4/8(金)~4/14(木)の動画覚え書き(ノベマス)


続く続く詐欺で放置してきたシリーズ記事の本数をちょっと数えてみて、頭がクラクラしました。

4/8(金)~4/14(木)に気になったノベマスの覚え書きです。


ちょこれーと氏 キルミーイオリン ―第01話― (4/10)

殺し屋だという触れ込みのアイドル、伊織。同じ事務所の春香は、ことあるごとに伊織にちょっかいをかけますが…。
笑って!如月さんのちょこれーと氏の、新シリーズ。今作は、漫画『キルミーベイベー』をモチーフとしています。
ちょこれーと氏の動画を見ていると、ほのぼの系のギャグ漫画の間や雰囲気が、動画で完璧に表現されていることに感嘆します。最小限の変化で最大限の効果をもたらす。それはそのまま、紙芝居型ノベマスの原理そのものでもありますね。それと密接に結びついたことですが、表情の選択の絶妙さのためか、ちょこれーと氏の動画のアイドルたちは、どの娘も実に可愛いのです。このシリーズも、活動的な春香や、実は恐がりだったりする伊織の描写、一コマ一コマがとても魅力的です。
4~5分で見やすく疲れない動画時間。良質の原作の持ち味を忠実に生かすことによる、クオリティの安定。あたたかみがあって安心できるアイドルたちの関係。楽しいアイキャッチなどの飽きさせない工夫。コメディ系の連載作品の、一つの理想型だと思います。

ゆうのP アイドルマスター アイマス路地裏探偵奇譚 第19話 (4/8)


こちらもモチーフは漫画作品でしたね。ほのぼのと笑いとカオスの融合という、ありふれているようでいて、こう絶妙のバランスで表現するのは難しい世界がさらりと広がっている、『アイマス路地裏探偵奇譚』。
今回新たに登場した真と高木社長もそうですが、このシリーズのキャラクターたちは、オリジナルの設定や性格づけを色濃く与えられています。けれども私はこの作品を視聴する時、いわゆる"キャラ改変が激しい"動画だという印象は全く受けません。彼女たちの言動が、アイドルにも物語世界にもしっくり馴染んで感じられます。それには、このところ私が何度も口にしている台詞回しでのキャラクターの描き出し方の巧みさもあるし、直接ストーリーを模倣せずとも『二丁目路地裏探偵奇譚』という原作をもち、それと融合した『アイマス路地裏探偵奇譚』の世界観の働きも大きいでしょう。このあたり、テキスト動画における"アイマスらしさ""アイドルらしさ"って何だろう、と考え出すと果てしがなくなりますが、それはさておき。
今回の12分18秒という再生時間、確認してみたらこのシリーズの過去回で最長だったのですが、まったくそうとは感じませんでした。視聴者を疲れさせず飽きさせず、スルスルと紐を引くように引っ張っていくテンポと構成の妙、見事の一言です。

覆面作家P 【アイドルマスター×北村薫】お嬢様は名探偵!? 第5話 その7(終) (4/14)


覆面作家Pのデビュー直後からの連載作、『【アイドルマスター×北村薫】お嬢様は名探偵!?』が、4/14の本回を以て、完結を迎えられました。この楽しい時間の終わりに、寂しい気持ちもありますが、この距離感、まだまだこれからどうなるのかわからない、軽やかで余韻ある関係こそ、この二人にふさわしいと言えましょう。
原作のある動画つながりで話をすれば、この作品の大きな魅力の一つは、家の中ではおしとやかなお嬢様、一歩外に出れば暴れ放題の外弁慶、な雪歩にあります。勿論こんな設定は原作ゲームの雪歩にはないのですから、その意味では原作にないものを付け加えるキャラクター改変、ということになります。しかし、こうして別の世界の別のキャラクターの人格と結びつけることで、この作品は、雪歩というアイドルの中に確かに存在する固有の魅力を捉え、表出させていると感じます。
二つの世界の衝突と融合の中からアイドルの個性が立ち表れてくる、このような異世界との出会いこそ、ニコマスの大きな醍醐味の一つだと思うのです。

ブルーマンP ノベマス「いおりんとの新婚生活は地獄の日々」 (処女作 4/8)


伊織と同棲しているプロデューサー。悩みがある、と小鳥さんに話しかけます。また惚気話かとあしらわれてしまいますが、果たして伊織との生活、その実態は…?
初投稿というのは、誰でも不安で一杯なものだと想像します。初投稿作の動画説明文で、つまらない動画ですが・初心者ですが・原作崩壊してますがという類の但書を入れず、いきなり遊んでくる投稿者は、だいたい大物です。(それ以上に、処女詐欺のモノホンの大物であることが多いわけですが。)このブルーマンPも、その例に漏れません。
前半であらすじを誰かに語らせ、後半でそのあらすじをなぞりながら全く印象の異なるストーリーを仕立てあげる。この構成は、ギャグやホラーの典型的パターンの一つですが、巧い作者は物語の典型的パターンの使い方を、よく心得ているものです。この動画の構成と会話の運びの妙は、瑞P、酷くないP、利休Pなど、歴代の手練のノベマス作者の短編群を想起させるものがあります。

留守番P 765プロの留守番物語♯38 (4/8)


このシリーズは、第一部で765プロ・876プロの現在が描かれた後、第二部でその過去が描かれる、という構成になっていて、本話は第二部の最終エピソードです。従って、視聴者はこの第二部が始まった時から、描かれている楽しく活気溢れた765プロというユートピアが、一人のプロデューサーの死と共に崩壊する、という結末をあらかじめ知り、それを強く意識しながら追っていました。
シリーズ作品において、書いているうちにキャラクターが勝手に動き出して予定通りに話が進まなくなる、という話はよく聞くところです。このスパンの長い物語で、多くのキャラクターを生き生きと動き回らせながら、予定された地点まで持っていってきっちりと決着させるのは、並大抵のことではなかったと思います。その構成力と粘り強い歩みを賛嘆せずにはいられません。そして、ともすれば視聴者の側が悲壮感を以て眺めがちになるところを、あくまで笑いと希望を翼に愉快な仲間たちを描き続けた、その一貫した魅力もまた素晴らしい。
万感迫った一つの結末を描ききり、既に『765プロの留守番物語』は39話(4/15)から、新章に突入しています。新たなアイドル達を迎え、実にこの作品らしい愉快なノリで疾走する第三部の始まりに、胸が躍ります。

平蜘蛛P 【NovelsM@ster】ディライトスーパーノヴァ Stage12 DEAR FRIEND[後編] (4/9)


重厚緻密な世界観の元、アイドル達、そして複数の個性的なプロデューサー達が、オーディションの場で真剣勝負を繰り広げる。その骨太なストーリーで、今日のノベマス界に特筆すべき存在感を持っている、『ディライトスーパーノヴァ』シリーズの最新話です。
11話からの新たな編集ソフトの導入により、平蜘蛛Pの画面作りは、とりわけカメラワークの面で自由度を増したようです。作者の志向していたイメージのより具象的な追求が可能になり、意欲の迸りが全面に感じられる、見応えある展開が続いています。
理不尽な縛りにがんじがらめにされながら、だからこそ全力を尽くし、高みを目指すアイドルの輝き。そして、今話においてそのアイドルの輝きに拮抗し、勝るほどの存在感を見せつけたのが、理不尽な力と闘いの世界の核であり象徴である、冷酷にして圧倒的な黒井社長の姿でした。
しかし、このように完成度の高い動画として結実してなお、この物語が希求する理想の高みを思えば、(シナリオが途上であるという以上に)『ディライトスーパーノヴァ』はまだまだ未完成であり、大いなる道の途中にあるのだと思います。次話以降、更にどのような世界を描き出されてくるのか、楽しみでなりません。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どうも、ゆうのPです。
またいくつかの動画を紹介していただき、ありがとうございます。

さて、紹介文を読んで思ったことは、
「あれ?私ってこんな難しいこと考えて作ってたっけ?」ですw
台詞回し・言動に関してなのですが、自分ではキャラ改変をしているつもりはありません。
「物語の為に動かす」ではなく、「好き勝手に動いてもらったら物語ができた」という感じですね。
もちろんそれだけでは無茶苦茶なので、ある程度流れに沿うよう伊織と律子に頑張ってもらっているわけですがw
ええ、自分でも何を言ってるか判らなくなってきました。
ホント好き勝手に楽しく作ってます、ハイ。

さて、春香さんについてです。
私のノベマス作成において、春香さんは非常に頼れる存在になってます。
路地裏でも伊織・律子に次ぐ主役級ですし、短編でも主役になってもらっています。
コメディもシリアスも恋愛物も、主役でも脇役でも器用にこなせてしまう。
無個性ゆえの万能性、とでも言うのでしょうか。
他のアイドルでは太刀打ちできないあたり、流石メインヒロインと言わざるをえません。
ここらへんは、先人達が築き上げてきたニコマスのおかげなのでしょう。感謝です。

好き勝手なことを書いていたらまとまらなくなってきました。
これからも作っていくつもりですので、今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

いらっしゃいませ! コメントありがとうございます。
相変わらず、大変楽しく拝見させていただいております。

他のブロガーの方も常々おっしゃっていることですが、動画について理屈をこねくり回すのは見ている側の方で、作者の方は往々にしてそんなことは考えずにごく自然に動画を作られているものなんですよね。私が書いていることは、動画についてというよりも、動画を見ている自分自身の感情を、なんで自分はこんな気持ちになっているんだろうと分析しているようなものなんです。

「好き勝手に動いてもらったら物語ができた」というのは素晴らしいことですね。実際、「アイマス路地裏探偵奇譚」のアイドル達の、本当に生き生きとして楽しそうに動いている様子を見ると、そのお言葉はとても納得ができます。

春香さんの万能性も、「好き勝手に動いてもらって」いるからこその強みかもしれませんね。そして、いつも事務所の中心にいて、物語を支えている伊織と律子がいるからこそ、春香さんがより自由に生き生きと動くことができるんでしょうね。まことに、伊織は周りの仲間のボケを何倍にも輝かせる反射鏡……いえ、なんでもありません。

……などなどと、こちらこそ、いつも好き勝手なことばかり書いていてお恥ずかしい限りです。戯れ言と思ってお聞き流しください。
では、どうぞご無理をなさらずにお作りになってください。これからも楽しみにしております。
プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: