FC2ブログ

無病息災


または、小傘ちゃんと九十九姉妹のご親戚訪問記。





このブログは、ニコニコ動画のアイマスMADを中心に、ネット上で私が興味を惹かれている創作物について書くために存在している場所であって、世相を直接的に語ることを目的にしていません。
とはいえ、未知の病気が世界各地で広まりつつある、という話を毎日目にし耳にするこのごろ、なかなか安穏と動画やゲームやアニメの話に興ずる気分になれないのも事実です。

人間、不安なとき、心配ごとのある時は、いま何が起こっていて、原因は何で対策はどうしたらいいのか、明確に知りたいと思うのが人情というもの。とはいえ私は病気やその対策についてはまったくの素人、知りたいと思っても何をどう調べたらいいのか見当がつきません。

知らない言葉があればまずは国語辞典を引き、知らない事物があればまずは百科事典を引くように、わからない時はまず、広く基本的な情報を押さえている場所から当たるのが王道というもの。
そこで私が目をつけたのが、京都は西京区にあるという、


国際日本文化研究センター


です。
なにしろ「国際」で「日本」で、「文」も「化」も「研究」する「中心」だというのですから、日本国内から世界各地まで、現実の文物から異界の化物に至るまでのありとあらゆる情報が集まってくる場所だと想像されます。(※あくまで私の想像であって、実際のセンターの活動内容とは異なる可能性があります。)

とはいえ、時節柄、緊急の用事でないのに無闇と出歩くのも憚られるところです。
そこで、現実に京都を訪問するのではなく、web上で同センターの「怪異・妖怪画像データベース」を訪れることにしました。


怪異・妖怪画像データベース|国際日本文化研究センター


なお、やはり時節柄、怪異・妖怪の皆さまにも、やたらと呼びつけて私のブログまで外出いただくのも申し訳ないところです。読者におかれましては、どうぞ、画像はデータベース本体でご覧くださるようお願いします。


さて、何を置いても知りたいのは、いま世上に流行している病は、どんな存在なのか、ということです。
そこでまず、「流行風邪」とは? とデータベースにお尋ねすると、次のように「はやり風」がその正体を現してくれました。


怪異・妖怪画像データベース 病気;ビョウキ,疫神;エキシン,流行風邪;ハヤリカゼ


解説によれば、「はやり風」は「白ひげを生やし、頭巾、衣、袴を着けている。右手には纏のようなものを持っている」そうです。
すなわち、「はやり風」は、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のデイヴィ・ジョーンズのように白くてかぶりものをしていて顔の下半分がもじゃもじゃで、火消しの人たちが持つ「纏」のような物を持った姿かたちをしている、ということがわかりました。このような神さまを見かけても決して近づかないよう、注意しなければいけませんね。

「はやり風」の具体的な姿かたちがわかったところで、次に知りたいのは「はやり風」への対処法です。そこで、「はやり風」の姿を教えてくれた出典である、さまざまな薬の神さま達が種々の病気と戦う模様を描いた解説書、「諸病諸薬の戦い」を眺めてみましょう。


風俗図絵データベース 諸病諸薬の戦い


実に多くの、薬効あらたかな神さまたちが、病気を退治するために一致団結して戦ってくれていることがわかって、とても心強い気持ちになりますね。もっとも、「はやり風」ひとつに特化した専門家の神さまというのは、今のところいないようです。


怪異・妖怪画像データベース 麻疹;ハシカ,麦;ムギ,黒豆;クロマメ,うさい角;ウサイカク,麻疹の神;ハシカノカミ


広く知られた流行り病の代表といえば、なんといっても「はしか」であり、「麦」様、「黒豆」様、「うさい角」様などの専門家が日夜対処に当たっているようです。
いま時分は、神さま界隈でも「はやり風」対応の専門家の養成が急ピッチで進められていることでしょう。ただ、現時点では、ひとりの専門家の神さまに頼るというよりは、いろいろな食べ物の神さま、生活の神さまの力をお借りして体に力を蓄えておくのが基本となると思われます。


妖怪・画像データベース 鐘馗;ショウキ,疫神;エキシン


もちろん、既知・未知を問わず、流行り病に対する対処全般についての強力な専門家は、すでにご活躍中です。すなわち、家の中に入ろうとする疫病神を門前で追い払ってくれる「鍾馗」様です。家でじっとしている時、いつも入り口でこのお方が頑張ってくれていると思うと、実に頼もしいですね。


怪異・妖怪画像データベース 鐘馗;ショウキ,疫神;エキシン


「鍾馗」様は入り口で守ってくれるだけではなく、自ら疫病神を探し回って退治もしてくれるようです。いわゆる「積極的疫神調査」ですね。


怪異・妖怪画像データベース 悪魔;アクマ,鐘馗;ショウキ


「鍾馗」様の雄々しい姿を眺めていたら、なんだか心が落ち着いてきました。心配ごとの正体とその原因、対策が明確な形になったところで、そろそろ「怪異・妖怪画像データベース」からお暇しようと思います。


ところで、風邪とは特に関係ありませんが、「怪異・妖怪画像データベース」には多々良小傘の親戚とおぼしい方が何人もお住まいですので、東方ファンとしては、訪問の際にはぜひご挨拶しておきたいところです。


怪異・妖怪画像データベース 唐傘;カラカサ

怪異・妖怪画像データベース 傘;カサ,男;オトコ



あと、九十九弁々八橋姉妹の親戚らしい方もいらっしゃるので、こちらもぜひ。


怪異・妖怪画像データベース 琵琶;ビワ

怪異・妖怪画像データベース 琴;コト

怪異・妖怪画像データベース 琴;コト,琵琶;ビワ



それでは、皆さまと私自身の無病息災を願っております。






関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: