FC2ブログ

2019年上半期ニコマス20選



ビネガー選 2019年上半期ニコマス20選+α


・2週前の土日も1周前の土日も違うネタで更新していた時点で、嫌な予感はしていた。というかほぼ間に合わせるのを諦めていた。
・つい "集計に間に合えばいいわけだし……" と思ってしまうのはよくない傾向である。集計陣に居る、というのは、普通の参加者よりも締め切りがルーズでいい権利を持っている、ということではない。

というわけで、ようやく自分の20選が出来ました。毎度のことながら、選んでみないと自分の20選がどうなるのかってわからないし、できた20選を見て初めて、ああ、この半年って自分にとってこういうものだったんだ、とわかるものですね。自分にとっての20選の大事さを、あらためて感じた時間でした。





関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。20選投稿、集計お疲れ様です。
そしてコメントありがとうございました。こんなにも御挨拶が遅くなったこと、まずはお詫び申し上げます。
いやはや、我が身と共に生きて幾年月、ままならないものですね。
だからこそ、こうして誰かと触れ合える、互いを確認し合える機会というのは、本当に有難いものです。

>「またお前か案件」
「星が瞬くこんな夜に」は、すごろくさんが必ず選ぶだろうという確信みたいなものがありました。
身勝手な信頼と自覚しつつ、委ねられる人がいるからこそ、自分に嘘をつかずに選ぶことができる、その幸せ。

>高山紗代子って可愛いな
アイマスの拡張に伴って、それについて考え語る人も、それを記す場所も、観測し得る限界を超えて散らばってしまった感覚。
twitterなどで日々アイドルの可愛さ、すばらしさを語る人はいるのでしょうけれども、いかんせん私達のように「掘る」人種とは相性が悪く……むずかしいところです。

>不自由な視界
ごPのやよいに対する私の視界なんかも、まさにそのもので。
どんなに目の前の動画と1対1で向き合おうとしても、私たちの中には自分だけの蓄積があり、自分だけのやよいがいて、春香さんがいて。
でもそれって、ただひとつの正解があるよりも、ずっと楽しいことだと思うんですよ。それがニコマスをニコマスにしてきたのかもしれないし、私たちを私たちたらしめているのでしょうから。

>忘れること
なんというか、近頃の世相は「今」を重ねることなく、ひたすら消費しているようで、うそ寒さを感じます。振り返ったり、思いを馳せる暇もない。「時はゴウゴウと流れる」とドラえもんは諭しましたが、その意味さえ、今は違って捉えられている気がします。
そんな中にあって、何かと縁を結ぶという試みは、きっと大きな労力を要することで、それでもきっと意味のある営みなのだろうと、今回のVinegar56%さんの言葉をいただいて信じることができました。

佳きアイマスライフを。そしてまた、楽しく言葉を交わす時と場に恵まれることを願って。
プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: