閉鎖中です。遅ればせながら


書いた後で自分でもいろいろと反省するところがあり、鋭い批判もいただいた記事で、しばらく非公開にしていましたが、このまま再公開しておきます。 (12/11/15記)




日曜にブログを現在の状態(記事数本を除いて非公開)にした後、リアルの方でもちょっとバタバタしていまして、何の説明もしていませんでした。面食らった方もいらっしゃるかと思います。
別に突然ニコマスが嫌いになったとか、ブログが嫌になったとかいうことではなく(いやまあ、いつも投稿して4時間くらい経つと、自分の文章は見るのも嫌になっていたりしていますが、そういう話ではなく)、私自身はわりとぴんぴんして生きています。
では何故こんなことをやったか、というきっかけを簡単に記しておきます。

私は、他人が、その人自身の歩んできた過去を否定する姿を見るのが、嫌いです。そこに理由付けを求められるならば、それらしい説明はできるでしょうが、根本的には、嫌いだから嫌いなのだとしか言いようがありません。
しかし、それは所詮他人事ですから、嫌いです、残念です、失望です、と思うだけのことであって、だからどうという話ではありません。けれども、否定されているのが私自身にとっても大切なものだった場合は。ましてや、それが私がここに居て、こんなブログをやっているために欠くべからざるものだった場合には。残念ながら、そういうものを必要ない、終わった、無い方がいい、と言われて仕方ありませんね、と返せるほど私は達観していません。私は自分自身のために、そんな事は認めない、と言わなければならない。それすら言えないようならば、こんなブログは必要ない。

以下、個人あてに書いておきます。














私がこのようなことをしたきっかけは、確かにあなたのなした行為であり、言葉ですが、しかし、あなたが動画やブログを再公開すれば私も、というような条件闘争を意図したわけではありません。私は私の判断で私の行為をなしたのですから、それはあなたが(あなたの動画や文章に触れてきた人びとのうち、たかが一人だけを特別に)気にかける筋合いの話ではありません。
もう少し前の私ならば、あなたに再公開させればそれでよし、としたでしょう。しかし、いま周囲の説得やなだめすかしによってあなたがそうしたとしても、いずれ同じことを繰り返すのは目に見えています。同じ行為を繰り返したり思い悩んだりするのが悪いと言っているのではありません。それは人間にはごく当たり前の出来事です。問題は、そこで周囲の人間の伝えたいことは全く伝わらず、単なる強制的な圧力としてしかあなたに受け取られないということです。それでもいい、何度でもつきあうから、と言いたいところですが、残念ながらそうは言えない。次の時に私にそれだけの熱意がある保証はないし、私がいつもいつまでもここにいて書いていられるという保証もない。
そして、私に取れる手段は限られています。あなたが何か消すたびにブログを閉じたところで、二度目の驚きは最初より小さく、三度目は二度目より小さく、結局はーちょうど、ワンクリックで文章や動画を消すのが、一度慣れてしまえば何の衝撃もない簡単な動作であるのと同じようにーただの日常茶飯事として、あなたに対して実効的な影響力をもたなくなるでしょう。従って、私はいまこの瞬間に、あなたにどれだけ刃を突き刺さしておけるか、努力はしておかなければなりません。

あなたは、自分の動画を、情報が古い、残す価値か無い、と断言しました。あなたの動画は紹介動画なのですから、あなた自身の生み出したコンテンツだけで構成されているのではなく、おっしゃった通りに、いろんな動画から集められた情報によって構成されています。それを古い、価値がない、ということは、すなわちあなたが紹介している動画や動画作者は古い、価値がない、と放言しているのと同義です。同様に、あなたのブログに魅力がない、価値がないと言うことは、あなたの呼びかけで集まった何人もの人たちのアンケートや、詳細にその内容を記述されているアニマスといったコンテンツに魅力がない、価値がないと放言しているのと同義です。他人や他人の生み出したものやアイマスやニコマスの価値を、勝手に貶めないでください。そこから自分を否定したい時だけは都合よく自分を切り離して否定できる、というのは自分に都合良すぎると思いませんか。他人から見れば、否定されているのはアイマスであり動画であり動画作者です。

自ら言うのは口はばったいですが、こんな私の書いたものにも、なにかの楽しみにしてくださる方がいるわけです。私はブログを閉じることで、たった今、現在進行形でその人たちを傷つけている。まったく同じように、(あえて、そう言いましょう)あなたもあなたが成した行為によって、他人を傷つけ、血を流させている。あなたは、自分には価値がないから、影響力がないから、と自分だけはその責任から逃れ、他人を傷つけている事実から目を背けようとする。本当に理解できていない節さえある。あなたはアイマスにいて、たくさんのやりきれない哀しさを味わい、絶望を知悉している。なのに、自分自身が他人に味合わせている哀しみ、絶望には決して目を向けようとしない。あなたの周りの人があなたが動画や文章を消すのを止めようとするのは、優しくてあなたとは別種の価値のある人間だからではありません。冗談じゃねえよ。あなたのせいで、あなたが動画や文章を消すせいで傷つけられて苦しんでいるから、己を守るために戦っているだけですよ。それすらわからない人間に、自分の作ったものを消す資格など無い。

何度でも繰り返します。あなたが自分の足跡を否定し抹消する行為は、自傷や自虐などではなく、他人に対して、アイマスを通してあなたが出会ってきたすべてに対して刃を振り回し、傷つけ、否定し、貶める行為です。
だからやるな、とは言いません。ただ、そのことをあなたが認識できるようになればいい。私は残酷な人間なので、そう願っています。

最初に言った通り、私はあなたに対して、具体的な行動についての要求は、一切していません。私が述べたのは、過去への対し方についてです。あなたが未来にどんなことをなしていくかは、それとは何の関係もないことです。ただ、あなたが私の願うように過去と向き合ってくれ、それがあなたの選ぶ未来にも良い影響をもたらすことを願うのみです。
私は私で、自分が何をなしてきたのか、これからどうすべきか、どうしたいかを考えます。あなたはあなたで、自分が何をなしてきたのか、これからどうすべきか、どうしたいかを考えてください。

以上です。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: