FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拾った置き手紙



いくまさつき氏 【手描き】ヒッチ/ヨハネ/コック【ラブライブ!サンシャイン!!】 18年07月16日 08時00分






この動画の主役は、「ラブライブ! サンシャイン!!」の津島善子だが、津島善子について、私にはいくつかわからないことがある。
第一に、私はアニメでの彼女しか知らないので、ゲームの津島善子が何を考えているどんな子なのか、わからない。動画の中でもいくつか、ゲームの中のエピソードや楽曲に由来するのだろう、キャラクターの組み合わせやアイテムが出てくるけれども、その意味するところは私にはわからない。
第二に、アニメの津島善子が何を考えているどんな子なのかも、実はよくわかっていない。アニメ2期の終盤、11話〜12話にかけては、津島善子がひとりで物思いにふけっている場面がちょくちょく出てくる。けれども、いったいあそこで彼女が何を思っていたのかは特に説明されなくて、想像しても、こうだったにちがいない、と確信できるような答えは出て来ない。終盤の善子がわからないというより、終盤の善子を通して、自分がまだまだ津島善子を知らない、ということがわかるのだ。
第三に、私はこの動画の中の津島善子がわからない。動画の中のひとつひとつの光景が、なんだか見覚えがあるようで、いちいちアニメを見ていた時の記憶が、イメージが喚起されてくる。動画の中で泣いたり笑ったりしている善子の表情ひとつひとつに、ああ、こんな顔をする子だよな、と思う。でも、その場面でなんで彼女がそんな表情をしているのか、はっきりとは掴めない、説明できない。わからないのに、わからないままで、ああ、これが津島善子だよなあ、と思う。

アニメでは、津島善子をめぐって、いくつかの問いが提示されていると思う。それらのいずれもが、心の痛み、さびしさ、もの悲しさといったものと、密接に結びついている。
ひとつに、2期5話で提示された、「運命」をめぐる問題がある。自分自身では運命だと感じた出来事、運命だと信じている出会いが、他人にとってはなんでもないかもしれない。生きていくということには、どれだけ叫んでもどこにも届かないかもしれない恐怖、誰にも届かない場所で抱えてひとりでもがいている苦しさが伴うもので、そういうものを抱えながらどうやって生きていくのか、という問いである。
ふたつめに、「卒業」をめぐる問題がある。2期終盤では、いちばん年少の1年生組、後輩の側から見た先輩の卒業とユニットの解散、という事柄が、物語の大きな柱のひとつになっている。1年生組は、あーいう先輩たちがいて、「Aqours」というユニットがあるからこそ、今のような形で互いに関係を結び、自分が自分らしくあることができる居場所を見つけられた人間たちである。だからこそ、仲間がいなくなり、居場所がなくなることへの年少組の不安の痛切さには、年長組にはわからないものがあり、そして彼女たちがその不安と向き合う時、そこには、自分がどこへ行く何者なのか、という問いが立ち現れているのである。
最後に、津島善子のトレードマークである「堕天使キャラ」をめぐる問題がある。ゴシックな外見に厨二病な言動、「堕天使」という設定。それは、高校生になった今では、好き好んで自覚的に演じている技能でもあり、習い性となってやろうとしなくても自然に出てしまう本能的、衝動的な営為でもあり、反面、高校生にもなって馬鹿馬鹿しい、自分でもこんな設定現実だと思っちゃいないのに、と自分自身によって醒めた目で観察され、疎んじられている娯楽でもある。けれども、そのの奥底にあるのは、不運でぶきっちょで孤独な子どもだった、幼い日の善子の夢と希望を凝縮した理想だ。その夢と希望を、信じ続けることができるのか、信じ続けていいのか、信じ続けられているのか。劇中で善子をいちばん悩ませているのはたぶん、そういう問題だ。そして、津島善子が他人を惹きつけるのは、まさしく、彼女が、その面白おかしくこじれたふるまいの奥底で、幼い日に思い描いた夢の純粋さ、希望の輝かしさが大切を守り、育んでいる人間だからなのだ。

この動画には、泣いたり、沈んだり、憂いたりしている津島善子の顔が、いくつも出てくる。それはきっと、善子の中をいつも、重くて痛いいくつもの問いが、互いにからまり合いながら駆け巡っているからで。だからこそ、その涙の向こうで、彼女が浮かべている笑顔がまぶしい。それは、弱くて傷つきやすいからこそ、誰よりも自らの心の痛みを知覚しているからこそ、強く、優しくなれる人の笑顔だから。


3ヶ月半ばかり前に、この動画について記事を書こうとしていたことを今日思い出したのですが、何を書くつもりだったかは思い出せなかったので、自分からの謎かけを自分で解くような気分で書いたのがこの記事です。出題者、2018年8月15日の私。回答者、2018年11月30日の私。さて、採点するのは、いつ、どこの誰になるのやら。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。