それは私にとっては鏡であり、自画像であり、匕首であり、そして



※この記事には、かーれるP『春魂』シリーズからの引用、ネタバレしか存在しません。












































「私は罪を感じている
 それは存在するという罪」

「ー貴方は存在するだけで人を傷つける害悪。いかなる場
 所にも生きる資格が無い紛い物。」

「私は、私がここにいる誰でもない私だと胸を張って言え
 る。
 なぜなら、たとえこの存在が偽物であったとしても、この
 魂だけは固有だから。」
 

春魂18-序章 2008年07月13日)



「ーそうしてまた、自分の心に汚泥を溜め込むのね」

春魂21‐前編 2008年08月02日 )


「私が閣下であるというだけで、あいつは何度も何度も私を
 殺した。私という存在が存在するだけで罪であると言い、
 容赦ない殺意を向けてきた。」

「そしてタチが悪い事に、そこは心の世界であるがゆえ、私
 は本当の死を迎える事はできなかった。」


春魂21-本編A  2008年08月24日)

「一人の人間が、同じく一人の人間にどうしてここまで憎ま
 れるのだろうと思うほどに」


春魂21-本編B 2008年09月08日)


「ーそれは『閣下』という二次創作」
「それが、その世界の天海春香という人間だったから」
「「……俺は『天海春香』が『閣下を演じる事に文句は無
 い」」
「「否定する気は無いし、間違っているとも思わない」」

「「俺は『天海春香』をプロデュースしたい」」
「「『天海春香』で、春香には理想を貫いて欲しい」」


春魂21-回想A  2008年09月23日 )

「ー嫉妬
 それは人間の持つ醜くて身近な負の感情。誰もが何の苦労
 もなく手に入れられる感情。」


春魂21-回想B  2008年09月23日)

「「この世界に、 わ た し を見てくれる人はいるのかな」」
全ての根幹が揺らいだ。
 実際は何も揺らいでいない。」
もしも仮に、『天海春香』という存在が、『閣
 下』が存在するために用意された踏み台だとしたら?」

「ー私はあるひとつの感情をむき出しにしたがっている」
自分という人間が音を立てて壊れてゆく。
 わざと。
心に背負ってきた痛みが頭蓋を割ろうと荒れ狂う。
 すでに準備はできている。

春魂21-回想C 2008年09月23日)

「そしてその心は今もなお、疲弊を続けている。」
「そして、ひとつの結論がはじき出される。」

「人間の中にはそういった輩がいるとわかっていても、悔し
 さと痛みでそんな人間がいなくなればいいのにと思わない
 わけがなかった。」
「そういう人間が苦痛と後悔と孤独を持って死ねば良いのに
 と、心の底から思った事が無いわけがなかった。」

「感情の宛先を検索する。憎むべき価値
 のある存在を探し出す。」
「自分が最も憎む事ができて、憎む価値があると認めた存
 在。」

「異論は認めない。肯定要素の論理は否定欲求の暴力で破
 壊する」


春魂21-回想D 2008年09月23日)


「きっと、ボクよりもたくさん面倒な事を考えて、悩ん
 で、苦しんで、でも決して迷わずに前を向き続けたんだと
 思う」


春魂21-終章 2008年09月23日)



「願うは一つ、相手の死。」

「私だってなんでこんな言葉をつぶやいたのか
 わからないもの。」


春魂25-番外編 2009年10月03日)



「ー”閣下”は私に殺される。それを、この世の条理とする」

春魂 【存在惨禍①】 2011年02月28日 )


「あの敵を越えることがすべてだった。」

「無限の歳月を経ようとも、この存在が刻んだ”お前”への執念は忘れない。」

春魂 【存在惨禍②】 2011年03月21日)


「時に、私から生み出され、私の中で消えていく。
 時に、どこか彼方で生み出され、どこか彼方で忘れられる。
 時に、必要で、不必要。

 時に、オリジナルでないが故に、憎まれる。

 きっと”閣下”とは生きにくくて、死にづらい存在。」


「たかが人間、たかが一生命のくせに、めちゃく
 ちゃにあがいてる。この争いで世の中の何が良くなるわけでもないのに、私は貴方
 を倒したくて、貴方は私を殺したい。」


春魂 【存在惨禍③】 2011年05月02日)





春魂 存在賛歌4 18:44


春魂 【存在惨禍④】 2011年06月13日 )







「なんかこう、私
 だからこそ至った”人としての結論”ってやつを超常現象として成
 立させたい」


春魂 【存在惨禍⑤-1】 2011年07月16日)





春魂 存在賛歌5-2 8:22


春魂 【存在惨禍⑤-2】 2011年09月13日 )





春魂 存在賛歌5-3 9:26 

春魂 存在賛歌5-3 11:21






そして。

「ー?????????????」





春魂 存在賛歌5-3 16:23





それは理外の出来事。

ーすべての存在は。





春魂 存在を賛歌せよ【存在惨禍⑤-3】 2011年11月24日 )












関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: