1月26日、収束する華


幸せってなんだ。
好きなシリーズの新作が来ることさ。


以下の作品のネタバレを含みます。

Hex-a-bloom氏 【東方卓遊戯】東方紅華仙【央華封神】 シリーズ (10年10月04日〜連載中)







Hex-a-bloom氏 【東方卓遊戯】東方紅華仙・終の序【央華封神】  15年01月26日
紅華仙 終の序 4:33 のコピー

紅華仙 終の序 4:34 のコピー


キャラクターの能力や装備、動画オリジナルのルールやデータなどをどう設定し、実際の探索や戦闘においてどう活用するか。TRPG動画を見る際には、そういうシステム的な運用面に注目する楽しみ方も、当然あるでしょう。
ただ、私自身はそういった側面にはあまり関心を持たずに見ています。なので、私からすると、一般にキャラクターの成長報告やルールの説明が中心となるセッション初頭の回は、あまり楽しみどころがない、ことが多い……のですが。

本作『東方紅華仙』のこの回など、まさしく成長報告と新規アイテムの説明(と次のエピソードの導入部分)しかない回です。なのにこの動画はそれだけで、私が見てもとっても楽しいお話になっているのです。
何が楽しいかって、この動画の彼女たちの会話は、キャラクターをパラメータ的にどういじっていくのか、という話題から、そのキャラクターがこれからどんな人間になっていくのか、お互いの関係がこれからどうなっていくのか、という話題が自然に引き出されてきて、そのまま物語の内容へとシームレスにお話が繋がっていく。そこが楽しいのです。
それは、それだけゲーム内のキャラクターの人格が生き生きと、はっきりした輪郭を持った存在となり得ている、ということでもあるし、キャラクターを、ゲームを演じるプレイヤーの側の感情、思いが巧みに表現されている、ということでもあるでしょう。


で、上に貼ったシーン。私は、このシリーズの「計露」というキャラクター(と、それを演じる洩矢諏訪子)が前々から大好きなんですが。
彼女は前の章のエピソードで、予定のシナリオを超えてキャラクターが勝手に動いているような感じがありましたが、この場面でもちょっと、そんな雰囲気が出ている気がします。ストーリーをどう展開させるのか、と構想するより先に、このキャラクターだったらこの場面でこう動くよな、ってイメージがパッと自然に出ている感じ。

まあ、この計露(諏訪子)というキャラクターについて、言いたいことはいろいろあって。
彼女はパーティの中で/プレイヤー5人の中で、サポート役で交渉役で参謀役で熟練者で知恵袋で、という立ち位置です。で、こういうポジションの人物を、””言ってることはややこしくて考えさせるが、性格は一本筋が通っている” キャラクターとして具現化できる作者は、本当にすごいと思う、ということとか。実際こーいうのは難しくて、ちょっと間違えると”よく読むと大したことは何も言っていないが、性格はねじ曲がっている” みたいなキャラクターになってしまうわけで。(私がよく書くようなやつですね。)

それから、この諏訪子が魅力的なのは、彼女ひとりのありようだけの問題ではない。他のキャラクター(チルノ・萃香・妖夢・レミリア)がそれぞれに、違った形で諏訪子とは対照的な性格で、その対比があるからこそなんだ、ということとか。上の場面にしても、素直に困惑し素直にツッコむ妖夢のパーソナリティがあればこそ、なんとなく流れで話を乗っ取っちゃう諏訪子の言動の面白みに、光が当たっているわけです。
そして、そういう5人それぞれのキャラクターの違いが、仙人としての行動理念・理想像の違いと、それにリンクした術者としての能力の違い、という、『央華封神』というシステムならではの世界観とルールを反映し、表現したものでもある、ということとか。
でもまあ、そうやって、何をどう書けるかと思って見直していると結局、このケロちゃんいいんだよなあ、好きだなあ、というだけで気持ちが満足してしまうんですよね。困った。


話を移しましょう。終章の始まりだけあって、これまでの総まとめ、という色が明確に感じられる回でもありました。
伏線……と呼んでは味気ないですね、過去の話で蒔かれた結びつき、思い出、思い入れの種が、話が収束するにあたってもう一度生きて、輝いてくるところ。本作の、個別の章の中で味わってきたそういう魅力が、いま一度思い起こされ、終章への期待と希望がふくらむ導入回だったと思います。

……回りくどい書き方をしましたが、言いたいことは実に単純なのです。チルノの新装備に胸を躍らせ、レミリアの新装備に笑い、妖夢の新装備ににやにやして。そして何より、萃香と諏訪子の新装備を見ただけでもう、目が潤んでしまって。本当にもう、ただ単にアイテムの説明をしているだけの箇所でなんで私はこんなに感情を動かされて、あげくリアルに泣いてるんだろう、と。
次が楽しみ……というか、この回だけでもう、多すぎるくらい幸せを貰った気がするのに、まだ終わりじゃない。本当に仕合せなことだと思っています。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: