女優・天海春香名演集 15選


なんとなく並べてみたくなったので。10選では選べなさすぎ、20選では長過ぎる気がしたので15選。
貼る動画はサムネありきで選んだので、特に春香の出番が多い回といったわけではありません。



ニセP 『アイドルマスター パロディ劇場』(07/5/25~最新09/7/10)より「ソードマスターマコト」
役名:小島さん 
原作:『ギャグ漫画日和』より「ソードマスターヤマト」 
原作役名:小島さん
 アイドルマスター ソードマスターマコト 誤植編&完結編

やっちゃったZE☆。はまり役というか、むしろ春香にしかできない類の役。



呂凱P 『閣下で三国統一を目指してみる』(07/7/22~08/3/22連載中断)
役名:閣下 
原作:?? 
原作役名:??
閣下で三国統一を目指してみる 人物紹介四【アイドルマスター】


架空戦記界で多様な顔を見せる春閣下の元祖として。
・春香ちゃんもとい閣下。
・閣下と雪歩は夫婦。
・呂凱と閣下も夫婦。
・続きが見たい! →きっとアカイナンがなんとかしてくれる。 「お任せくだされ!」「連れてきましたぞ!」



焼き肉P『ゲームセンターCX 春香の挑戦』(08/1/8~連載中) 
役名:天海春香(ふつうのこ) 
原作:『ゲームセンターCX 有野の挑戦』 
原作役名:有野課長
【愛m@s24】ゲームセンターCX 春香の挑戦 愛m@s24スペシャル!


春香おーん!! ニコマス随一の安定感安心感。表情もあんまり動かないしね。プレイスタイルもあんまり変わらないしね。そこがいいのだ。



フリージアP 『アイドルマスターfake story』(08/1/27~最新08/12/8)
役名:天海春香 
原作:?? 
原作役名:??
アイドルマスターfake story 第三話(後編)


王道を極めし少女、その名は天海春香。
誰もがやりたくてもやれたいことをやってのける、それが王道。王道の前に2年や5年や10年の歳月がなんであろうか。



オヤジオナ 『アイドルマスター 「うっう平犯科帳」』(08/7/24~最新09/7/30)
役名:多数 
原作:『鬼平犯科帳』 
アイドルマスター 「うっう平犯科帳」 巻の七 後編(地之章)


悪役は時代劇の柱石。オヤジオナ一座きっての悪役俳優ここにあり。見よ、この貫禄を!



やっつけP アイマス×必殺シリーズ(08/10/31~連載中)
役名:中村主水 
原作:必殺シリーズ 
原作役名:中村主水(演:藤田まこと)
アイマス×必殺仕置人 第841話「年齢を当てたらあの世行き」Bパート


やっつけ一座の大スター。夕闇に半目で佇むだけで凄みが出る。ののワるだけでおかしみが出る。大俳優ですなあ。
あと、唯一の他役である『必殺必中お仕事屋稼業 』のお春さんがむちゃくちゃ可愛いけれど、コミュ専用動画なので涙をのんで選ばない。また出番ないかなー。



黒澤P『ニュー・シネマ・ハルカ』 (08/12/15~連載中)
ニュー・シネマ・ハルカ
役名:多数 
原作:多数 
原作役名:多数


なんでも演ります。芸人というか、突撃型春香の嚆矢はこのあたりか。



縦揺れP 『ミキミキの奇妙な冒険』(09/3/31~最新10/3/28?) 
役名:モ春香・アヴドゥル 
原作:『ジョジョの奇妙な冒険』第3部 
原作役名;モハメド・アヴドゥル
【戦慄の侵入者】ミキミキの奇妙な冒険 第二話【裁くのはミキなの!】


はるるるるるるるるるるん!!!!! 道化は芝居の要。縦揺れのポーズといい、ほっこり顔やオワタポーズといい、どうしてこう春香さんの立ち絵は一表情を表現する以上の何かをたたえたものが多いのか。



ミノリP 『【斑鳩+IM@S】斑鳩Ch@pter00』(09/4/9~09/10/3完結)
役名:篝(春香) 
原作:『斑鳩』 
原作役名:篝
【斑鳩+IM@S】斑鳩Ch@pter00 第十話


この重ね合わせと雰囲気作りは見事。
基本的にサウンドノベルは、静謐を表現することに長けているし、またそれを極める方向に発達したものだと思う。紙芝居型のノベマスが席巻する前後まで、ノベマスはサウンドノベル・ビジュアルノベル系のゲームの影響を色濃く受け、サウンドノベル的な文法と演出を深めていく系譜を持っていた。この動画は縦書きの文字を右側に表示するメッセージウィンドウ型に属する画面構成だし、切り抜き素材と原作ゲーム画像を駆使して精緻な演出をやっているのだけれど、そういう系譜の上にあるものだと思う。
そしてその後、ノベマスに可能なことはさらに広がった。もう、この作品が目指していたような表現を志向する動画は現れないかもしれない、と思ったりする。



カイザーP『【アイマス×ダンセイニ】アイドルマスターの弟子』(09/4/26~09/9/12完結)
役名:天海春香(春閣下) 
原作:『魔法使いの弟子』 
原作役名:掃除女
 【アイマス×ダンセイニ】アイドルマスターの弟子 第一章


孤独なる者、汝が名は半目春香。優しき者、汝が名は半目春香。
春香さんは老婆にして少女。



藤花P『【ブギーポップ】 Boogiepop and Idols』(09/5/24~10/1/6完結)
役名:ブギーポップ/天海春香 
原作『ブギーポップは笑わない』 
原作役名:ブギーポップ/宮下藤花 
【ブギーポップ】 Boogiepop and Idols 浪漫の騎士-1 【アイマス】


呂凱Pは目を閉じさせて閣下を、焼き肉Pはふつうの顔で有野課長を、やっつけPは憂い顔で中村主水を、カイザーPは半目で老婆を。その表情の一瞬を捉えて固定することで、春香は何かを春香の中に宿らせる。この動画もまたそう。笑いも泣きもする春香(藤花)の笑わない一瞬が固定された時、そこにブギーポップが立ち現れる。なるほど、それは自動的な泡のようなものかもしれない。

ちなみに、藤花P作品から夜は短し歩けよ乙女~春香酒豪列伝(10/5/28~6/16)ではなくこちらを選んだのは、現実に『夜は短し歩けよ乙女」』のヒロインにそっくり(好奇心旺盛、大胆、純朴、酒豪)な女性が知り合いにいて、そのイメージが強烈なもので、いまいちアイマスキャラクターと『夜は短し~』のヒロインが自分の中で重ならないからである。
まったく関係ない話だが、知り合った当時天真爛漫な少女そのものだったその女性は、それから数年のうちに次々ろくでもない男にとっつかまって、いらぬ人生の辛苦をさんざんに舐め、見る見る老けこんでいった。プロデューサーの皆様におかれましても、ゆめゆめ注意怠りなきよう…。



のやすみんきP 『王レス de アイマス』(09/8/26~最新10/7/28)
役名:天海春香(シェフ・ド・キュイジーヌ) 
原作:『王様のレストラン』 
原作役名:磯野しずか(シェフ・ド・キュイジーヌ)(演:山口智子)
王レス de アイマス 第二話「復活への第一歩です」後編


気っぷがよくてゴーイングマイウェイで才能あるのにちっとも気づいてなくて自棄気味のシェフ・ド・キュイジーヌな春香さん最高! メルヘンメイド2な「踊る立ち絵」も威力抜群の可愛さ。いや、マジで素敵すぎますよ。いい役貰ってるなあ。



レストP 『陽気なアイドルが地球を回す』(10/3/17~10/9/22完結)
役名:春香 
原作:『陽気なギャングが地球を回す』『陽気なギャングの日常と襲撃』(『チルドレン』より「バンク」) 
原作役名:成瀬(永瀬)
陽気なアイドルが地球を回す 12


『陽気なギャング』シリーズきってのチートキャラ、 "嘘発見器" 成瀬さん役。ただし原作の成瀬は銀行強盗四人組の中で、リーダー役・参謀役を実質一人で兼ねている。そのため、作戦立案を全て担当して、それが(最終的には)ことごとく的中するという、チート気味の(物語的な)強さが生じていたのだが、『陽気なアイドル』においてはリーダー役は律子が担当し、能力的にも律子(雪子)・雪歩(久遠)が大幅強化され、春香のキャラクターは "嘘発見器" &洞察力の能力まわりに特化された結果、出過ぎずしかも存在感のある絶妙の立ち位置になっている。
『陽気なアイドルが地球を回す』の主役は、あえて言うならばP、別の視点からすれば真だけれど、アイドル全員が各々に物語を背負った、全員主人公と言い得る作品である。が、その中にあって意図的に描写を伏せている部分があるのが春香(ちなみに一切の物語描写が意図的に省かれているのが真美)である。その春香の語りから物語が開始し、ラストショットの中央にも春香の背中があるところが、『陽気なアイドルが地球を回す』の春香というキャラクターを象徴してるのかもしれない。
一方、モチーフである『陽気なギャング』から見ると、『陽気なアイドル』において春香の過去が語られるエピソードは、過去のエピソードがほのめかされつつ明示されない『陽気なギャング』の成瀬の物語に対するレストPの解釈である、とも言えよう。
いやあ、いい役だなあ。主役じゃなくておいしくて仕所のある役、という観点では『王レス de アイマス』と並んで双璧でしょう。



ヘンリーP『【アイドルマスター】七六五家蜘蛛の会』(10//5/3~連載中)
役名:春香 
原作:『黒後家蜘蛛の会』 
原作役名:イマニュエル・ルービン?
【アイドルマスター】七六五家蜘蛛の会 第三話【黒後家蜘蛛の会】


和気藹々とした会席に、今日を添えるちょっとした謎。楽しい会話にも、謎を解くにもメンバーそれぞれの役どころというものがあるわけで、これほどキャラクターそれぞれが自分の役どころをわかっている感を出せるのは、並大抵のことではない。



ニッケルP『天海さんは無口』(10/7/1~連載中) 
役名:天海春香 
原作:『森田さんは無口』 
原作役名:森田真由
天海さんは無口~その2~


立ち絵の表現力全開。文字のないところにドラマはある。


特選
天才カゴシマP『春香の 無免許&轢き逃げ 逃避行』(10/11/7~11/3/23完結)
役名:天海春香 
原作:?? 
原作役名:?? 
春香の 無免許&轢き逃げ 逃避行 第9話(アイドルマスター)


数え間違えた、16個あるじゃねえかこれ。そうだ、特選ということにしてしまおう
鼻を垂らしたり足を投げ出してひっくり返ったり水着のにおいを嗅いだり「オトコが欲しい」とのたまったりする春香さんが見られるのは天才カゴシマP作品だけ! この魅力をなんと表現すればいいのでしょう。まししく、永遠のスーパースター。
なるべくひどい春香さんがサムネに写ってる回を選ぼうと思ったけれど、案外と言おうか案の上と言おうか、素敵な絵ばかりだった。


除外作品⑴
そのようなP(うもうだ氏)『やよいもん』(10/9/13~10/10/13完結)(全話投稿者削除)
役名:春香 
原作:『ドラえもん』 
原作役名:野比のび太
やよいもん第1話 飾と食

除外事由:視聴不可能のため

この記事を書いていて削除に気づきました。真に残念です。


除外作品⑵
シークP 『もしも春香さんがパンダだったら』(10/6/24~最新11/1/9)
役名:春香 
原作:?? 
原作役名:??
もしも春香さんがパンダだったら


除外事由:
熊猫春香を春香本体のうちに含め得るかどうかは深遠にして枢要な論題であって、一般にストーリー作品中の熊猫春香は一定の固有の性質を持ちつつ通常の春香との連続性を保持し、春香本体に含まれ得る存在と捉えられる場合が多いと思われる。しかし、本作品においてパンダは春香の演技するものとしての派生キャラクターを超え、一個の動物的マスコットとして機能しており、非人間化した派生キャラクターにより近い性質を含有するものではないか、従ってこのパンダは従来の熊猫春香と区別して春香熊猫または春パンダとして区分を新設すべきではないかと愚考するが、この議論の発展は後学に譲ることとし、ここでは結論を出さない。


除外作品⑶
シェリングフォードP 『チヒャーロック・ホームズ』(09/4/1~最新10/4/17)
役名:ジョン・H・ののワトスン 
原作:シャーロック・ホームズシリーズ 
原作役名:ジョン・H・ワトスン
チヒャーロック・ホームズ 1 (第一幕1/3)


除外事由:サムネに春香がいなかったので

なんという9393の罠! 


というわけで、なんとなく集めてみた春香さん名演集。PVもいれればもっとカオスにできそう、とか、他のアイドルでやったらどうなるか、とか想像するといろいろと楽しい。とりあえず、私が真で選んだら真士に後ろから刺されそうな特集ができそうだな、と思いました。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: