3月25日(日)の動画覚え書き(主にノベマス)


「ぷよる」という動詞があるならば、「やよる」という動詞もまた、あって不思議ではないでしょう。
あ、ちょっとやよってくるので今日はこれで。


【高槻やよい誕生祭2012】高槻やよい【板尾課長】 3月25日 00:01

この辺にカラフルP 
毎度ベースは同じの恒例行事だけに、タイミング、溜めの作り方が実に洗練されている。
コメントも心得たもので、ネタに対して、打てば響くような統率性に優れた反応が返ってくる。 


【やよたん】She's Famous Now 3月25日 00:46

ともよP 
やよいの弾けるダンスに、私も元気をもらえた。


【ノベマス】ののワイドルマスター 第十二話 3月25日 01:38

DOKUDOKUO13氏 
この美しく大自然の驚異に満ちたクリーチャー世界。


アイドルマスター『下北漁港』 やよい 3月25日 02:52

迷い中P
夕照りに日焼けた素肌が映える。
船灯りに質実剛健の四肢が踊る。
海の女はたくましい。


欲しいものは? 第5話 『若い自分』 3月25日 04:52

提督P 
勉強や受験を中心に回るストーリーが新鮮。


ひとりぼっちの 3月25日 04:57

どうていさん氏 
水槽のむこうにやよい。


春香さんが台湾プロ野球を応援するそうです2 3月25日 06:08

奈良原浩P
そんなに個人的関心が深いテーマでもなく、めちゃくちゃ笑えたり衝撃だったりするわけでもない事柄を淡々としゃべっているだけなんだけど、なんだか面白い。
そんな教養講座が時々あって、このシリーズもそう。
こういう動画に出会えると、なにか人生をちょっと豊かにしてもらった感じがする。


ζ*'ヮ')ζ<たけのこ体操はじまるよ~ 3月25日 12:52

なみへー氏 
だばだばだばだば…  はっ!
なんかこの動画、1分ほど記憶を飛ばす感じの電波が発散されているっぽい。


2話:【恋と約束とファーストステージ】

ねこ氏 
春香の"Pと別れたその後"を描く作品は、言うまでもなく枚挙に暇がない。またそこで、千早や美希を対比的に扱う作品もたくさんある。
で、だから私はこのシリーズについて、ああこれは私がよく知っている世界観だね、と感じる部分と、こういう描き方はとても当世風だねと感じる部分がある。アニマスで洗ってくるんだ糸の人、というと私には自分でよくわかるが、他人がどうかは知らない。
そしてまた、この作者ならではの個性を感じる部分も無論ある。春香・千早・美希と、対称する軸を、同時並行的に3ついきなり並べてしまうという構想もそうだし、本話冒頭の春香・千早の会話のすれ違いぶりのユーモアや、初回での春香の日常風景の描き方などもそう。こういうセンス、こういう描き方、こういう捉え方が自然に融合するのか、という発見が回ごとにあって、それが最終的にどういう方向に結実するのか、とても楽しみにしている。


天海春香主演 「マザーロード」 第19話(アイドルマスター) 3月25日 17:12

天才カゴシマP 
冒頭、わかりやすい大混乱の図。続くシーンはまあ、このシリーズとしては日常的な会話だが、脈絡があるんだかないんだかわからない「上を向いて歩こう」がよくわからないノリを加速させて、あれよあれよという間にどこかへ連れ去られる心持ちがする。
こう、「これがやりたかっただけだろ」感あふれるシーンが連鎖して物語がふくらんでいく感じが、前二つのシリーズよりさらに強まっている(逆に言えば、前二つの物語にあった見事な収束性は幾分失われている)と思うのだが、このシリーズに関しては私はもう考えることを放棄して身を任せている状態なので、どんどんふくらんでどこへ行ってもいいんじゃないかな、むしろそうやってこの旅がいつまでも終わらなければいいのにな、とすら思わされてしまうわけである。


空から降ってきた精子 楽屋編 3月25日 17:37

易P 
千早さんの9393式百面相。


【Novelsm@ster】原石2つ【いおまみ短編】 3月25日 23:11

おしるP 
親密なる押し引き 
2立ち絵の大きく見開かれた目の表現力。
「二人ともいい子」の中にも描き分けがある。


THE IDOLM@STER 「探偵神宮寺三郎の弟子」 Case 1-1

神宮寺P(正体不明詳細不明氏) 処女作タグ 
あずささんとの同棲模様にのたうち回らされる。


独ソ戦ソリティア~世界IDOL大戦? 第2話ブリッツクリーク 3月25日 19:13

庭上げP 
あの名シーンの再現。
説明回なので当社比ギャグ少なめ、の内容らしいが、快調にシーンが進んでいくスピード感に乗せられていると、本当にギャグが少なかったのかどうかもよくわからない。



スポンサーサイト

3月23日(金)~3月24日(土)の動画覚え書き(主にノベマス)


ひとたび、わけわかんない悪文でも自分がわかればよし、とすると、加速度的に悪文が増えていくことを再発見。


春香さんが台湾プロ野球を応援するそうです1 3月23日 04:48

奈良原浩P 8ヶ月ぶりの投稿?
前回の投稿活動は11年6~7月でノベマス、その前は10年10~11月でPVだが、いずれも大槻ケンヂが題材で春香さん主役。なかなか気になる活動をしている人。野球を題材にするのはこれが初だが、P名的には当然のネタだな。
近いのに知らない世界を見る面白さ。
解説する春香さんが楽しそうに見えるのは、作者の愛着のなせる業だろう。


【本日】765別指導第00話【開校】 3月23日 06:57

稲田堤P 
旅m@sPによる初ノベマス。
961プロを追い出され、バイト探しをする響と貴音。
常識が足りなくても、二人なら生きていける。


【NovelsM@ster】 狼はどこで迷子になった? 【part.6_A】 3月23日 09:00

あるびれP 
シリアスな情景、影の濃くなる夜闇に、2の立ち絵がよく映える。


【NovelsM@ster】 褐色アイドルのある休日 【ナターリア】 3月23日 16:45

RED氏 
名前が被るも多生の縁。 
人間関係上も会話の運び上も、サイネリアがナターリアを活かす。


【東方m@ster】小野塚小町がアイドルデビューするようです。【第10話】 3月23日 21:01

ベホイミP 
すごい世界になっとるのう。


【Novelsm@ster】 シンデレラの時間 / シンデレラ・ガール ? 3月23日 21:23

にわP
この、渋谷凛とそのPの目に映っている春香は、ちょうど今野緒雪の『マリア様が見てる』で、後輩の目に映っている福沢祐巳のようだな、と。あ、私『マリア様が見てる』好きなんです。
いつか来た道、そして多分これから行く道。


【Novelsm@ster】雪歩の弱点を克服しよう 最終話 組曲「惑星」より木星 3月23日 23:14

ちゃそ氏 
ジュピターかと思ったらマーズだった。
一人一人が一人一人に対して優しい動画。 
雪歩の満面の笑顔が見られてなにより。


ぼくは、プロデューサー外伝 第1話 新人Pへの洗礼 3月24日 02:13

獏葉(ばくは)P 
完全に実話!
このシリーズ、このPならではの豪華競演。
「明朗会計」という字面を見ると、あれ、誤字じゃね? という気分になるが、こっちが正しい熟語なんだよねw。


北米版アニマス第10話に続きがありました 3月24日 07:26

アビスP 
熱い言葉の応酬と激しいバトルと衝撃の展開と安心の感動。 
アア、実二あいどるダナア。


【第4次ウソM@S連載】あたしの彼はトップアイドル! 第十二話 3月24日 09:51

サイ天使P 
身内ばかりのオーディション(親子喧嘩) 
軽口さんのトークも弾けているが、他にもいろいろ弾けていて楽しい。


765プロの思い出-14-ヘアメイク 3月24日 18:38

思い出P 
衝撃の事実ぶっちゃけトーク。 
アイドルたちのあの髪型はそういうことだったのか! 
発想が実に愉快。


りっちゃんにPS版バベル面をやらせてみた part10 3月24日 20:03

マル憂P
Great!
ゲームでは表面の大詰め、アイドル活動では響との対決と大きな山場を迎え、しかもその全てが律子に集約されて、作者の力量とシリーズ通しての積み上げが爆発した感がある。
前半ゲームパートの苦闘とそれを乗り越えるカタルシス、後半ノベルパートの、原作オーディションの仕組みを踏まえながらしかもこのPと律子ならではの展開、そしてその二つのドラマの呼応。パズル者としての力、ストーリー作者としての力、動画作者としての力、律子へのこだわり。持ち味が十二分に発揮された回。


なないろくれよん 3月24日 22:43

まめむ氏
ふんわりメイド春香さん。
まめむ氏、旧名玉之介氏、P名なし。4ヶ月ぶりだと思うが定かでない。
去年の3月頃から無印で、しかも春香さん中心の動画を上げているということで、
当然私としては気になる人。
気付くと最初の方の動画が多く非表示になっていて残念。

sm9888333


ヨルP 一人舞台 0:42


を見ていて、

あ、ここパンチラしてる。

と、真っ先にそこに目が行ってしまった時の罪悪感というか敗北感というか、みたいな話。

続きを読む

3月20日(火)~3月22日(木)の動画覚え書き(主にノベマス)


カズマ氏の「デレラガ三昧」という表現を見て思ったこと。
個別的に見れば、デレラガとブログの更新の間に直接的な因果関係はなさそうですが、いま縦軸にデレラガのやり込み度、横軸にブログの更新頻度をとったグラフを想像してみると、ab-cd氏とオペラPの異常に突出したグラフになりそうですね。


ぴったしあみまみ 2発目 3月20日 00:52

乾燥もやしP
1発目は3月18日 17:54。
卑猥な言葉を回避する言葉遊び。亜美真美よく頑張った!


如月千早 72の季節『説明編』 3月20日 01:34

tongariP 
千早と一緒に二十四節気・七十二候を勉強しよう
学ぶとはかくも風情のある楽しみであったか。


【NovelsM@ster】R-125! 【第30話】 3月20日 04:20

竜吉氏 
Pと律子の会話、人に聞かせるためのやりとりからから二人の空間に切り替わるその瞬間の、阿吽の呼吸ぶり。


電撃ディアリーテンジカーズ 第2話 3月20日 05:47

コガブシP 第五次ウソm@sの続編
原作漫画再現 
武田さんのインパクトすっごい。
あとサイネリア八戒さんかわいい。


language of flowers ~花言葉~ #2.5 3月20日 11:16

アプローズP 
タイトルにある通り、花言葉が最初から最後までキーとなり、その多義性が活用される。
短編小説の技法が手に馴染んでいる。


ぼくは、プロデューサー 第4話 3月20日 14:14

獏葉(ばくは)P 
BGMの力を認識する動画。


双葉杏が765プロにいる風景 ~初めてのレッスン編その一~ 3月20日 16:17

飴以下P 
なるほど、ニートの子が中心に来ると、普通の日常系漫画っぽいノリになるのか。 ←双葉杏についての感想


【ノベマス】ののワイドルマスター 第九話 3月20日 18:18 第十話 3月22日 17:55

DOKUDOKUO13氏 
九話 ののワさんが画面の隅にいると、頭を空っぽにして眺められていいな。 
一人であれこれ想像してしゃべる小鳥さんは、”そこにいるだけ”のクリーチャーと相性が良いのだな。
十話 冒頭の小鳥・美希・P3人の会話のノリ・リズムがとても好き。
あと、念のために書いておくが、冒頭に「ブログで紹介しました」とコメントがあるが、私とは無関係である。


ガンバレ、オトコノコ。 3月21日 04:58

いぬちん氏 
涼の相談を受けるサイネリア。年上の女友達の風格。
りょうすずノベルメーカーの立ち絵の表情は個人的にまだちょっと慣れないのだが、このサイネリアは可愛いと思った。
「彼女は涼の知らない夢子を知っている」というコメントがついていて、的確に言い表していると感じた。


春香さんがプロサッカークラブをつくった! 第15話 3月21日 07:46

腰痛P
ネタの定型の構築力・選択眼、構築した有限のパターンのギャグをきっちり配分して見せきる技量。
それは、視聴者に動画の楽しみ方を覚え込ませる優れた訓練ともなり、結果としてコメントの中でさらにネタがふくれあがっていく。消え竹とか休み竹とか。
せいぜい3~4コマしか出ない全権監督の登場を楽しみに待ち続け、一目見れば残り時間幸せでいられるおトクな動画でもある。


【卓m@s】IDOL of CTHULHU 第7話【CoC】 3月21日 19:14

ニャル子P 5ヶ月ぶり 
最近ハマって最初から視聴したシリーズ。
ついに事件突入。聞き込み調査でキャラクターの個性が生きる。


王様の服 3月21日 20:21

なかなP 
通りすがりの紳士たちの憩いのひととき。


偶像に口紅を9(ゆえに「ひ」も消えました) 3月22日 06:31

あんこP 
ぶれない北斗さんは、深刻一辺倒にならざるを得ないこの物語世界のヒーローである。


NovelsM@ster】ジュピまこラジオ第1回 3月22日 17:18

settsun氏 処女作タグ 
こなれた台詞回しとBGMでリズム形成。
北斗と並べることで、765プロ内では作りにくいポジションに置いて真を見せられる。


【ノベマス】ずれそうでずれないたっぷりな魅力 3月22日 22:09

わっけいん氏 
魔王エンジェル関係キャラクターのみで構築されたキャラクター世界、ポジション分担。 
りんのキャラクターとしての成熟、自信を感じさせる、知性と風格。





3月19日(月)の動画覚え書き(主にノベマス)


長くなったので一日分で。


春香@メール~律子編~ 3月19日 00:08

ばねP 
ポーズのヴァリエーションを活用した構図。
動きが、微細な感情の表現に生きる。


閣下は無慈悲なSupreme Ruler【幕間劇 1】 3月19日 10:52

極東P 
極東Pの動画はいつもそうだけれど、説明する要素がこれだけあるのに、こんなにもサクサクと流れるように会話とストーリーが進む魔術に驚愕する。 
キャラクターの会話で政治を描こうとすると、どうしても各キャラクターの行動原理をある程度単純化・様式化せざるをえないわけだけれど、そうして様式化しながら、しかも癖の強い人間的魅力に富んだ造型と感じさせるキャラクターの描き出し方が秀逸である。今回で言えば、前半では癖のある部下(雪歩・ユーリ将軍)の思惑をきっちり見抜いてコントロールする辣腕の指導者としての閣下を見せ、後半ではその閣下が後継者(やよい)を可愛がりすぎるあまりにまともにやよいを説得できず、将軍にうまくフォローされるという対照の構図が綺麗に決まっている。
何はともあれ、くるくるとよく働き感情表現する閣下をたっぷり拝見できて、幸せです。


アイドルマスター 第2X話「you」 12年03月19日 18:21

むろP 
・どきゆりPの『これからが    のはじまり』が素材として登録されているのを見て、うむ、もっとも有益にして正当な受容の仕方ではあるまいか、と思った。

・テキスト系動画には、静止画を、動き・構図・ライティング・色調によって映像として魅せようとする技術の系譜がある。自ら胸厚P・平蜘蛛Pの講座動画に学んだと語るむろPは、表現の内容的にも、影響関係の系譜においても、その最新の端にいる作者と言えよう。
MMDの発達により、個人に可能な労力の範囲内で、3Dモデルを直接動作させるストーリー作品を作り得ることが完全に明確になった今、"静止画を演出によって「動画」に近づける"思想に依った技術が、がどこに繋がるのか、どこに終着点を見出だすのか、私にはまだよくわからない。
で、本動画において、むろPの培ってきた技術が、アニマスの映像を使いこなしてストーリー動画を構築するために活かされているのを見て、なるほど、ここに、こういう形で接続するのか、と思った次第である。

・本動画について、この物語は書かれるべき物語だった、という意のコメントを見た覚えがあって、実在したことにして話を進めると、私もそうだと思う。アニマス後のニコマスにおいて、本動画が描いたようなifの未来は、誰かが必ず描かなければならないものだったのだろう。私自身はこの動画を必要としないし、アニマスの春香についてあえて何かを作ることも語ることも必要としなかった多くの人もまた、そうであろう。けれども、本動画は必然的に生まれたのだ。いま春香を好きになっている人、これから春香を好きになる人、春香一人にこだわらずとも春香のいるアニマスを好きである人、ひいてはアニマスのある今のアイマスを好きである人のために。すなわち、「春香を好きな人」のために。
本動画には、本動画として最良の、しかも説得力を持ったハッピーエンドが描かれていると言っていいだろう。それを形に成したのは、間違いなく作者の意志と愛情の力である。しかし、この動画がこのかたちで形と成り決着できるということは、またそれが広く受容されるということは、ただに一個人の独創から生まれるものでは有り難い。それは、今という時代、春香を取り巻く今の世界という背景なしには成り立たない。そしてその時代は、世界は、過去の人間の営々とした(あるいは死屍累々の)蓄積の上に構築されたものである。
本動画のタイトル「you」は、『i』、ひいてはアニマス23話のタイトル「私」と対照をなすものなのだろう。けれども、春香で『you』と言えば、想起されるのはこの曲であり、この動画である。

観月P アイドルマスター Dear you -Cry- (春香)修正版 07年08月06日 00:41


あらゆる側面において、この二つの動画は似ていないし、繋がっていない。むろPの「you」をもっともセンシティブに受け取れた人のほとんどは、観月Pの「you」を同じようにセンシティブには受け取れないだろう。逆もまたしかりである。にもかかわらず、たとえ思い出され結び合わされることがなくとも、アニマスの、むろPの春香が踏みしめている今もまた、過去が造り上げたステージの上だからこそ存在できるし、そこで人々はおなじものを見ている。私は二つの「you」のどちらからも少しく遠いから、それを記しておくべきだろう。


独ソ戦ソリティア~世界IDOL大戦? 第1話 開戦前夜 3月19日 18:39

庭上げP
庭上げPの『世界IDOL大戦』の新章(別ゲームによるリメイク)である。使用するゲームをガチでプレイするというコンセプトで、しかしお馴染みの面々がお馴染みのやりとりを繰り広げる。特にアニメの「約束」熱唱シーンを徹底的にパロディ化したシーンは痛快の一言。なんだろう、このように、こういう距離感でこのシーンをネタにできる動画をも得て初めて、ニコマスは「約束」を消化した、と言えるのではないか。
上記のごとく、このシリーズ名物の、春香千早の阿吽の茶番漫才健在であるが、ペ天使春香さんの丸め込みの弁舌も久方ぶりなだけ、にまだエンジンが全開ではない印象も受け、まだまだこれから加速していきそうである。
しかしまあ、gase2氏が居れば、私はこのように『世界IDOL大戦』について自分で書き留める必要など感じなかっただろうと思うと、このブログもよくわからない地点に来たものである。


【Novelsm@ster】 アイドル駄話~第七話~ 12年03月19日 19:23

のすらP 
うむ、パンゴシかわいい。 
オーバーアクション、表情過多な雪歩がこれはこれでかわいいのだ。


ニコニコ日和~2nd party!~第41話

パラボラP
失礼な物言いになるけれど、本当に、上手くなったものだなあ、と。
正直な話、私もこのシリーズはとぎれとぎれにしか見ていないので、内容を把握しているとはとても言えないのだけれど。でも、私は作り始めたばかりの頃のこの人の動画を知っているし、再生数の少ないノベマスを狙って暴言を吐きかけていく荒らしコメントがいることも知っているので、よく1年半、シリーズ2期に渡って連載を続けたものだと思うし、立ち絵の扱いや台詞回しといったところからキャラクターの把握・描き出し方まで、細かい気遣いが伝わってきて、本当に上手くなったと思う。特に、この回のやよいと伊織のような、家内や室内の静謐な場面での会話や独白の描写は、作者のニンに合っている感じがして好ましい。
もうすぐ最終回ということで、もうちょっと復習して楽しみにしています。


プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: