6/10(金)~6/16(木)の動画覚え書き(ノベマス)


最近、未完成の記事を公開状態にするミスが多すぎます、私……。

6/10(金)~6/16(木)に気になったノベマスの覚え書きです。

看板泥棒P 彼が不敵に微笑む理由【NovelsM@ster】 (6/16)
 

前週に続き、看板泥棒P作品から。本当に一作一作、独創的で魅力的なキャラクター描写と展開を見せてくれます。武田さんの微笑で固定された表情への斬新な解釈と、ストーリーの原作エピソードへの繋ぎ方の巧さに唸らされました。

黒狼鳥P 短編動画 Ol'days (6/12)
 

初回コメ消し&フルスクリーン推奨と大書されている通り、ネタバレなしでの視聴がとってもオススメ。ちなみに私はこういう時、フルスクリーンではなく右側の表示を「オススメ」に切り替えてコメント欄を見えないようにして見ることが多いです。さて、あなたはこの作品の仕掛けがわかるかな? と、この動画については途中でわかったので大威張りで書いておきましょう。何故「この動画については」なのかというと、次週に、最後までトリックを見抜けずに見事に騙された動画があるからなのですが、それはまた別の話。

DianaP ある支度の風景 (6/12)
 

静謐で張りつめた孤高の表現に磨きをかけ続ける、DianaPの作品。
顔で笑って心で泣いて。でも、その心を共有できる相手がいる、という幸福。

百舌P インダクタ (6/12)
 

百舌Pの動画では、僕等のすぐそば、息づかいが聞こえるほど近いところにアイドルがいる。
それは、若々しくて、生々しくて、どんな宝石よりも輝かしくて。だけどそんなに近くにいる輝かしい存在に、僕等はどれだけ手を伸ばしても、決して触れることは叶わない。
それはそれだけでも美しいことだけれど、こんな描き方をすれば、こんなにもあたたかくて素敵な風景にもなるのだ。

ニッケルP 天海さんは無口~その70~ (6/15)
 

ふと、あ、今日は『天海さんは無口』が来てる、と見つけて、いつものBGMが流れて、クスッと笑って、ちょぴり温くなった気持ちと共に日常に戻る。そんな小さくて大きな幸せの、1周年。

ゆりゆめP 【NovelsM@ster】私とアタシ 第4話 (6/12)
 

サイネリア視点で描かれる、憧れのネットアイドル絵理との関係。
絵理がリアルアイドルであることを知ったサイネリアは、思わず絵理にステージでの勝負を申し込んでしまいます。思い悩むサイネリアに絵理が電話をかけてきて、連れていかれた場所は…? 本話での体験を経て、二人の勝負と関係がどう展開していくのか、そしてサイネリアはどうなるのか。とても楽しみです。
サイネリアにスポットを当てた物語も次第に例が増えてきましたが、真っ直ぐでとても後味の良い作品が多い気がします。アイマス世界において鈴木さんこそ、等身大のアイドルという言葉が誰よりも似合う存在なのかもしれませんね。

#0000ffP アイドルマスター 『人形の歌』第4話 (6/16)
 

ある日、拾われて765プロに住まうことになった、記憶のない機械の少女、「メカ千早」。手描き絵で描かれる、機械の物語でありながら(あるいは、だからこそ)情感に満ちた物語、1年ぶりの新作です。
今回シナリオを動かすメインとなるのは、雪歩と真の二人。犬を拾ってきた真と、犬が苦手な雪歩。己がここに来た経緯と重なるそのエピソードは、メカにどのような変化をもたらすのでしょうか。メカ千早の過去を明らかにする上でも、メカ千早が現在と未来を形作っていく上でも、鍵となりそうな回です。

Erma-Werke氏 【ノベマス】 Imber cãnus 【百合m@s】 (6/13)

現在確認できる限り、本作が6/8投稿の[アイマス×FM1st] Mission01 「Fortuna」に次ぐニコマス2作目ということなりますが、ただ者ならぬ雰囲気を漂わせているErma-Werke氏の作品。「ひびまこが少ないというので」作られたとのこと。
ただに甘いのでも、ただに背徳的なのでも、ただにすれ違いや焦燥感があるのでもなく、響視点ならでは、この二人ならではと言いたくなるような孤独感・距離感の描写が光ります。

Ak_47氏 【novelsm@ster】真面目(な顔してるだけ)な雪歩 10本目 (6/10) 
 

ニゴリP たるき亭営業日誌 十品目 「肉じゃが」 (6/16)
 

アデリーP エアアイドル・マスター 第4話「天海春香」 part5(E) 【NovelsM@ster】 (6/15)
 

最後に当該期間中の完結作品を。

Ak_47氏作品。
貴音が好きすぎて暴走しがちの雪歩と、貴音、そして雪歩とユニットを組む真が織りなす、雪歩ハーレム?? なストーリー。毎回3分台の手頃な時間でまとめられ、軽快で可笑しなやりとりでクスクスさせてくれました。
夜ごと月を眺めて思いに耽る貴音を巡り、雪歩と真はあれこれ想像して彼女たちなりに心配します。しっかりギャグを盛り込みオチもバッチリ決めながらも、なかなか綺麗で後味の良い最終回、見事でした。

ニゴリP作品。
言わずと知れた安心良心親切心、1事務所に1人ほしい主人が営業するたるき亭の日誌、一旦の締めくくりです。
人生は、どんな事柄でも料理を食べればほっこり笑って全部解決、とは運んでくれません。けれども、美味しい料理とそこにこめられた真心は、解決できない悲劇、癒えない傷を持つ人たちにも、前を向き手を握り合える希望をもたらしてくれるでしょう。

アデリーP作品。
「エアアイドル」という、秀逸にして、アイドルという存在を考える上で大変興味深い発想で描かれたストーリー。第三次ウソm@sから半年を走り切って、堂々の大団円です。
世界がどれだけ残酷で、悲しみに満ちていて、それに抗うのがどれだけはかないことであろうとも。なおそこで希望を歌う彼女は、彼女たちは、確かに何物かを勝ち得、世界に何物かをもたらすでしょう。
上記のニゴリP作品もそうですが、方々での感想を聞いていると、「この人も見ているのか」と思うような意外な人が見ていて楽しみにしている、そういう姿を目にすることがとても多いシリーズでした。間違いなく、11年上半期という時代を代表するノベマスの一つでしょう。

追記:
高木社長、誕生日おめでとうございます!

二日続けていい忘れるとか、こんなダメダメな私は(ry。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: