2010下半期ニコマス20選novelsm@ster巡り(前置き)


 そもそもブログを始めようなんて決心する前の話になるわけですが、こちらの記事を拝見した時から、わ、いいなあ、自分もやってみたいなあ、と思っていたわけなのです。→Augenblicke:独断と偏見による2010上半期ニコマス20選Pick Up

 で、タイトルに書いた通り、ノベマス限定でいろんな方の選ばれた2010下半期ニコマス20選を見ていこう、と思ったわけなのです。が、他人の褌で相撲を取るのが大好きな人間なもので、書き進めるうちに、下半期に感じた諸々をぐっちゃりと詰めこんだよくわからない記事になりました。しかもやたらと長くなったので、ここを前置きとして、前編、後編の合計3つに分割することにしました。


 ノベマスでも架空戦記でも卓m@sでもなんでもいいのですが、下半期に投稿された動画群の中で、どれくらいが20選に反映されるのか、と想像するわけです。
 ノベマスくらいの大ジャンルになると、このジャンルから集中的に動画を選ぼうという方が少なからずいます。しかし、そういう人でも20選の存在を知り参加しようと思うような人であれば、まずPV系の大作でこれは外せないだろう、という動画の7つや8つは立ちどころに上がるのが一般的だと思います。ましてやこの激動の半年だったので、心を揺さぶられた動画が少なからずあるでしょう。さらに、各ジャンルの中にも、そのジャンルのコア視聴者以外にも知れ渡ったメジャー投稿者が複数いますし、単発や企画もので大きなエポックとなる作品もあります。
 そういう、誰の20選にも入ってくる動画を除いた時、その人の一番固有の色が表れてくる動画って、普通に選べば最大4つか5つくらい、ということになります。これは20の枠を目一杯に使い、かつあるジャンルを集中的に取り上げようという目的意識のある人の場合で、選者がそういう変わった意識の持ち主でなければ、せいぜい1つか2つの変わった動画が紛れ込んでいるかもしれない、という感じになります。
 以上は、ノベマスのように比較的コアでアクティブな視聴者の層が厚いジャンルでの話で、これがもっと視聴者層の薄いジャンル、たとえば旅m@sになるともっと頻度が低くなります。さて、今回580人(ですよね?)が集計に参加した20選の中で、フツーPとガテラー星人P以外で何人の旅m@sPの名前が挙がったでしょうか? 多分、5本の指で数えられるか、少し多い位のはずです。
 何がいいたいのかというと、20選に選ばれた動画は、背後にある膨大なストックの中から、狭い選出機会をくぐり抜けてきているわけで、普段自分の視聴範囲に入っていないようなPの作品が上がっていたら、それは高い確率で見る価値があるであろう、ということです。

 まあそんなわけで、とりあえず私のグダグダ書いていることはどうでもいいのですが、ここで並べた方達の20選には、新しい出会いのきっかけがたくさん含まれているので、その出会いの輪が広がっていったら素敵だろうな、と思う次第です。

それでは、お暇な方は前編からどうぞ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: