最近気になった卓m@s動画(TRPG以外)をペタペタと貼っておくだけ


備忘用。
単純に今自分が何を見ているかの整理。
イントロダクション・ルール説明のみの動画は含めていません。
以前に比べると私もいろいろ見るようになったものだな、と思っていたけれど、並べてみると、とは言えまあこんなものか、という感じ。
ボードゲーム系の動画は、4~5話くらいで区切りがつくものが多い点が、新規に見始める上では気軽でいいですね。

続きを読む

スポンサーサイト

最近気になった教養講座動画をペタペタと貼っておくだけ


備忘用に。
実は途中までコメントを書いてあったのですが、中断しているうちに書いていた内容にいろいろ納得がいかなくなったので。

続きを読む

最近気になった超なんとかコンテスト参加動画25本


たとえば今後、私が上半期20選なりオールタイム100選なりをノベマスを中心に組む機会があったとして、その中に例の公式主催のお祭りを組み込むことが可能だろうか、とふと考えてみて、さっぱり整理のつかない状態であることを、あらためて認識したわけです。
そういうわけで、とりあえず、気になった動画を書き留めておきましょう、と思ったのです。20本にするつもりで書いていましたが、最終的にはこの本数にするとまとまりが良いな、というところに落ち着きました。

さて、ここに載せた25本は、ニコマス側で派生的に発生した企画も含めると400本内外に達した関連動画、その全体を見渡した上で選んだものです、と私が主張したとき、一応それは嘘ではないはずです。けれどももちろん、そのことは、私の選択が公平であったり、400本中の広がりを的確に反映させたものであることを全く意味しません。
では、具体的に私がどんな指向、偏りを以てこの動画群を見ていたのか、ということを何点か、あらかじめ記しておきます。

ひとつは、単体の完結した動画として、どのような面白さを持っているか、ということ。アフレコがなされた時にどう面白いかということ、この祭りの条件上文脈上意味を持っていた仕掛け、そういうものは考慮していません。
まあ、そこらへんを巧く表現した動画は、ピックアップするまでもなく自然と祭りの中で目立っていた、ということでもあります。

2点目は、400内外の動画群全体の中でどのようなオリジナリティを持っているか、ということ。この基準は、特定の方向性の動画を排除しやすい方向に働くことは否めません。
ノベマスにおいて、多くの動画で使われる定型的なネタ、コンセプトが多数存在することは周知の事実です。私の関心は、皆が使っている定型をこの作者はどう運用して違いを生み出すのか、という点にあるのであって、普段は、定型を使用することの可否自体はなんら問題にしていません。
しかしながら、数百の動画群、5分の時間制限、という条件下で同じ定型からどれだけの違いが生み出せるか、と考えたとき、面白いと感じる閾値は上がらざるを得ないわけです。身も蓋もなく言ってしまえば、動画を開いた瞬間、あるいはキャラクターが一言喋った瞬間、「またこのパターンか」と感じてしまった動画はその時点で、最初から審査員の興味が半分しかないオーディションに挑んでいるようなものである、ということですね。
こう私が書いたとき、あてはまる事柄として、たとえば千早のやよいスキー、貴音のラーメンやよいのもやし、といったネタがすぐに連想されるかもしれませんが、私が念頭にしているのは、そういったネタだけではありません。たとえば、5分の尺の中で千早と弟、貴音と月、という共通のお題で多数の人がシナリオを作るとすると、その雰囲気はたぶん、多くの例において似てくるでしょう。そういう場合に、個別の動画がどう感受されるか、ということは、絶対的なものであるより相対的なものである側面が強くなるのです。

3点目として、ある動画について、作者がBGMの縛りや立ち絵の縛りなしに同じ内容を表現した状態を想定した時、きっとそちらの方がより魅力が発揮されているだろうな、と感じた動画は入れない、ということ。この基準は、私が普段の活動をよく知っている作者ほど、厳しく働きます。私が特に好んで追ってきた何人かの作者(ペデューサーP、事故米P、憂鬱P、下着ドロP、おしるP等)が排除されているのは、この理由に依ります。
もっとも、だからと言って普段の活動を知っている作者ほど不利なのかというと必ずしもそうではなく、さて、この動画は何を表現しているのだろう、と考える時、普段どんな動画を作っている人なのか、どんな風にキャラクターを描く人なのか、をあらかじめ知っている作者の方がイメージは湧きやすいわけです。実際にピックアップした動画中には、この作者だからこそという思考回路が働いた結果残ったものがいくつもあります。

4点目として、公開された手描き素材を使用した動画(従来からあった歪氏の貴音立ち絵を除いて)は、ほとんど入りませんでしたし、またアイマス紙芝居のジャンルで主に活動しているPの作品もほとんど入れませんでした。まあ要するにそれは、私が公式素材至上主義的な好みを持っていること(これは3点目との関わりで問題になります)、私の主要な関心領域はノベマスであってアイマス紙芝居ではない、という単純な好みによるものです、と書いておけば、とりあえずいいでしょう。

そんなこんなで、氷山の一角をメモしておきます。

続きを読む

最近気になった旅m@s動画をペタペタと貼って、ちょっと書く


自注P 【旅m@s】天海春香、ひとり旅してきました。 第1回 12年05月16日 16:51

上記の自注Pの動画がブロガー界でちょっと注目されている、ということで。

ささだんごのアイマス部屋 旅

はてなブックマーク - 【旅m@s】天海春香、ひとり旅してきました。 第1回 ‐ ニコニコ動画(原宿)

私にとって少々タイムリーな話でして。つまり、私はテキスト系の中でもノベマスを主に見ている人間で、旅m@sにはさほど強くありません。が、今日は旅m@sを見てみたいな、という気分の時に、どういうものを一番期待していると、内容的にどんな面白さや情報が含まれているか、ということよりも、普段自分がいる場所とちょっと違う現実の風景の中にアイドルが溶け込んでいる、そんなちょっとした非日常の空間を味わいたい、という気持ちが中心なのです。
そういう意味では、Pとアイドルが会話しながら移動していく、オーソドックス? なものよりも、アイドル一人の語りや、アイドル同士の会話だけで進行していくものの方がその気分にぴったり嵌まることが多い。Pが動画中に出るタイプの作品だと、普段見ているものと同じような感覚で見ることになるので、普段と違う感覚を味わいたい時にはちょっと遠回する感じになるのですね。
そんなわけで、最近、アイドル一人称あるいはアイドル同士の会話で進むタイプの旅m@sがちょっとしたマイブームなので、見たものをペタペタと貼っておきます。基本的に2012年以降に投稿があるシリーズのみ。条件に合致する動画は他にもありますが、上記した欲求をより手軽に満たしてくれるもの、という基準でいくらか絞っています。

続きを読む

最近気になった春香動画をペタペタと貼っていくだけ


最近は、一本の動画についてそれなりに言葉にするということが難しくなっているので、とりあえず。


戦国アイドルマスター 第44話 意志を継ぐ者編 囚われの律子 12年05月04日 17:06


山川出版Pのこの動画が来たのが5/4の17時で、前話の投稿は11/4/17だったから、約1年ぶりの続編。


アイドルマスター 春香 「合わせ鏡」 12年05月04日 22:57


約5時間後に来たのがウィンウィンPのこの動画で、コラボPVとしてはアイドルマスター 春香 雪歩 亜美 「COSMOS vs ALIEN」(10/10/6)以来、約1年7ヶ月ぶりの新作になる。


【アイマス2】Princess Bride!【KOTOKO】1Mbpsくらい… 5月05日 14:54


16時間後。
きっさらPは別に、長期間沈黙していたとかそういう話ではないけれど。


アイドルマスター 君の代(戸川純) 春香ソロ 12年05月05日 22:43


で、8時間後。
誰だか知らないけれど、DikePみたいなタイトルの人。


ここから何が言えるのかというと、ゴールデンウィークでいろんな人が時間があったんだな、ということは言えると思う(笑)。
別に、そろそろVinegar56%がさびしいとか鬱だとか駄々をこねだして煩いから適当に奴が喜ぶ餌を与えてやろう、というような祭りが開催されたわけではないと思う(笑)。


プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: