最近気になった旅m@s動画をペタペタと貼って、ちょっと書く


自注P 【旅m@s】天海春香、ひとり旅してきました。 第1回 12年05月16日 16:51

上記の自注Pの動画がブロガー界でちょっと注目されている、ということで。

ささだんごのアイマス部屋 旅

はてなブックマーク - 【旅m@s】天海春香、ひとり旅してきました。 第1回 ‐ ニコニコ動画(原宿)

私にとって少々タイムリーな話でして。つまり、私はテキスト系の中でもノベマスを主に見ている人間で、旅m@sにはさほど強くありません。が、今日は旅m@sを見てみたいな、という気分の時に、どういうものを一番期待していると、内容的にどんな面白さや情報が含まれているか、ということよりも、普段自分がいる場所とちょっと違う現実の風景の中にアイドルが溶け込んでいる、そんなちょっとした非日常の空間を味わいたい、という気持ちが中心なのです。
そういう意味では、Pとアイドルが会話しながら移動していく、オーソドックス? なものよりも、アイドル一人の語りや、アイドル同士の会話だけで進行していくものの方がその気分にぴったり嵌まることが多い。Pが動画中に出るタイプの作品だと、普段見ているものと同じような感覚で見ることになるので、普段と違う感覚を味わいたい時にはちょっと遠回する感じになるのですね。
そんなわけで、最近、アイドル一人称あるいはアイドル同士の会話で進むタイプの旅m@sがちょっとしたマイブームなので、見たものをペタペタと貼っておきます。基本的に2012年以降に投稿があるシリーズのみ。条件に合致する動画は他にもありますが、上記した欲求をより手軽に満たしてくれるもの、という基準でいくらか絞っています。



tongariP 萩原雪歩のえきぽ『三鷹駅編』 12年01月14日 00:01

番組風
テキスト系のシリーズ作品で今、一番楽しみにしているもののひとつ。「21:54くらいからやっている5分間番組的な感じ」コンセプトが素晴らしい。毎回3分前後で、都内の駅一ヶ所を中心に、雪歩が周辺のスポットを巡りながら、なかばナレーション風、なかば感想風にコメントしていく。なにか特別な場所に行くのではなく、普段気に留めずに通り過ぎてしまう場所、仕事の帰り道に、休日の散策に、ちょっと足を伸ばせば届く場所。そういう場所にある、ちょっとした不思議、ちょっとした非日常、さりげなく隠れていた魅力を描き出してくれる。
案内役が雪歩なのがまた、いいのです。アイマス×更級日記の時代から、雪歩にはちょっとした不思議を見つける旅がよく似合うと決まっているのです。
旅m@sは、風物の紹介をするという要素のために、教養講座と近しい部分が大いにあります。そこで、教養講座的な知識・情報の提示と、それ以外の要素(キャラクター・風景・ストーリー的な面白さ等)をどう融合させバランスを取るか、ということが一つのポイントになる(特に、私のように雰囲気重視で見ている視聴者にとっては)と思います。このシリーズはその辺りのバランスが、実に秀逸です。各スポットでの紹介解説のコメントが、雪歩が散策し語っていく、という情景の中にぴったり溶け込んでいる。そして、この場所にこんな歴史があったのか、こんなエピソードがあったのか、という情報が、その風景を見る目を新たにさせ、より深い魅力を教えてくれる。
こんなにシンプルで飾らないのに、こんなにも味わい深い。さながら雪歩が丹精こめて淹れてそっと差し出してくれた、一杯のお茶をいただいてほっと息をつくような、そんな一時を味あわせてくれるシリーズです。


tongariP 如月千早 72の季節『説明編』 12年03月20日 01:34

教養講座
『えきぽ』と同じくtongariPの作品。千早と一緒に二十四節気・七十二候を学ぶ。これは教養講座ですが、その魅力の在り方は『えきぽ』とよく似ていると思います。その世界の息吹を、アイドルと一緒に感じとる。


車中泊P 千早の木曽路探訪 -奈良井宿- 12年05月06日 03:20

番組風
こちらも千早が案内役。城や駅でなく宿場、というところがいい。目の前にある風景を楽しむ、というだけでなく、目に見えない過去に同時に思いを馳せる、という魅力を鮮やかに見せてくれる題材。
そして千早が表情豊かに、ときどき飛び切りの笑顔も見せながらナレーションしてくれる、その自然体かつ楽しそうに仕事している感じがいいのです。


東風P 【im@s promenade】#04 京都 桜 水路 春香 12年04月14日 21:18

番組風/ストーリー調
東風Pは、主戦場は旅m@sのPと言っていいでしょうが、PVもノベマスも作っているし、いろいろ面白い発想を見せる人なので、視聴領域に関わらず知っている人は多いかと思います。
実写映像と立ち絵とを組み合わせての雰囲気作りの巧みなPの一人ですし、アイドル一人称語り、なかばストーリー風の旅m@sはSilent Line(10年11月02日 )以来の御家芸でもあり、この動画も、春香さんのいる花と水の風景が実に華やかで、幸せになれました。


crongP 【アイドルマスター】渋谷とみなとまち 12年03月26日 17:49

ストーリー調
デレラガアイドルの渋谷凛には、渋谷凛×サウンドノベルものとでも言うべき、彼女を主人公に、テキスト全画面表示のノベルゲーム風のインターフェースで書かれたテキスト系動画の一群があって、それらはよく似た空気を纏っていると思います。ちょっとお洒落な等身大、ちょっとあか抜けた等身大、とでも言うのかな。その空気と、横浜散策というちょっとした非日常(この記事、「ちょっとした」という言葉を何回使っているんでしょうね)が融合するとこうなる、と。


倉科夕緋氏 秋月律子はあてもない旅【第六次ウソm@s祭り】 12年04月01日 23:40
 
ストーリー作品
濱野京子『トーキョー・クロスロード』が原作、とのこと。冒頭、夕焼けの街景色に溶け込む律子が実に美しい。天才カゴシマP、レストP、フツーP等、実写素材と融合させたノベマスの系譜に連なる動画と言えるでしょう。が、このようにシンプルにストレートに実写背景を見せるのはその中でも比較的珍しい手法と言えそうで、新たな表現の可能性を感じさせます。


lucidity氏 【旅m@s】秋月涼のぶらり一人旅 竹田~豊岡~出石 11年10月12日 10:23 処女作

番組風
タイトルの通り、これは涼が語り手のシリーズ。
涼ちんが優しく淡々とスポットを紹介。歪氏捏造立ち絵の威力。


きたきつねP 春香と行く熊本城 12年03月07日 10:23 処女作

番組風
丁寧で手堅い解説。今のところこの一作しかないようですが、旅行先の写真を冬服の17歳春香さんで見せてくれた心意気が素敵。


tanP 春散歩 10年12月11日 17:13

番組風
対象期間外ですが、『えきぽ』について書いていたら、「アイドル×散策」なら春香さんだって! と主張したくなったので(笑)。なにしろこの動画のコンセプトは、「とある駅を起点に春香さんがあなたの街をお散歩します。」なのです。
2作ある『春散歩』のうちこれは新しい方で、一作目の方は現在は旅m@sコミュ専用動画になっているようです。この記事で挙げている旅番組風動画の中では、バラエティー調のノリが強い動画で、「天の声」として時々してくる亜美とのやりとり等、軽快で楽しいです。


そらなP 春香と千早のローカル駅探訪<姨捨駅編> 09年09月19日 01:28

番組風
これも12年になってからは投稿がないので対象期間外ですが、個人的にそらなPの作品の中で一番好きなシリーズです。鉄道好きの千早が売りのそらなPなので、このシリーズでもその色は出ていますが、台本があって演じている番組であるというコンセプト上、キャラクターを押し出したネタがあまり前面に出ない傾向があるので、そうしたノリが苦手な人も見やすいかもしれません。


糸冬P 伊織幻戦記紀行ごっこ第一回・長浜城の巻(再) 11年12月25日 08:07

番組風
いろんな動画(旅m@sに限らず)を見てこの動画に戻ってくると、会話の運び、キャラクターの把握、立ち絵の扱い等々の自家薬籠中ぶりというのか、あまりに見事で嘆息せずにはいられせん。


フツーP 【正月企画】春香と千早の知っていますか雷電宮 12年01月29日 05:56

番組風/ストーリー調
このブログの読者層に対して、いまさらフツーPの旅m@sの説明はいらない気がします。普段旅m@sは見ないけれどフツーPは好き、という人や、最初の自注Pの作品を見て面白いと思った人には、ここに挙げたあたりの動画の中には琴線に触れるものがあるんじゃないかな、と思うわけです。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: