個人的ニコマス視聴史2: ノベマスとの出会い


 個人的なニコマス視聴歴を振り返りつつ、影響を受けた動画を紹介しています。 2回目
 
 前回述べた通り、アイマスの存在を知ったものの、あまり興味を持っていなかった私を大きく変えたのが、ある作品との出会いでした。

オッパオP (´・ω・`)ショボーン紙芝居劇場 4話 (08/10/8)


 確か3話か4話が投稿されたばかりで、デビューしたてだったオッパオP、すなわち今のかぶとむしPの作品。当時、私がニコニコ動画で求めていたのは、とにかく笑える動画、楽しめる動画を探すことでした。開口一番「( ゚∀゚)o彡゚ オッパイ!オッパイ!」というとんでもない台詞で始まるこのシリーズは、そんな私に強いインパクトを与えました。
 このシリーズはやがて、アイドルとの本番行為を描写するという、当時まだ誰も成し得なかった快挙をなし遂げ、作者の改名にまで至るわけです。
 けれども当時はそこまで到達しておらず、プロデューサーのセクハラ成分を多量に含んだ行動と、それを突っ込んだりあしらったりするアイドルとのやりとりが楽しい作品でした。その会話のあからさまさに多少の気恥ずかしさを覚えつつも、軽妙で突っ込み所満載のやり取りを私はしっかり楽しんでしまったのでした。

 視聴する内に、これがゲームのキャラクターの立ち絵を利用した2次創作であること、novelsm@sterというジャンル名があること、そして他にも多くの作者が同様の創作を投稿していることを知り、私の中で好奇心が湧き上がります。「ひょっとして、こういう楽しいシリーズが他にもたくさんあるのかな?」
 そうして次に視聴した作品が、私を、このnovelsm@sterというジャンルにどっぷり浸からせることになったのでした。



ストレートP アイドルマスター あっというま劇場「疑惑の二人」(前編) (08/7/7)


 いまから思えば、まさにその時代を代表するシリーズだったストレートPの作品。オッパオP同様(という表現は順序がおかしいかもしれないが)セクハラ成分を多量に含みつつも、より抑制された表現で描かれるプロデューサーとアイドルとの会話は私の琴線に触れ、私は既に20作以上存在したストレートP作品を片っ端から視聴し、まさに虜になったのでした。
 こうして私はノベマスというジャンルに夢中になります。

下着ドロP 『765プロの風景』シリーズ
事故米P 『アイドルマスター ちょっとした小話』シリーズ
愛識P 『ラノベっぽいアイマス』シリーズ
フリージアP 『アイドルマスターfake story』シリーズ
ペデューサーP 『アイドルマスター ドタバタ紙芝居』シリーズ
タミフルP 『エロゲーっぽいアイマス』シリーズ


 当時の私はタグ検索すら使っていなかったと思いますが、オススメ動画に表示される動画を辿っていくだけで次々と素晴らしいシリーズに出会え、しかもそれぞれ現在進行形で新作がどんどん投稿されているのですから、宝の山を掘り当てたようなものだと本気で思ったものです。
 けれどもオススメ動画だけを頼りに未知の作品を探すのは限界があり、私は新たなシリーズを開拓するのに、ノベマスP達自身による紹介動画やマイリストを利用するようになります。

NyarlP 『のべますPのみわけかた』シリーズ
【アイマス架空-taleパーティーL4U】のべますPのみわけかた そのいち (08/11/21)


こすひなP novelsm@ster支援 『Pickup For you!』 (08/12/10)



レオハルトP 『もっと伸びるべきノベマスたち』シリーズ
もっと伸びるべきノベマスたち (09/2/15)


そしてノベマス視聴する時のベース基地のようにしていた、

愛識Pのノベマス作品リスト

(自分でマイリスする習慣がついたのはかなり後のことでした)

 
 ノベマスに目覚めたとは言え、自分で面白い動画を探すためのスキルも意欲も不足していた当時、これら見巧者であり、また優れた表現者であるノベマスPによる紹介動画は、新しい動画との出会いに欠かせないものでした。 
 こうして私の視聴歴にまた新たな作品が加わります。憂鬱P、瑞P、哀川翔P、陽一P、にわP、おしるP、肉棒P、クサーP、蛍の光P、罵りP、うぃずP、takasiP、etc,etc…
(ちなみにこの中にト・アルP、のまP、櫻香P等々、当時「ノベマスの良心」と呼ばれていたPがほとんど入ってないあたり、当時の私がノベマスに何を求め、何を求めていなかったかがよくわかる。)

 このようにして、タミフル、ストレート、ペデューサーの御三家を頂点として、ノベマスが最初に一つの山を迎えた時代に、その空気を吸って私はニコマスの世界に足を踏み入れたのでした。私のノベマス熱は、「あっというま劇場」が完結してその時代が終焉するまで続くことになります。      
                                  (3に続く)
 




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: