新作アニメ『デレラーガの塔』第一話を受信して


いろんな人が感想をつぶやいていて楽しそうだったので、私も雑感を綴っておこうと思いました。
この記事は、アニメ第一話の重大なネタバレを大いに含むことでしょう、たぶん、きっと。


あとあれだ、フリージアP作『アイドルマスターfake story』シリーズのネタバレを含みます。











・オープニング映像。リボンによってがんじがらめに縛り付けられた、数多の囚われの少女たち。彼女たちは、来るべき蜂起の日を待って息をひそめているのだ。これは言うまでもなく、旧世代の暗黒転倒大魔王はるかっかが、その音声的な魔術によって彼女たち未来ある少女の自由を奪ってその台頭を防いでいることの暗示である。すなわちここには、”もはやアイドルにリボンは要らない” というこのアニメのまっすぐなメッセージがステレートに表現されているのであり、芸能界からの原理主義的リボン狂信者の撲滅こそが、この作品の真の目的なのだ。論より証拠、主人公島村卯月は頭にリボンをつけていないじゃないか。

・冒頭、ファッションセンターしまむらにて島村卯月があてどもなくウロウロしているところ、窓を突き破って飛び込んできたは、ホンダのバイクにまたがった本田未央。誰もが予想できなかった衝撃の出会いから、物語は動き出す。ここには、何の変哲もない、意志をもたぬ普通の物体だった筈のものが、ひょんなきっかけから人格をもった付喪神と化して人間界に復讐していく、というこの物語の根幹が、簡潔な描写の中に見事に表現されているのである。

・しぶりん、こと渋谷凛はその名前から想像される通り、日本国・東京・渋谷駅前の雑踏の思念集合体とか化身とかそういうナニカであって、外から特別に力を加えない限り、化身たるその身は渋谷駅を中心にした半径72mの範囲を外れて移動することができない。最初の衝撃の出会いで本田のバイクは故障して、第一話ではずっと修理中のため、ファッションセンターで購入したガラスの靴以外何の武器ももたない島村が、待ち人を駅前広場に縛り付ける渋谷駅の呪縛にどう打ち克っていくか、これが第一話のストーリーの肝となるわけである。

・渋谷駅前にはハチ公像がつきものであることから、渋谷凛がつねに忠犬をお供に連れているのは自明のことであり、ハチ公のエピソードの文脈から考えて、この忠犬はつねに渋谷に付き従って陰に陽にその活動を支え、終盤で重要な役割を担う、指輪物語のサム的立ち位置のキャラクターだと推察される。また、「ハチ公」と「ハム蔵」の名前の類似から考えて、この犬はアニマス・ミリラブ世界とデレラーガ世界をつなぐミッシングリンクであるとも、暗黒甘味転倒大爆発魔王はるかっかの送り込んだ手先だとも考えられる。

・リボンなどという外道なしに普通に成立している王道主人公ヴィジュアル! 
なんでもないターンがそれだけで映えるロングの髪!
初対面の相手の前で回ってみせてもわざとらしく転んだりすることもなく、それでいてギャグシーンではネタにならずにスムーズにずっこけてみせる自然なキャラクター!
これでもかと旧世代の暗黒蒼白甘味七転八倒大爆笑魔王とクリアに差別化されたスマートで魅力的なヒロインぶりを見せつけられて、一部原理主義的春香派の怨念が太陽のジェラシー、という噂(未確認)。

……ネタが尽きたので、放送前に小ネタ記事として上げようかと思いつつ、これ二枚貼って終わりではさすがに、と没にしたスクリーンショットを再利用して終わります。





フリージア fake story 7後 7:48 のコピー



フリージア fake story 7後 7:50 のコピー

(フリージアP アイドルマスターfake story (08年01月27日〜) より)


そう。だがそれでも、依然自分たちが暗黒蒼白赤裸々甘口醤油七転八倒大アフロ魔王はるかっかの魔術の掌中にあることを、まだ彼女たちは知らない。
ファッションセンター製ガラスの靴は、忠犬ハチ公は、はるかっかの強大な音声にどうやって立ち向かうのか? ホンダのバイクは果たして次回までに直っているのか? 
私が昨晩脳内受信した、SF的ファンタジー風日常系社会派ホラー本格ミステリーアニメ『デレラーガの塔』。
第二話へ、続く予定まったくなし!






……、またつまらぬものを書いてしまった……。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: