ヒロインは遅れてくるもの


わざわざ格納することもない、たわいない記事なのですが、逆に言って、わざわざ張り出しておくほどのものでもないし、ということで。





タイトルは、某ダンガンロンパ動画に出てくる

「ヒロインは遅れてやってくるんですよ。」

という台詞から引用したものです。えーと、つまり、2次創作の中で生み出された台詞ですね、原作には存在しない。
この台詞の何が味噌なのかというと、このキャラクターがこんなことを言い放つと、いや、おめーはヒロインじゃねーだろ、とツッコまれざるを得ない、というところです(笑)。

この台詞が出てくる動画についたコメントを見ていると、彼女の立ち位置の微妙さがよく出ているな、という気がします。
つまり、彼女のことを好きな人は、実は決して少なくない。もっと、人気投票なんかあった日にはどう足掻いても浮き上がれないキャラクターというのは、他に存在する。
けれども、ならば彼女のファンであることは界隈の中でマジョリティなのかというと、そういうわけではない。

同時に、そういう立ち位置、そういう存在であるからこそ、彼女は動画の中でこんな台詞を喋っているんだ、ということも言えます。
原作の彼女は、こんな台詞は喋らない。こんな風に、ふてぶてしくて、悪ノリしていて、やたら楽しげな彼女は、2次創作の中にしか存在しない。
ですが、私は、動画の中でこんなキャラクターになって動いている彼女を見るのは、とても好きですね。

この記事は一体何なのか。ブログを書くにおいて、やはりタイミングというものは重要です。このお話をこのタイミングで書けなければ意味がない、面白くない、ということは往々にしてある。しかしながら、実際には何も書いていない、何も出来ていない。
そんな時にこの台詞を思い出して、そのあらかじめ含意されているツッコミ部分も含めて、救われたというと大げさですが、なにか気持ちが和んだ。そのことへの感謝を記そうと思ったわけです。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: