FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さそPが動画を削除されるとのこと





私がぼやっとしていて、記事にするのが遅くなってしまいましたが。




上記引用tweetの通り、7月末をもって、さそPが動画を削除されるとのことです。
言うまでもなく、私個人としては、誰のどのような作品であるかを問わず、一つでも多くのニコマス動画が、一日でも長くニコニコ動画にあってくれればいいと願っています。まして、さそPは私にとって、思い出と思い入れの深い作者ですから、その作品がニコニコ動画上で見られなくなることについて、惜しさ、寂しさは、なかなか言おうとしても言い尽くせない気持ちがありますが、いろいろと事情があってのご決断のようですし、湿っぽいことは申しません。





さそPと言えば、なんと言っても、ライフワークとも言うべき架空戦記の大作、「iM@Sの神兵」シリーズ。荘重な文体と、アイマスとFF11、コラボしている双方の作品への深い愛着を感じる、キャラクターひとりひとりの細やかな描写とを両輪に紡がれる骨太なストーリー。他に似た感触の作品を思い当たらない、強烈に個性的な作品でありながら、同時に、「im@s架空戦記シリーズ」という世界に夢中になった人間誰しもが思い描く、"アイマスでこんな世界が見たい" "アイマスでこんな世界を描きたい" という夢の典型的な形を具現化した、架空戦記史上の一つの極北と言うべき作品だと思います。







ノベマスファンとしてなんと言っても忘れがたいのは、"菊地真考察シリーズ" とも言うべき一連の短・中編。おそらくはニコマスの歴史上において彼が最初に着目した、「敬介」というキャラクターをはじめ、真Pならではの真コミュの深い読み込み、細部への気づきから独自の視点で物語を展開していき、作品を通して菊地真というキャラクターと彼女を囲む世界に迫っていく作品群には、一作ごとに新鮮な衝撃と発見がありました。







真を視界の正面に据えつつ、しかし真ひとりの世界に閉じこもるのではなく、同時に周りにいる他のアイドルたち、765プロという場所そのものにも観察と愛着を注ぐのも、さそPという作者の特徴でした。偏狭な春香派である私としては、とりわけさそPの描き出す春香像は、こんな見方ができるんだと膝を打つこともあり、ここは私の考えと違うと首を捻ることもあり、つねに刺激的でした。









「プロジェクト・フェアリー」「竜宮小町」そして「ジュピター」と、公式が提示した新しいアイドル、新しい括りに対して、まっさきに向き合って、彼ら彼女らの魅力と、彼ら彼女らが生み出された意味、意義に光を当てていこうとする作品群もまた、さそPの重要な特色です。

ブログ名?なにそれ?美味いの? 私は思う。彼は勇者だと。

とくに、「ジュピター」をめぐってさそPが9.18直後から展開した活動は、上記のレオハルトPの記事が語るように、当時多くの人に勇気を与え、「ジュピター」への "好き" を芽生えさせたものであり、さそPと言えば「木星三羽ガラス」と思い出す人も多いことでしょう。





すべての作品、活動を通じて一貫しているのは、つねに敗者の側、マイノリティの側、語られていない側、光の当たっていない側へと目を向けていく視線であり、また、アイドルに対して自分独自のこだわり、見方を強く持つ人でありながら、それと反するものを拒絶するのではなく、公式の提示する新しい情報やファンコミュニティの潮流と自分のこだわりとをつきあわせて前向きにコミュニケーションしていこうとする姿勢であり、そして、どんな状況にある誰のことを描いても、きっと彼、彼女が幸せに笑えるところまで連れていく、キャラクターひとりひとりへのどこまでも分け隔てない優しさです。





何度か書いたことがありますが、そんなさそPの作品たちの中で、私がいっとう好きなものを挙げるとすれば、真と響のノベマス「歓声は聞こえず、拍手は遠く」です。「アイドルマスターSP」パーフェクトサンというゲームのために、菊地真と我那覇響というアイドルのために、どこかで誰かが必ず形にしなければいなかった、大切なものを形にしてくれた動画であり、夜の公園で二人が踊る幕切れは、テキストによって描かれたアイマスの生み出した、もっとも鮮やかで美しい光景のひとつだと今でも思っています。「静かに評価されるべき」というタグが、これほど似合う動画はないでしょう。


なにしろ今公開されている動画が合計187本という、膨大な作品を残した人ですから、10日足らずで全部を見るのもなかなか難しいですが、この機会に皆さまも、気になる動画、思い出の動画を巡ってはいかがでしょうか。

あらためて、さそPというニコマスPが、その作品によって、数多くの素敵な出会いと幸福な時間を私たちにもたらしてくれたことに感謝します。さそPのこれからの人生とアイマスライフに幸多からんことを、お祈りしております。






関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[いろいろ話]ちょっぴり照れちゃうけど、この記事を

さそPが動画を削除されるとのこと:すごろく格納庫(中) 上記引用tweetの通り、7月末をもって、さそPが動画を削除されるとのことです。 言うまでもなく、私個人としては、誰のどのような作品であるかを問わず、一つでも多くのニコマス動画が、一日でも長くニコニコ動画

コメントの投稿

非公開コメント

ありったけの感謝にかえて

いつもお世話になっております。

記事、読ませて頂きました。
私自身も到底及ばないような、温かな視点。広やかな視野。ただただ感動するばかりです。
こんなふうに総括して頂けて、さそPというプロデューサーは幸せ者でありました。

もともと、ニコマスの末席を汚したのはほんの寄り道のつもりでした。本番(何のことかはお察しください)前の腕試しというか、ごくごく軽い気持ちだったと記憶しています。
それが気づけば深みに嵌まり、ニコマス以前の自分のことを思い出せなくなるくらい影響を受けてしまいました。
創作活動への向き合い方とか、登場人物との接し方とか、そうしたとても大切なことを、真や、響や、兵衛、敬介、三羽ガラスといったみんなが私に教えてくれました。プロデューサーにはいつものことですね。アイドルをプロデュースしているつもりで、その実、自分が育てられている。あの子たちに手を引かれ、宝の山まで連れて行ってもらっている。
つくづく凄いやつらです。

アイドルマスターに出会えてよかった。
ニコニコ動画のアイドルマスターコミュニティに参加することが出来てよかった。
一生ものの宝です。
それを手にした喜びを、今回の記事で改めて感じることができました。果報です。さそPのSランクエンドです。
動画の御視聴、温かい御感想、本当に本当に、ありがとうございました。

…to be continued!(・◇・)ノシ

Re: ありったけの感謝にかえて

こちらこそ、いつもお世話になっております。

もっと早く書くつもりだったのですが、近頃とみにフットワークが重くなってしまいました。
さそPのこれまでの軌跡、自分が読者、視聴者としてこれまでさそPからいただいてきたものを振り返るのに、十分な質量の記事ではありませんが、いくらかでも思い出を呼び起こすよすがになればと思っております。

入る前はほんの寄り道のつもり、というのは、ニコマスに関った誰しもの感覚かもしれませんね。私はただ、人様の作ったものを見て楽しませていただいてきただけですが、ニコマスとアイマスに関わる体験と、そこで感じたこと、思ったこと抜きに以後の人生が成り立たないくらいには影響を受けました。おっしゃる通り、本当に「凄いやつら」ですよね、彼女たち、そして彼らは。

そして、さそPのアイドルたちは、私にひときわ大きな影響を与えた、大切なことを教えてくれた存在です。今後も、私の人生の中で、あなたが描かれたアイドルが私の中で呼び起こされて、私の支えになってくれることがきっと何度もあるでしょうし、自分がそれだけ他人の心を揺り動かせるものをこの場所で築いていったのだということを、自信に思っていただければと思います。

この界隈、誰もが満足して去っていくことができるわけではありませんし、さそPにおかれても、創作をされる中で、アイマスを好きでいる中で、辛いこと、苦しいことは多々あったことと思います。だからこそ、「出会えてよかった。」というお言葉が、ファンとして、アイマスを好きな仲間として、何より嬉しいです。そして、私の書いたものが、そう振り返れるなにがしかのきっかけになったのであれば、ブロガーとしてこれ以上の幸せはありません。

それでは、どこで、どんな形であれ、またお目にかかるのを楽しみにしております。

…to be continued!
プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。