HaRuKarnival'10を見終わって

 
 ノベマス関連の記事の続きを書く予定でしたが、昨日上げた記事は完成しかけたものを間違えて消してしまい、朦朧とした頭で書き直した結果、いろいろ不本意な内容になってしまったので、気分を変えるため小休止。
 
 HaRuKarnival'10を視聴しての個人的な感想など。放送内容や動画の紹介等はしていないです。途中からハルカニそのものとも関係なくなるかも。


 7/31,8/7,8/21の3回に渡って開催されたHaRuKarnival'10の放送、リアル事情で8/7は無理でしたが、後の2回はリアルタイムで視聴することができました。
 まずはなんと言っても、来場者の多さとコメの勢いに圧倒されました。私が生放送を見るようになったのはここ半年くらいのことで、このような大きな祭りを生放送で体験したのは完全に初めてだったので、こんなに盛り上がるものなのかとびっくりしたのでした。
 そしてそういう祭りの雰囲気の中で見るとまた、作品が違った魅力を持って見えるものですね。ほとんどの動画は事前に視聴していたのですが、MCで盛り上がったり、職人の技に唸ったり、次に何が出てくるのかワクワクしたりしながら、何百人で同時に見る動画には、初めて知るような輝きがありました。
 このような素敵な祭りを作り上げてくださった運営と参加Pの皆様には、本当にいくら感謝をしてもしきれません。ありがとうございました。

 あとは、漠然とした雑感なのですが。
 HaRuKarnivalは、タイトルにHaRuKaと銘打っている通り、必ず春香メインのPVで参加しなければならない、春香さん中心の祭りです。なら、参加しているのは春香好きで春香さんのPVしか作らない人だけかというと、そうではなくて、参加Pにも視聴者にも運営にも、春香さん以外のアイドルのファンだけれども、この祭りを作ろう、見ようと思った人がいるわけです。
 このお祭りは一人のアイドルのお祭りだけれども、そのアイドルを愛でるだけの祭りにしておくのではなく、ニコマスの祭りとして盛り上げよう、楽しんでやろう。そういう意識が広くあるからこそ、HaRuKarnivalはHaRuKarnival足りえているのだと思います。

 春香さんの祭りを企画してくれる人たちがいて、一緒に盛り上げてくれる人たちがいて。なんと幸せなことだろう、と思うわけですが、その幸せさというか、いかに視聴者として恵まれているかということに、なかなか気づけないものだなあと。
 私がまさにそうですが、特定アイドルのコミュから生放送を見出して、いろんなイベントで視聴する範囲を広げていく、という人は結構いる気がします。
 ですが、一人のアイドルのファンという視座だけから物事を見ていると、もっといろんなものに自分のニコマスライフが支えられているということを、充分認識できない恐れがある。それは、今現在ニコマスで一番多くの作品が作られていて、アイマスのメインヒロインという立場を当然のように認められている春香さんからニコマスに入る場合、特にそうなのではないかなあと、自戒をこめて思ったのでした。
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: