとぷよm@s語り(主に亜美真美編) - 見る専プロデューサー生活、始めました(11/10)
個別キャラクターへの集中的な語り込み。亜美真美なのがイイ! 脇役を語りまくる文章が大好きなのです。
187日目-2 ぷよm@s記事紹介 - LIBrary(11/10)
199日目 ぷよm@s第二部までを振り返る 美希と千早編その1 - LIBrary(11/25)
200日目 ぷよm@s第二部までを振り返る 美希と千早編その2 - LIBrary(11/26)
キャラクター像を語る時代の到来。

<比較論的分析>
198日目-2 「プラネット☆ラヴ」と「ぷよm@s」 - LIBrary(11/24)
案外『ぷよm@s』と『プラネット☆ラブ』を正面から比較した人って少ない気がするんだけど、私が見落としてるだけなんだろうな。

<作品構造分析>
ぷよm@sにみる戦い (上巻) - 教団「二次元愛」(12/26)
少年漫画の王道的作り方と言われている一方で、この題材で動画という形態だからこそ成立している要素がある。
『架空戦記』03 「ぷよm@s」 - 君のハートにクー・デ・グラ!(12/26)
良い分析は常に良い紹介でもあり、かつ常に面白さそのものとそれを成り立たせる要因の両方に目が届いているから、この分類はホントに無意味だよな、と思う(爆)。

<総論的分析>
思いっきり分かる人にしか分からない感じで09年のニコマスを振り返る - 続・空から降ってくるので(12/31)
スト/酷くないは感じていたんだけど、ペド/ハリアーが目から鱗だった、と思い出す。
nix in desertis: SIR(スーパーアイドルランキング)のP名数を数えてみた in 2009(1/8)
わかむら! わかむら! わかむら!

<その他>
ぷよぷよ:ぷよm@s part15&情熱は伝わっていく - 続雑記(仮)(11/30)
205日目-2 ぷよm@sを介して伝わっていく情熱 - LIBrary(12/2)
文章までがシンクロしているっていうのは、本当に面白い。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: