フットワークの軽いノベマス連載? みたいな話


 最近再生時間の短い連載作品が目立っているな、と思って。

シークP もしも春香さんがパンダだったらシリーズ 6/24初投稿 22件 再生時間2:30~3:50


ニッケルP 天海さんは無口~その1~シリーズ 7/1初投稿 42件 再生時間1:19~2:28


燦々P あまみさんときさらぎさんシリーズ 8/12初投稿 8件 再生時間1:00~1:37




 シークPの『もしも春香さんが~』は6/24初投稿で、約3.2日に一本のペース。ニッケルPの『天海さんは無口』は7/1初投稿で、1.5日に一本(8月に一度休止期間を挟んでいるのでほぼ日刊)のペース。燦々Pの『◯◯さんと◯◯さん』は8/12からで、約2.6日に一本のペース。
 どのシリーズも、1分半から3分程の、手軽に見られるサイズの動画を短い間隔で投稿して、評価を獲得しています。前2者は、視聴者のコメントによる要望や質問に対して一回ごとに丁寧に応える、双方向的なアプローチを取っているのも特徴。
 内容も含めて、製作コンセプトに共通したものをこの3つの作品からは感じます。一度の投稿に内容を盛り込み過ぎずに、きめ細かく視聴者に対応しながら投稿していく、フットワークの軽い連載方式とでも申しましょうか。もっと新しくデビューされたPにも、似たような方向に進みそう、と感じる方がいます。こういった方法でのノベマス連載が、ノベマス界の中で一定の地位を占めつつあるのかな、と。

 ノベマス界では、誰かが試みた特徴的な方法が、数ヶ月から半年ほど経って多くのPの作品で使われるようになる、という現象がしばしば見られます。
 3分ほどの短い作品を次々投稿していく連載方式ということで言うと、不在Pの『プロデューサーのいない ある日の風景』あたりが先駆的な例ということになるでしょうか。より最近の例ならナイアルP。視聴者に応援されながら進んでいく、という点に注目すればト・アルPあたりまで起源を遡れそうな気もしますし、投稿ペースと読者との対話という方向性を極限まで突き詰めるとボンテリPや猫太郎Pにつながります。
 いずれにしろ、全く前例のないノベマス連載の在り方ではないのですが、同時多発的に出てくるというのはおそらくこの夏が初めてで、「フットワークの軽い」ノベマス連載の方法論的なものが、作り手の側でも、見る側の中でも、成熟してきたのかなと思います。

 弓削PやハリアーPの短編の動向を見ると、ノベマス自体はあまり見なくても特定Pの作品は全部追っている、という視聴者層はかなり存在する気がします。ここで挙げたような、PV並かそれ以上に気軽に見られるサイズのノベマスにはまだ伸びる余地があるのでは、と思う次第。
 かと言って投稿ペースが早ければなんでも良いかというと、毎日新作チェックする余裕がない人にとっては、日刊更新するようなシリーズはチェックする時に未視聴作がずらりと並ぶことになり、敷居が高くなりそうです。同じシリーズでも、15秒CM@sterみたいな極端に時間の短いイレギュラー作は伸びない、という事例もあります。
 このあたり、各作品の再生時間・投稿ペースと再生数の関係を継続的に追っていくといろいろと面白そうです。(やらないけどね)

 それから、燦々Pの作品でちょっと気になるのは、8/29に投稿された2作の伸び方ですね。8/12のデビューから22日までに投稿された4作は、アイドルマスタータグのデイリーランキングで40位前後で安定して推移し、26日の5作目では過去最高の21位を達成し、これらは9/2現在で2500再生前後を稼いでいます。ところが真誕生祭の29日に投稿された6,7作目は170位、186位に留まって、600再生前後までしか伸びていません。
 誕生祭では投稿の集中で良作PVが埋もれやすい、という話はよく聞きますが、祭りの影響による伸びの変化は、必ずしもPV・ノベマス・架空戦記といった垣根の中に限定されない現象になっているのかもしれません。

 思いつくままに3作を視聴して考えた事を並べてみましたが、今のノベマス界を考える上で、とても興味深い存在だと感じています。

不在P プロデューサーのいない ある日の風景1 (09/2/19)


ナイアルP 765プロの事務員ですが、職場の空気が最悪です (10/2/22)


ト・アルP と、ある雨の日 (08/6/24)


のまP [novelsm@ster] As Norm@l 第01話 (08/10/30)

ボンテリP 春香と小鳥の暇つぶし その1 (08/10/22)


猫太郎P 【日刊アイマスギャグ漫画】まこと日記 その01 (08/11/22)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: