突発的、妙に頭に残る春香動画説明文5選


タイトル通りの内容でござる。
なんか選出時期がやたら偏っているのは、並行して書いている記事で、このあたりの時期のことを考えていたからだと思う。









ストレートP 春香さんの愛が重すぎて生きるのがツライ 2010年02月18日

「オチというものがわからない。
 
新しい玩具を手に入れたので遊びがてら適当に動画を作ってみました。
DIO様ってば格好良すぎ。
春香さんってば腕が取れすぎ。」

このままで、ストレートPという作者の要約として、実に簡潔にして要を得ているな、と。
「新しい玩具を手に入れた」ので「遊びがてら」動画を作る人で、基本的にオチが弱くて、DIO様……はよくわかんないけどとりあえず春香さんがなんかアレだよね、っていう。なんかアレっていうのは、つまり……なんかアレなんだよ、すっとんきょうというか。

春香B変な顔1

ね?

最近「ゆっくりTRPG」動画をまた少し開拓していて、いちばん幸せなところで連載を終えるって、本当に難しいことだな、と痛感します。なんでノベマスや架空戦記ではなく、東方卓遊戯でもなく「ゆっくりTRPG」でそれを痛感するのかというと、もちろんアイマス動画でも東方動画でも、作品がどこへ向かったらいいかわからなくなったり、視聴者との関係がこじれたり、ということはあるわけですが。
アイマス動画や東方動画は、そうなった時、帰れる場所がある。ぐちゃぐちゃになってもなお残る骨組み、と言ってもいい。それはアイマスであること、東方であることそのものだ。あるいは、アイマスを好きであること、東方を好きであること、と言ってもいい。そしてそれは、作品にとって、という意味でも、作者にとって、という意味でも、視聴者にとって、という意味でもある。
話が脱線したけれども、そういうわけで、いちばんいいところで、人気絶頂だったシリーズにあっさり幕を引いて、そこから綺麗にフェードアウトしていった、ストレートPという作者の醒めっぷりが、思い返せば思い返すほどに空恐ろしいと感じるのです。



音P 【HaRuKarnival'10】THE IDOLM@STER【オールスター】 10年07月31日

「春香と野外で生だなんて、あなたたちって、本当に最低の屑だわ!」

こんなにもサイテーなコメントをする人がいるものだろうか、と顎が外れるほど驚愕し、以来、音Pに関する私のイメージは、まず何よりも ”「春香と野外で生」と口走る人” で固定されている。



HARUK´A氏 春香さんのツミナガラ...と彼女は謂ふ アイドルマスター×ギタドラ 10年08月08日

「(前略)今回はテーマが決まっていたので、いつもより解りやすいMADになりましたね。ていうか誰だよ刺しm@sとか言い出したやつ。おかげで独りで女の情念杯開催中だよちくしょう。いっそ誰か開催してくれ、女の情念杯。」

「女の情念杯」という単語が、意味はよくわからないけれどもいつまで経っても忘れられない。
氏は今日も、人知れず春香さんと「女の情念杯」を開催し続けているのだろうか。



UKCkaeruP 春香 I Need You Tonight  11年02月04日

「寒く孤独な夜は、女の肌の温もりが必要だよ、MMDの金属質の美しい肌も良いが、血の匂いのしない、あの肌では魂が凍えちまうかもな。」

何度読み直しても味わい深い。「MMDの肌」は「金属質」だけど、アイマスモデルの肌は「血の匂い」がして「女の温もり」だと言うのだ! 
アイマスPってのは、こうじゃなきゃ嘘だ。



OGOP アイドルマスター春香と「」  10年12月17日 (14年12月19日 権利者削除)

「"なめつくした ドロップの気持ち"」

どっちかって言うと、机に大切にしまい込んでいた筈なのに、気がついたらいつの間にかなくしていたドロップの気持ちだ。





そんなわけで、ややまとまった権利者削除があったようです。こういうのは、リアルタイムで、全容がはっきり見える形で捕捉できたなら、それだけで幸せなことだと思います。中島みゆきとかね、壊滅していることだけははっきりしているけれども、何がどのくらい消えたのやら、今から調べようとしても無理なわけで。権利者削除にしろ投稿者削除にしろ、そういうことの方がずっと多いのだから。知っているということは、それだけ出来ることがある、ということなんです。それがたかだか、屁でも無い雑文をキーボードに叩きつけるくらいのことであったとしても。


2014年12月19日夜、「Nicom@stream!!2014」na氏枠を視聴しつつ記す。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: