一ばん ふるいもの


タイトルは、まど・みちおの詩「どうしていつも」の一節から。



ままわP 【アイマス紙芝居】クリーチャー伝 その11  12年11月17日
ままわ クリーチャー 11 1:10 のコピー










ままわPの【アイマス紙芝居】クリーチャー伝シリーズ(12年07月11日〜最新13年04月23日)は、その名の通り、ののワさん、美希クリなどのアイマスクリーチャーをフューチャーした、紙芝居短編の連作です。
当初はリアルなタッチの絵でシュールな小ネタを描く作風でしたが、9作目から短い詩に挿絵を付けるものに変わり、10作目からは絵も、彩色つきで絵本のような雰囲気のものとなっていきました。
なかでももっともよく取り上げられているのが、まど・みちおの詩で、たぶん、まどの詩がアイマス動画化された初めての例なのではないかと思いますが、わかりません。

記事冒頭に貼ったスクリーンショットは、11作目の後半部に収録されているもの。引用されているのは、まどがいくつも作っている、キリンを歌った詩のひとつ。絵ではキリンの代わりに、黒いもじゃもじゃの「響クリ」が登場しています。
響クリを主役にした動画自体、滅多に見かけるものではありませんが、彼女(?)がキリンを演じるなど、間違いなく空前絶後のことでありましょう。

このスクショ一枚でも感じられるところがあるのではないか(あるといいな)、と思いますが、『クリーチャー伝』中のクリーチャー×まど・みちおのシリーズは、使われる詩のセレクト、そこに描かれるままわPの絵、そしておそらくはクリーチャーという存在そのものの有り様とがあいまって、あたたかさとさびしさが同時に存在する、なんとも言えない優しい読感をもたらします。
とても好きなシリーズです。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: