10/6雑記 最近読んだニコマス記事


最近拝見したいくつかのニコマス記事を、読んでいたら頭の中を駆け巡った個人的なたわごとを、書き付けた記事です。
当初これは、ひとつ上の記事におまけとして付けるつもりだったのですが、書いているうちにノリが予定と違う方向に行ってしまったので、仕方なく独立させたものです。





子供がさまよう街の風景 - チクル妄想工房

こちらのブログはアニマス記事で知って、アニマスだけでこれほど洞察できる人がいるのか、と強い衝撃を受けたものですが、いやまったく、この方が本気で書くと凄まじいですよね。
あたしゃ書こうとしたってとてもこうは書けませんが。
ただ、この動画を語るのに、春香というキャラクターの持つ文脈や、個人の春香観を出発点に云々するのではなくて、この動画の中に存在する風景そのもの、それだけから、そしてその風景の中に子どもが居る、ということから語る、という。
私が件の動画を見て印象に残ったのも、春香の物語云々ではなく、まさにそこにある風景そのものだったので、読んでいて、この動画について聞きたかった語り、読みたかった文章に巡り会うことができた、という幸せを感じました。


袋詰めキャット 『ちーちゃんとつくろう』完結に際して

なんと理想的な記事じゃないか、と思うわけですよ。
・何かを紹介したい、なんて思う人間にとって、こういう対象を見つけてこういう風に書きたい、と考える条件を満たしている
・何かを見つけたい、と思って文章を読む人間にとって、こういう対象をこういう風に説明してほしい、と思う条件を満たしている
という、両面において。
当然、意識してそういう条件を満たそうとしなければ、なかなかそんなことは出来るものではありませんが、意識してやろうとしたところで、能力が足りなくてそれに至らない、ということが往々にして……、というか、それが普通だと思います。
何が言いたいのかというと、氏におかれましては、健やかに長生きしつつ馬車馬のごとくその脳内からの出力物を生産されますように、と願うわけです。矛盾していますが、ファンってのは(見る専と言っても、単に読者、と言ってもいいところですが)そういう存在です。


駄々。 - 箱の外から

こういうものは、書くのにエネルギーが要るので、書いてくれて有り難いな、と思います。他人事のようですが、ここでは他人事として書きます。
大事な思い出の地がなくなる、という、そりゃあそれは大きなことに違いありませんが、しかし生きてりゃそれどころじゃないことなんていくらでもある。それから、ある程度やっていれば、自分にどれほどのことができるかも、やる前からいくらか当たりがつくようになってくる。
その、それどころじゃない、や、まあこんなもんだよできなくても仕方ない、という道理を、無理で押し込めてでも書くべきことがある、と思い込むところからブログが始まるわけですが、土台そちらの方が無理で不自然な状態なので、書かないことにすればそちらの方が当たり前になっていくのが当たり前。それが自然な状態なので、当たり前に当たり前が積み重なって、時間が経てば経つほどに書かせざる道理の側、日常の側が分厚く固く堆積していく。そこに風穴を開けて無理の側を通そうとするのは、エネルギーが要ります。
なんでそんな無理でエネルギーが要ることを、わざわざやらなければならないのか。それは、それが無理でありエネルギーを要することを意識するようになった時点で、書き手自身にとっては由々しき問題になります。まあ大抵、それでもやめまい、という人は単に行き場がないからそうしているだけだったりすると思いますが、読者としては、他人から風穴を開けられるのは心地いいから書いてくれていいですよ、と言うのみです。


ダダをこねろと言われたので:昔の名前でやってません

素敵ですよね、動画について誰かが語ったことがきっかけで、別の人がまた語ってゆく、というのは。たとえそのきっかけがネガティブなトピックであったとしても。こういう形の語りの連鎖って、しばらく目にしていなかった気がします。私、こういうことが起こるのがこの界隈は素敵だなあ、と思って入ってきたのですけれど。


【アンケート企画】『とにかく誰かに紹介したくて堪らないアイマス動画』!:そんなことよりアイマスの話をしようぜ - ブロマガ

というわけで、予想外にノリが湿っぽくなってしまったので、あれ、この記事のオチどうしよう、と思っていたんですが、こう繋げればいいんですね。
これです、『とにかく誰かに紹介したくて堪らないアイマス動画』。
是非、この機会にいろんな人の、『とにかく誰かに紹介したくて堪らないアイマス動画』記事を読んでみたいものですね! 
私、「誰かに紹介したくて堪らない」というテーマでウッと詰まってしまって、どうしよう何書こう、気と砂糖と水の抜けたサイダーみたいなことしか書けそうにない、それでブログ記事一番乗りになっちゃったりしたらアレだなあ、と思っていたのですが、今見たらすてきに熱の籠った記事が来ているではありませんか。


『とにかく誰かに紹介したくて堪らないアイマス動画』!に参加してみる。 - GARDEN CITY LIFE

これでもう、誰でも心配なく参加できますね。これから雨後の筍のようにブログ参加記事が出現することに、大期待です。
いや、私は書くかどうかわかりませんけれども。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: