FC2ブログ

「架空-tail THE@TER for 765MILLIONSTARS!!」1st night 各動画にコメントしてみた


赤ペンPの添削日記 10年ぶりのカクテル全作品ファーストインプレッション・その1
KAKU-tail THE@TER for 765MILLIONSTARS!!感想ぜんぶ書くかもしれない1st night - 箱の外には

楽しそうなので、私もやってみようと思います。

内容:KAKU-tail THE@TER for 765MILLIONSTARS!!での登場順序に従って、各アイドルの動画について一本ずつコメントしていきます。

注意事項:好き嫌いとか知ってる人知らない人とか色々あって、公平を期することは不可能なので、全作品とも何度見るか、何度目のインプレッションを何行にまとめるかはその時々の気分で決めています。

※記事タイトルは「架空-tale」のタイプミスではありません。










・星井美希
bmp A beautiful mad disaster 17年11月23日 00時00分


「ミリオンライブ! シアターデイズ」(以下「ミリシタ」)はアイマスに何をもたらしたのか、と誰かに問われたならば、こう答えます。ミリシタはMiki.bmpに去年も今年も誕生祭動画を作らせました。それ以上にどんな答えが必要でしょうか、と。
他方で、bmp作品としては、北上麗花にも、白石紬にも、春日未来にも、徳川まつりにも、それぞれいまの彼女の最高到達点ではないだろうか、という動画がある中で、なぜ美希を選んだのか、美希でなければないのか。それは、他のどのアイドルよりも美希のステージにこそ、スマートで煌びやかなミリシタの彼女を包む空気の冷たさ、取り囲む闇の深さを感じるからです。まあ、それは見ている私の側の勝手な思い入れなのかもしれませんが。



・中谷育
ビッグコックP 夢見る肉弾戦人形 18年07月22日 00時09分


中谷育の動画というと、かつてのロリトリオばりに、年少組でカルテット、クインテットを組んで萌え殺してくる動画は増えてきましたが、育ソロ、育センターとなるとほとんど手付かずです。その、稀少な育センターの動画を誰が作っているかと言うと、むすひらP、そしてビッグコックPという、ミリシタMADにおいて誰かがそこに居てほしい、という場所に必ず立っている二人ですね。この動画は、ビッグコックPの「夢見るナントカ人形まつり」シリーズの中でも、アイドルと声と歌の内容とが絶妙のマッチングを見せる、出色の1本だと思います。



・高山紗代子
ソニおP Better Late Than Forever 18年07月24日 01時09分


ちゃんと数えたわけではありませんが、18年下半期で一番多かったんじゃないでしょうか、高山紗代子センターの動画。しかも、どれもこれもダンス一本で気持ちよくかっ飛ばす感じの快作で。ちょうど、素材が増えてきて、ミリシタのステージでは何が表現できるのか? という模索が広がった時期に、彼女がセンターを務める「閃光☆HANABI団」の素材が投下された、というのが天佑だったようです。
そんなわけで、傑作目白押しの2018年夏の高山紗代子の中でも、ひときわ武骨で小回りが利かなくて、それゆえに腹にじんと響いてくるパワーが篭った、ソニおPのこの1本を。何より、こんなにもステージの上を風が吹け抜けている動画って、他にない。



・馬場このみ
なばかり長介P ミリシタップ!~祭り~festivo 17年12月11日 19時12分


馬場このみのステージ、というと、彼女(の中の人)の歌唱のイメージが先に立ってくるところがあって、彼女の3Dモデルの身体をどう見せるか? という部分は、まだまだ未知だという印象を持っています。
なばかり長介Pのこの動画はR(略)Pの「Festivo」の構成をなぞっていますが、面子が面白い。宮尾美也、ロコ、真壁瑞希、二階堂千鶴。頭がごてごてして軽快感がないのと、それぞれのキャラクター性から、あまりダンサブルな動画にはお呼びがかからない。けれんと趣向を凝らした動画が作られることの多いメンバーを集めて、踊りに踊らせる。雑然としてそれぞれの自己主張が強くて、そのままだとばらばらに空中分解しそうなステージを、中央に立ってまとめ上げる、ひときわ小柄な馬場このみの背中。置かれてみると、なるほど彼女以外のセンターはありえないな、と思うのです。お見事。



・如月千早
あやいずP 飛行機に間に合えば 18年08月14日 23時10分


ますますほっそりと華奢になって、理想のオペラ歌手体型からはどんどん遠ざかっていく千早ですが、まあ、ミリシタではそれでいいんじゃないですか。ちーちゃんは可愛いなあ! というこの感じで。



・野々原茜
五○氏 FUNKY何かしらの飲料水 17年07月31日 10時00分


いいですよね、野々原茜動画。何よりもとにかく、画面の中をかわいい茜ちゃんでいっぱいにして野々原茜のかわいさを伝えるんだぞ、という。で、その "野々原茜のかわいさを伝える" にはいつでもおかしみ、ひょうきんが伴っていなくちゃね、という茜Pイズム的なものが、作り手を問わずどの動画にも横溢していて。



B
・篠宮可憐
もじさんP 【ミリシタMAD】Ring of Fortune 17年07月13日 02時20分


篠宮可憐には、こんにゃくPの【ミリシタMAD】Chu Chu(17年08月27日 00時00分)という魅力的な動画がありますし、他方でもじさんPは、高坂海美でも、所恵美でも、桜守歌織でも、重要な動画を作っています。全員のバランスを考えると、ここでもじさんPを出すのは得策ではない……のですが、しかし、この一本はどうしても外せないのです。
ミリシタが始まって、2.5次元の身体を得て、彼女たちは何ができるようになったのか、彼女たちの前にはどんな未来が開けているのか。それを、「Ring of Fortune」の篠宮可憐よりも鮮やかに物語ったアイドルはいなかったから。今でも、この動画以上にミリシタのステージの輝きと広がりを封じこめた作品はないと思っています。



・北上麗花
騒烈氏 【ミリシタMAD】レイジュリハネムーン【im@s_SnD】 18年07月28日 09時06分


ミリシタの素材が充実してきた時期に開催されたthe iDOLM@STER Synchronized D@ncingは、ミリシタMADにとってまさに天の配剤……いえ、胡瓜Pという主催者の意志で生み出されたものですから "人の配剤" というべきでしょうか。このアイドルはこんな表現ができるのか、という幸福な出会いと発見がいくつもあった祭りでした。
この動画もそのひとつ。MADの中でもふわふわと宙空を飛んでいつの間にかいなくなりそうだった北上麗花が、この動画で、その楽しげなかろやかさはそのままに、初音ミクの歌声とジュリアというパートナーとともに、重力と生命力をも得て、地球と接続したのだと思いました。



・天空橋朋花
かりふらP an ordinary ghost story 18年12月19日 10時27分


この子の姿、あんまり見かけないよね、と漠然と思っていたアイドルは何人かいるのですが、天空橋朋花のMADがこんなに少ない、というのは気づいていませんでした。だから、この動画の感想を一言で言うと、「新鮮」。あ、衣装を着て踊るとこんな風になって、こんな表情をする子だったんだな、という。



・春日未来
游希P 【ミリシタ】カレイト゛スコープ 17年05月05日 18時11分


春日未来の動画は決して少なくないし、どれもこれもいい動画なのですが、その中で一本だけ、となると、ちょっと考えてしまうところがあります。ひりつくようにロックな動画もあるし、ダークで謎めいた動画もある。清涼感! 透明感! という動画もあれば、ポップで可愛い動画もある。どれも似合っている。が、たぶん、それぞれの方向性で極めつきの一本を生み出せるアイドルは別にいる。
何をもって、これこそが春日未来の一本と言うべきなのか……と思いながら、ミリシタが始まるより前のこの動画に戻ってきて、ああ、やっぱりここだよなあ、と思う。だって、何の説明もいらないでしょう、この動画。ほら、こうやってステージの真ん中に春日未来がいるって、いい景色でしょう、って、それだけでいい。



・三浦あずさ
サエモン氏 Acoustics 18年07月08日 23時00分


ミリシタ素材だけ眺めていても現在地がわからない、ステラステージ素材で何が表現されているかを見て初めて彼女の今が見えてくる……というのは、あずさと律子に特徴的な現象だと思いますが、それはそれとして。好きです、サエモン氏のこの動画。このさわやかなふんわり感は、ショートの、それもミリシタモデルの三浦あずさにしか出せない味だと思います。



・水瀬伊織
いとり氏 【im@s_SnD】嘘と踊れ/水瀬伊織 18年08月19日 20時02分


めっちゃくちゃ可愛いですよね、ミリシタの伊織。身体のすべてのバランスが見る者の視線を奪うために設計され、仕草のすべてが見る者の心を堕とすように計算されているとしか思えない。小悪魔というか、ただの悪魔だ。あまりに可愛いすぎて、ミリシタの伊織を見ているといつも、怒りとやるせなさがふつふつと湧き上がってきます。
昔、「アイドルマスター2」が出た時、ある人(ニコマス関係者ではありませんでした)が、こんなことを書いていたのを覚えています。僕には、このゲームの中にいるキャラクターが伊織だとはどうしても思えない。伊織だとは思えないこの何者かが、それなのにこんなにも、誰よりも可愛くて、死にたくなる、と。
今、あなたはどこで何をしているでしょうか。安心してください、絶望してください。今でも、伊織はこんなにも、ますます、誰よりも可愛いですよ。
どういうものか、私に、これがアイマスだ、これこそがアイマスだ、と思わせる言葉を紡いだ人たちは、みんな私より先にアイマスを好きであることに絶望して去っていって、その後に残って語られていく言葉、新しく生み出されてくる言葉は、私にはすべてハリボテのまがい物にしか思えない。
私にはずっと、新しいモデルの伊織が、うず高く積み重なった瓦礫の山の上で踊っているようにしか見えない。踊っている伊織の背後にいつも、憎悪と破壊の炎が燃え盛っている景色しか見えない。
偽物と瓦礫にみちみちた世界で、私の知らない水瀬伊織が、今日もこんなにも可愛い。この絶望が終わらない限り、私のアイマスは終わらない。



C
・伊吹翼
ぶどうとう氏 夏への扉 [新訳版] 18年08月18日 01時41分


"ガチ" な伊吹翼を表現しようとする作品の多くが、「アイル」の歌とストーリーのイメージを取り巻いてぐるぐる巡っている中で、この動画は、その「アイル」のメンバーで踊らせながら、「アイル」のイメージからはまったく自由に跳躍した世界を提示していて、一秒一秒、動画の中の時間が積み重なっていくごとに、ああ、こんな表情をする子なんだ、こんな表現を生み出すアイドルなんだ、という発見と感動があります。



・高坂海美
レタス/紙魚氏 【高坂海美誕生祭2018】ダイヤの原石 18年08月10日 12時00分


ミリシタが出てから2回目の誕生祭時の動画ですが、高坂海美をこうやって激しく踊らせたPVって、この時のこの動画が初めてではなかったかと思います。きっとこの先にまだまだ誰も見ていない彼女のステージの可能性があるんだろうな、という、まさしく「ダイヤの原石」がきらりと光る瞬間を見せた動画。



・宮尾美也
地獄大甲子園P 牡丹に蝶 18年04月24日 00時00分


ふんわり感と、その中にある芯の強さ。宮尾美也のステージにおいて、何を見せるべきか、という点には、作り手の違いを越えた共通の意識があるように思いますが、この人だけは何か全然違う世界を思い浮かべている……ようでいて、捉えているものはやっぱり同じなのかもしれない。



・福田のり子
むすひらP サーキットの娘 17年11月03日 00時11分


そろそろこの子のこんな動画が見たいよね、と思う時と場所にだいたいいつもいる、むすひらP。福田のり子では、この後にもっと「カワイイ」に振った動画も「カッコイイ」に振った動画も出てきていますが、出発点はやっぱりここです。体を動かしているのがものすごく楽しそうなんですよね、この動画ののり子。



・天海春香
明朗会計P 【アイドル】うちの「メリー」が、どこか殺伐としている。【マスター】 18年12月29日 17時37分


ミリシタMADの春香、何が特徴的って、デュオ動画の本数がやたらと多い。千早にあずさ、松田亜利沙に矢吹可奈、高山紗代子。とりあえず春香さん呼んで千早か後輩とツインボーカルやらせときゃ観客は泣くっしょ、という業界内での信頼感と、とりあえずミリマスで一番気になってる子を出して、あとついでに春香も出して、と何も考えずに横に春香を並べる春香Pののんきなあつかましさとによって、今日も天海春香のスケジュール帳は共演の予定で埋まっている。あの、すみません、一応断っておきますが、どの動画も大好きです。
それはそれとして、明朗会計Pの「うちの「メリー」が、どこか殺伐としている。」です。"アイドルがかわいいミリシタMAD" なら、いろいろあります。"ダンスが合ってるミリシタMAD" も、"笑えるミリシタMAD" も、それぞれにいろいろあります。しかしこんなにも、"かわいいのに、合ってるのに、笑えてきて仕方ない" MADは、他にありますまい。そしてこんなにも、笑えるのに、笑っているはずなのに泣けてくる動画も、他にないでしょう。
これはただのネタ動画であって、彼女たちの仕事は歌って踊って演じることだ、と思われるかもしれません。でも、そうじゃないんですよ。画面の中のステージはいつでも、今この瞬間にもばらばら崩れ落ちていく世界に屹立する最後の砦で、そこにはファンなんて誰ひとりいなくて、春香さんたちはいつも、誰にも見えず誰の声援も届かない場所で、世界を守るために命を捧げて戦っているんですよ。そうでなかったら、今日もニコマスが続いていて、こんなにも素晴らしい動画たちが日々生み出され続けているはずがないのだから。今宵も地球を守るため命を捨ててステージに立つ春香さん達の悲壮な笑顔を見ていると、泣けてきて仕方ないんです、有り難さと、何もできない我が身の情けなさとで。



・所恵美
うるうP 所恵美 [黄昏シンフォニー] ミリオンライブ 18年04月15日 00時00分
 

所恵美で! 声がでかい! 話が長い! 暑っ苦しい! 貴重!




・ジュリア
トリカラP 【NNNM17】Stell Believing【ジュリア】 17年12月16日 19時34分


すぐ上の所恵美がそうであるように、ダンスも、ストーリーも、台詞も、思い入れも、全部盛り込みました、という動画は彼女のこの一本だけではないのだけれど、それぞれの、文字通りの "色" の違いが、いいですよね。所恵美の長い茶髪を大事にしたらあの色合い、あの空気になり、ジュリアの燃える赤髪を大事にしたらこの景色、このステージに行き着きました、という。



・永吉昴
てんやわんや氏 【永吉昴】少女革命スバル 19年01月17日 11時01分


ミリシタの投票企画の支援動画というと、いついつにこういう名前のイベントを挙行するから何という役で誰々に入れてね、という用件しか書いていない、文字通りの "企画告知" な動画もありますし、そのアイドルについてアピールしたいイメージ、提示したい情報をきっちり計算して構成された動画もありますが。他方で、視聴者に何を思わせてどう動かすつもりで作られたのかはよくわからないのだけれど、とにかく選挙というきっかけを得て、その人の内側に堆積していた感情と思索が堰を切って溢れ出てきて、こんな形になったんだなあ、という動画が時々あって、この動画はそういうもののひとつだと思います。ミリシタでここまで力強くセンターで踊りきり、ひとつの世界を演じきった動画はなかなかなく、永吉昴というアイドルは、今ここで、ニコマスの中にたしかな一歩を刻んだんだなあ、と思いました。



・矢吹可奈
終わり詩P 矢吹可奈 『うたうポンポコリン』 18年08月18日 00時00分


矢吹可奈動画って全体にカラーが似通っていて、誰が作ったどの動画にもふんわりした優しさとさびしさがあります。そういう 、いかにも矢吹可奈らしい味わいはこの動画にもありますが、一方で、こんなふうに楽しさ全振りの可奈動画って実はなかなかなくて、いかにもありそうでなかった、大事な場所を埋めてくれた動画だなあ、と思います。



・松田亜利沙
じゅっP B_m_S 18年08月28日 22時48分


まるいPに終わり詩Pと、春香派から執着されている……というか、(P自身の?)春香を見つめる視線を仮託されている松田亜利沙。そんな松田をさんさんと太陽が照るビーチに連れ出してステージのど真ん中に立たせたじゅっPには、そうです、これが見たかったんです、よくぞ見せてくれました、と感謝するしかありません。
まあね、松田本人にとって何が幸せかは知りませんが、そんな、怪奇! 水の底で春香に吸い付いている軟体動物! みたいな仕事ばかりさせなくたっていいじゃないか、自分でセンターに立ってこんなに晴れやかに笑える子なんだから、とは思います。
もう少し言うと、まるいP的な軟体動物感というのは、一面たしかに松田亜利沙の本性を捉えているんですよね。……いや、それはアイドルオタクだからどう、というメンタルの話ではなくて。あの蛇のようにぬるっと蠢めく触手、へにゃっととろける笑顔には、見る者をやわらかく絡め取ってずぶずぶと取り込んでしまう妖しさがあって、じめっとした環境にアレを置いておくと、たぶんなんかものすごい危険物に成長していくと思うんですよね。魔性の女に育つ素材だからこそ、その妖しさは隠し味にとどめて、むしろすくすくと健全に育っていってほしいなあ、という。



・周防桃子
ナギ氏 【im@s_SnD】Sparkle【ミリシタMAD】 18年07月27日 18時42分


公式と2次創作とを問わず、主人公にしてストーリーを編ませたら傑作にさせずにはおかない、約束された勝利の桃子先輩こと周防桃子。あまりにも栄光の勝利を積み重ねてきたからこそ、その分厚く堆積して身体に張り付いた、文脈と思い出という必ず勝たせる武装をもう一度全部はがして、まっさらな裸の桃子をステージに立たせることは難しい。それでも、きっとできるし、やらなきゃいけないんですよ。
その身体に着せられたストーリーがあるからではなく、中の人が吹き込んだ歌唱や演技の力でもなく、ゲームプレイヤーが「思い出ボム」を積んだからでもなく。ただ彼女が2.5次元の身体を持って生まれたというそれだけの理由で、彼女にしか到達できない表現というものがあって。きっと、それを表現するためにこそ、彼女はこの世に生まれてきたのだから。この動画がそこにたどり着いた、とは言いません。でも、この動画で、ミリシタモデルの周防桃子は、ミリシタモデルの周防桃子にしか行き着けない場所へと向かう入り口に立ったのです。




関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: