いくつかのニュースの書き留め(順不同)


一一P The Cure with THE iDOLM@STER Pt.2 (01/11) Griding Halt 12年09月18日


9月18日に一一Pが、デビュー作と同じアーティスト、同じ11連作の形で、新作を一気に投稿されまして、その動画説明文上で、今月一杯で全動画を削除されることを告知されました。この新しい連作の途中の再生数を見ますと、まだこのPのファンでこのことを知らない方もいるのかな、と。このブログで書いておくことにも幾ばくかの意味はあるのかな、ということで、書き留めておきます。まだ見ていない方は、お早めにどうぞ。


動画の削除や非公開に関する話は、ちょうど今日も胡桃坂氏の記事で話題になっていましたが。
私がこのブログで主に扱っている、テキスト系動画特にノベマスの界隈も、既に消えた動画は数多くありますが、重ねてきた時間の長さを思えば、現時点では、史上言及すべからざる重要な作品のかなり多くが未だ視聴可能な、幸運な状態にあると言っていいと思ってます。
とは言え、最近は、もはやこの界隈の歴史も、現物によらず記録と記憶によるしかなくなる時代に入りつつあるのかな、と感じるニュースが増えてきたように思います。ひとつひとつ、記録したり惜別したりできるだけの気力がありませんで、この記事はただ、いくつかの、そう感じたニュースを書き留めているだけです。



ya-P

過去記事で書いた通り、現在、企画参加の作品を除いて作品を削除。
ノベマスにおいて、筒井康隆、星新一作品の翻案を手がけ、SFとコラボした表現を切り開き、オリジナルストーリーの動画においても、ショートショート的な手法、アイディアを導入して短編ノベマスの領域を大きく開拓した先駆者でした。現在「im@sShortFestival」等の参加作品で、その仕事を見られるのは僥倖。



そらなP

5月頃に連載作品の打ち切りを宣言、動画を非公開化し始められていたようで、現在旅m@s作品のほとんどが非公開。10月1日までに旅m@s全作品を非公開にするとのことです。競馬関係の動画は現在視聴可能です。
単に人気作者であったとか、鉄道好きの千早のキャラクター造型が広く知られ模倣された、というレベルの話ではなく、旅m@sというジャンルの魅力、文化、スタイル、演出技法、全体にわたって開拓、確立する仕事をなした、このジャンルの史上欠くべからざる存在でしょう。正直、旅m@sに関してはまだまだ門外漢である私には、その仕事の全体を記述するのは到底手に余るところで、どこかにそれをできる人がいないかと思うのですが。



シェリングフォードP

9月にアイマス関係の全動画を非表示に。
ドット絵と立ち絵を組み合わせた表現。「舞台劇」「劇中劇」というシステムと、それを生かした柔軟なアイディア。ミステリ的な要素と、SF的・ゲーム的・仮想世界的な要素が複合したストーリー。いずれも当時のノベマスにおいて新たな領域の開拓であり、後の作品に影響を与えた要素をいくつも含んでいながら、しかも他の誰も再現できないオリジナルな世界に到達していた作者でした。
私にとってはずっと、いつか書かなければならない存在のひとりでしたが、10年9月に書くことができなかった時点で、ああこれは2度と書けないかもしれないと思って、その通りになった、と。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: