先週(9/10(金)~9/16(木))の動画Pickup(ノベマス)


 えー、特にニコマスからアイマス好きになった人は、進む道がわからなくなった時は自分の原点となるような動画を見直してみるといいよ。自分の立ち位置が見えてきたりするんじゃないかな、ってなことを言おうと思っていたんですが。そんなことを言っている間にも肝心の動画が消えてたりするので、ま、見たいものは見たいと思ったら迷わず見ておくべきですよね。

 さて、大分間が空いてしまいましたが、9/10(金)~9/16(木)に投稿されたノベマスのPickupです。とりあえず自分には、2の話をする前にやっておかなければならないことが山ほどあるので、全力で通常運転です。まあそんなことを言いつつ、2に関連したこともあれこれ書いているし、これからも書くでしょうが。


ヘンリーP 【NovelsM@ster】ものを知らない少女のはなし【不思議の夢の伊織?】 (9/11)


 5mium@s2ndで私が一番気になっていた作品の続編が来ていました! 
 アイマスでストーリーものを見る魅力として、キャラクター同士の掛け合いや、シナリオ・映像の面白さも無論ありますが、アイマスを通して今まで知ならかった・一人では手を出せなかった世界に気軽に触れられる、というのも大きな魅力です。架空戦記、卓m@s、教養講座などには必ずそういう要素があります。
 この作品は、直接的に何かとコラボしたり解説したり、という性質のものではないけれど、物語の中に毎回知的好奇心をくすぐられる問題が組み込まれていて、作品を楽しみながら一緒にその問題を考えていくことが出来る、そんな作品になっています。
 ルイス・キャロルの『アリス』で自然に数学や言葉遊びの魅力に触れられるように、ミヒャエル・エンデの『はてしない物語』で哲学の糸口に触れられるように、この動画もまた、「無限」というものの性質であったり、「言葉」と「意味」って何だろう? ということであったり、なかなか一人では考える糸口を見つけにくい問題を、動画の中で楽しみながら考えることができます。
 また、そのようにするための作品の雰囲気作りも素晴らしいのです。幻想的・非日常的世界と、その背後にある明示されていない通底したストーリー、そういうものが合わさって、不思議で、かつ知的好奇心をくすぐられる空気が形作られています。今後出てくるであろうアイドルたちが、各々どんな問題を伊織に提示してくるのだろう、結末はどうなるのだろう、と想像するのも楽しいですね。

屏風ヶ浦P 銀河鉄道765  第2話 (9/11)


 タイトル通り、銀河鉄道999をベースにした作品です。旅m@sを作られてきたPだけに、なんといっても列車旅の風情が素敵です。何気ない会話から、旅をしている、という感じが醸し出されてきます。配役も秀逸で、原作のキャラクターの「らしさ」とアイマスのキャラクターの「らしさ」の両方がにじみ出ていると思います。

P名未定(炭素鋼氏) え、お昼ご飯それだけ?[ノベマス] (9/12)


 以前紹介したブブゼラと春香の方の第2作です。自身書かれているように、自分のペースでじっくり動画を上げられているせいか、内容の面白さに比して埋もれがちな気がしますが、なんてことない話題を面白い会話に仕立て上げる手腕が実に巧みです。ギャグ、コメディが好きな方は要注目ですよ。

P名未定(茶そば氏) 【NovelsM@ster】プロデューサー兼探偵 第1話 (ノベマス処女作 9/15)


 サムネはともかくとして、怒濤のギャグとか2828要素などの、釣り針になる要素なしに15分間読み切れるストーリーを構築する力が見事です。日常生活で起こるちょっとした事件を題材にした、いわゆる「日常の謎」のミステリーを読む楽しみを、ニコマスで体験できるシリーズです。既に続編も来ています。短距離走で視聴者を引っ張っていくのではなく、オチまで通して読むことで最大限の面白さが味わえる、本格的なミステリー作者の登場です。

利休P アイドルマスター 炎の孕ませプロデューサー 第7話 (9/12) 


 連載開始当初からかなり話題になっている作品ですが、エロゲー的なものやハーレム展開が苦手で、なんとなく敬遠している人も多いのではないでしょうか。
 ご安心ください。あまりそういう話が得意ではない私が保証します。このシリーズは(少なくとも今の所は)そういった方でも充分楽しめる作品です。キャラクターへの性格付けや、コメディ展開の中でのラブ要素の埋め込み方等々、様々な意味でバランスのいい良質のコメディで、今見られているよりももっと広い範囲の人が楽しめるシリーズだと思います。
 まあ、作者は一貫してタイトル通りの展開を目指しているようなので、いずれプロデューサーとアイドルがあららら、ということもあるかもしれませんが、その時は自分が楽しめる所まで楽しんで、危険な匂いを察知したら回れ右して、いらぬトラウマや遺恨を残さないようにしましょう(笑)。
 と書いてきましたが、一旦このような形で区切りを付けられたようです。今は、これまで投稿された分を楽しみつつ、次の新たな展開が始まるのを楽しみにしていましょう。

ガルシアP 私は、アイドル 【15行PoeM@ster】 (9/15)


 「NovelsM@ster」タグの作品ではありませんが。9/15~9/30開催の15行PoeM@ster。この時期に開催されている企画はいずれもアイマス2をめぐる混乱の中に埋没してしまう傾向にあると思いますが、PVとも、通常のストーリー作品とも違った、文字と言葉の表現力を生かした新たなニコマス動画を模索する試みとして、非常に興味深い企画だと思います。
 先陣を切ったガルシアPのこの作品。わずか15行にまで言葉を削ることで凝縮される物語と思いに、一枚一枚が究極の表現力を持つ、アイドルの魅力的な表情。アイドルを愛する者の胸を締め付けずにはおかない世界が広がっています。

mozukuzu氏 test (9/12)


 タイトルとサムネで埋もれさせておくには余りに惜し過ぎます。なんとも言葉にしにくい気持ちなのですが、まだ見てない人は見てくれ、そうすればわかる、としか。

おしるP アイドルマスター とりとめの無い話 第25話【おまけ】
 (9/10)

 いとしいさかなP、下着ドロP、アッテムトP、罵りP、日柳Pと次々に投稿があって、ノベマス好きには幸福な1週間でしたが、このシリーズもまた帰ってきました。
 素敵なのが、この作品が帰ってきた過程とそれが起こした出来事。この第25話は、9/10に行われた「とりとめの無い話」一気見生放送のために書き下ろされました。残念ながら私はその日視聴できなかったのですが、おしるP御本人がブログに書かれたところによると、生放送の来場者の半分以上がシリーズ初見だったとのことです。
 我々以前からのこのシリーズのファンが、この動画を懐かしみ、楽しんだのは勿論です。しかしそれだけに留まらず、一気見生放送という企画をきっかけに、新たに多くの人が魅力的な動画に出会い、作者自身も含め古くからシリーズに親しんできた人も新たな思いと発見を得られた、それは本当に素晴らしいことです。
 今、アイマスが、ニコマスが抱えている絶望と悲しみは、本当に大きなものです。しかし、そうやって先にこの世界に入ってきた者が立ちすくんでいる今この時にも、アイマス・ニコマスと新しい素敵な出会いをしている人が確かにいるし、それは私たちの行動で増やしていける。そんな、当たり前だけれども大切なことを、私は今この動画から学んでいます。

(この週については、ノベマス以外の動画のPickupはお休みします。この週はこの週で、ニコマスと関係ない所で自分が落ち込んでいたので、元気づけてくれた動画がたくさんあったのですが、時間的に…)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: