解凍




whoP アマテラス美希がアマテラス可愛い。 16年10月06日

美希logy -memoir & memorandum- これはいい。
美希logy -memoir & memorandum- アマテラス可愛いアマテラス美希テラス










ブログや動画を通じてwhoPの消息が聞こえてくる、という出来事自体は、これまでもあった。しかし、今度の新作は、以下の点において、whoPを知るニコマスファンにとって衝撃的だったと思われる。

①プラチナスターズという、今の、最新の(無印ではない!)アイマスの美希を取り上げていること
②全盛期(?)のwhoPそのままの、ハイテンションで美希バカ全開なノリのタイトル・内容であること
③新作灯下に合わせて、10年7月以来長らく非公開だった、大量の過去作のうちかなりの部分が公開されていること

すなわち、"あのMEMORY2の作者" や "あのツンデレーションの作者" としての、"ニコマスの偉人whoP" ではなく、ひとりでメモリーに生きながら美希を考え続けるworld end produce な"哲人whoP" でもなく、

「アホみたいな数の「さっき見た美希ってゆー女の子」ばっかなサムネ(しかもタイトルの半分ぐらいはアレげ)がずらりと並んでいるのである
この「う、うわぁ‥‥うわぁ‥‥」な衝撃まで含めてのwhoP&美希」(byニコマス棚卸 6/27~ - 続・空から降ってくるのでよ)

"あの" 「う、うわぁ‥‥うわぁ‥‥」なwhoPが今のアイマスに現れたんだ、という衝撃。

もちろん、たとえ新作が投稿されたり過去作の非公開が解除されたりしても、それは、いま、07年08年そのままの距離感、関係性でもってwhoPとニコマスあるいはアイマスが結ばれたことを意味するわけではないだろう。
ただ、何かが蘇ったんじゃないか、あるいは、何かが変わったんじゃないか、何かがここから始まるんじゃないか、と人に思わせる出来事であったことは間違いない。

ところで、動画を見た時私は、なんとなく かりふらPの最近の記事を連想した。

メモ 2016年10月公開映画チェック

いや、別にかりふらPは新作を発表したわけではないけれども、上記の記事にある、アイマスのいろいろ濃厚なこだわりを持っていた筈の人が、いま「とても新鮮な気持ちでプラチナスターズを楽しんで」いる、というコメントが、whoPの新作を見た時にダブって見えたのである。

まあ、デビュー時期が一年近く違う二人を一緒くたにするのは乱暴であって、whoPと比較するのであれば、デレステで今年盛んに活動を展開している ありすえPの方が適切かもしれないが。

色々おしらせとか:動画説明置き場


ともあれ、いずれにしろ、私が今日この記事で書きたいことは、たぶん、whoPや かりふらP、あるいは ありすえP本人の話ではない。

たとえば。
ありすえPというのは、私がニコマスを知った時にはすでに伝説上の名前だった。だから、私が "ありすえPの新作" というものをリアルタイムで目にした記憶は、今は消えているこの動画が唯一で。

ありすえP アイドルマスター ヒーロー☆ 10年06月16日

そしてその記憶の続きには、次の日に投稿されたsabishiroPの動画がある。

sabishiroP 天海春香 おかえりただいま【60min】 10年06月17日

6年前、ありすえPに「おかえり」を言う立ち場にたって動画を作ったsabishiroPは、2016年になっても動画を作っている。

sabishiroP 天海春香 おはよう 16年05月08日

まるで6年前から1秒たりとも時が動いていないかのような空気を纏った、無印の16歳の天海春香だけしかいない動画を。

あるいは。

UKCP CUBF 冬の終わりに 15年02月28日

かつて、かりふらPを弔って祀り上げる祭りを、しめやかに、怨々と、執念深く執り行ったUKCPは、ずいぶん長いこと活発に投稿活動をしていたけれども、その投稿頻度が落ちるにつれて、以前にも増してサムネに千早の占める率が増していき、そして、私が知る限りその消息は、2015年の千早誕生祭のこの動画で途絶えている。

作者本人の生活や心境はいざ知らず、傍目からは、彼らの動画の中のアイドルは、どこかの時点から、周りじゅうの世界が凍り付いて、閉ざされた空間の中で彼女たちだけの時間を歩んでいるように思える。

話は、必ずしも動画作者に限らなくてもいい。

荒川河川敷 (10/06)
荒川河川敷 一生のお願い (10/09)

今回の事件にいち早く反応したarakawa77氏の記事であるが、面白いのは、whoPの動画への想いを切々と綴る氏の記事が、熱心に語っているのは過去作のあれが見られて嬉しい、これが見られなくて悲しいということであって、新作『アマテラス美希がアマテラス可愛い。』がどういう内容で、それを自分がどう受け取ったか、という事柄はほとんど何一つ書かれていない、ということだ。
けなしているのではない。私自身の心情もまた、arakawa77氏の記事や、twitterであれが見られるのこれが見られないのと騒いでいた元ニコマスブロガーたちの態度に近いのだ。私にとって大きな出来事だったのは、おお、『全ての人の魂の戦い』見られるじゃん、とか、あまみぱんださん久しぶりだなあ、とかいうようなことであって、「あまりの可愛さに天の岩戸が爆開き」するプラチナスターズの美希に対しては、どうという感想も無いのだから。

かつて、whoPやありすえPの動画との出会いによって、何かに焦がれ、憧れ、恋をした人間たち。7年、8年という時間のうちに、いつしか、憧れだったもの、恋だったものために心を凍り付かせ、前に進めなくなり、新しいものを感じられなくなって、そのまま自分だけで形づくった時間と空間の中に居るか、あるいは心のどこかを凍り付かせたままニコマスとアイマスのどちらか、あるいは両方から離れて別の場所へと旅していく。
そうして凍り付いてしまったいくつもの心を飛び越えて、原点であったところのwhoPが、ありすえPが、今のアイマス、今の時代と共にある。


少し話を変えよう。いまは2016年で、ニコ動が始まってから9年が過ぎていて、ニコマスにはwhoPとありすえPが居る。
では、その前の年、2015年は私にとって、どんな年だったか。

私にとって2015年は、たろうPがニコマスからいなくなった年だった。

雑なエンディングその1 - たろうP事務所2Vi

07年のデビューから14年の雪歩誕生祭に至るまで、実に足掛け8年にわたって、たろうPは何一つ変わらない雪歩の動画を作っていた。(より正確に言うならば、何一つ変わらない無印の雪歩動画へと、ふたたび収束していった。)

たろうP 1224 今なら素直に言えるハッピーメリー…ゆきぽ☆ 14年12月24日

たろうPとたろうPの雪歩がいる限り、たしかに続いていると思えたもの、自分の大切な何かがたしかにここにある、と思えたもの。私にとってのアイマスには、2015年をもって凍り付いて戻らない部分がある。

コウサンPがいなくなったのも、2015年だった。

コウサンP アイマス(らすと)『Jewel Colors -paved mirror-』 15年05月18日

コウサンPでタグ検索するたびに、なんとも言えない苦い気持ちになる。消さずに残された動画は、あるいは作者自身にとって満足のいく作品を選別した可能性もあるかもしれないが、ニコマス20選や、広告や、ブログ記事によって、他人がはっきり評価の態度を示したものを残したようにも思われるからだ。
言うべきだったのだ。あの動画の時も、この動画の時も、今度の新作は素晴らしい、大好きです、と。そしてこの時に、あれもこれも全部残してくれないと困る、と。そんなのはずっと前からわかっていたことで、わかっていて私は何もやらなかったのだ。


毎年毎年、外から私の心を凍り付かせる出来事があって、年々、内側から硬化し硬直していく自分の心のありようがあって、年を経るごとに、私はどんどん身動きが取れなくなる。
だから、いま、2016年にwhoPやありすえPの新作を見ると、私は、

背負い込んでいた諸々を飛び越えて、軽やかに、素直に、アイマスの大切な 今 を楽しんでいるその姿へのまぶしい憧れと、

どうせあなた方は、またそうやってほんのひとときだけ私たちの心をときめかせて、すぐにうたかたのように消えるんでしょう? 
という冷ややかな感情とが、

同時に湧き上がってくる。

ありすえPがデレステ動画を投稿し始めた頃、誰だったかが、「一体いまはいつなんだ!?」と叫んだ。
今、2016年のアイマスは素晴らしい。かつて、2007年のアイマスは素晴らしかった。そして、その両者はたしかに繋がっている。そういう想いがそこには籠められているのだと思うけれど。
ええ、私も思います。いったい今は何時なんだろうか? ここにはもはや、たろうPもコウサンPもいなくて、けれどもwhoPとありすえPは居て、そして私には東方卓遊戯がある。

今はどんな季節なのか。そうですね、その答えは、そのうち彼らがまたいなくなって、その時まだ私がニコマスを見ていたならば、その時に考えることにしましょうか。


……ところで、てってってーPと七夕Pとがぶ呑み氏の新作は、まだ来ないんですかね?




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

sm11088605とsm28801759はどちらも誰かに捧げる為に作ったから余計似て感じるのかも? 後者は前者の30倍程時間が掛かっているので今の私のMAD力は往時の3%程度しか無い計算に.

私ももしななななな~Pの新作がプラチナスターズであがってきたら自分がどういう反応を示すかについて興味があります.

Re: No title

通りすがりのわた春香 様、いらっしゃいませ。
お返事が大変に遅くなりまして、失礼いたしました。

見る側は作り手が各動画にどれくらい手間を掛けているのかを気にしないし気付かない、というのは、自分の意識を考えても、他所での見る専と動画作者とのやりとりを見ていてもそうだろうなあ、というところで、30倍違うと言われるとそんなに違うのかー、というのが正直なところではありますね。
ただ、それはそれとして、この記事については私の書き方が足りない、あるいはうまく表現できていないので、私は、sm11088605とsm28801759が全く変わらない、同じような動画だ、と思っているわけではないです。ただ、外界の変転や流行り廃りから独立した、自分だけの強固な連続性を持って、これらの動画の春香さんは歩んできているように思えた、というのか。ここらへんの印象をどう言葉にするかは、まだ模索しているところですが。

ななななな〜Pについては、私は彼に対しては「信者」だと自分の立ち位置を定めているので、何で何を作ってもその時はそれを歓迎しよう、という気持ちと、あとそもそもななななな〜Pの場合、いまあの人がどこかで元気で楽しく生きていられているのかどうかもわからない、という現状があるわけで、消息が聞こえてきたらそれだけで嬉しい、という気持ちがありますが。しかし、実際にそういう新作を目にしたら、この記事にも横溢しているような "今さら何を言っているんだ" という感情も湧き上がってくるだろうし、どうなるかは本当にわからないですね。

では、間が空いた上、返事の内容も散漫になってしまいましたが、コメント、ありがとうございました。
プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: