伊織ちゃんが超絶に可愛い、という話。たぶん、きっと。


スランプ中です。

続きを読む

スポンサーサイト

普通につまらない記事(しゅーりょー)


すんません。全動画チェックして書く内容も考えてあったんですが、飽きました。
そんなことよりカニを食べたい。こんなブログなんか読んでないでカニを食べようぜ!

一応、いくらかだけメモを。

ホメ、実写雪歩、ゆっくり、受けの良い素材はどこでも受けが良いな、と。ホメが動いているとやっぱりそれだけで面白いみたいですね。マスターボールPのホメ動画なんかは、知っていればああいつも通りだな、という感じだし、マシン語Pの嘘字幕もウソm@s予告でお馴染みですが、初体験する人の目線で見ればインパクトあるでしょう。

ボカロをネタにした動画は、コメント広告等々、全体からヤクザやらゴシップ記者やら、魑魅魍魎が跋扈する芸能界の雰囲気が漂っていて楽しげですね。

アスペクト比とかーれるPの動画は、評者のコメントが絵が可愛いからギリギリで入れてやった、という感じで「なんとも思わなかったもの」に分類されています。まあなんというかお二人とも、さすが狙い所をわかっているなあ、とにやにやしました。どういう付加価値を足せばいいかをよくご存知です。
かーれるPの動画の、テイルズのスキット風の画面構成とだるい空気は、『春魂』の雰囲気を髣髴とさせて、とても楽しかったです。この動画、同じ内容を言うのでも、俺だったらこんなに簡潔に楽しく見せられますよ、というのを提示しているわけですが、動画の中身自体も非常に元ネタをおちょくったものになっています。昨日挙げたもので言えば、たとえばロジックPの動画なども、元ネタをとてもスマートにおちょくっているわけですが、そういうニコマスPの知性を感じさせる動画をいくつも見られたのが、個人的には一番楽しかったです。
言語が通じない人間同士が言葉で応酬しようとすると、どうしたって泥仕合になるものです。しかし、動画作者は動画によって、軽々とそれを乗り越えてメッセージを込められる。あらゆる議論に通じる大前提として、真に説得すべきなのは、目の前で対立している相手ではなく、議論を聴いている聴衆だ、ということがあります。ニコマスPはそれを体で知っている人間の集団だな、と改めて感じました。
また、このような動画を見せられて、まるで何も気づかなかったか理解できなかったかの如く、「普通につまらない」「ぎりぎり及第点」などと明快にコメントできる件の人は途轍もない大物だな、と感嘆せずにはいられません。

エメカフェPの動画が「気に入ったの」に入っているのには、お目が高いと言わざるを得ません。というより、それだけエメカフェPの動画が洗練されている、と言っても良いでしょう。こういう褒め方もなんですが、エメカフェPの自虐芸は一流の芸です。自分を卑下しつつ元ネタを立てつつお客さんを笑わせ、誰も不快な気分にさせずに帰してあげる。一流の芸人の精神が宿った芸だと思います。
まあそれと共に、「気に入ったの」に分類された動画は全て19日の動画なので、たくさん動画を見ているうちに頭が疲労して、これがお気に入り、という判断が難しくなった部分もあるのかもしれません。見続けているうちに自分の中でどんどん基準がぶれていくのは、私も常々体験しております。

カイザートPの動画。前からあがっていたメカPの動画とともに、元動画のマイリスト数を上回った数少ない動画でもあります。私が一番感じるのは、かけた労力をどれだけ、誰にとっても理解しやすい形で提示できるかということは、作品をプロモーションする上で非常に大事だということです。その点で、この動画の再生数的成功と件の人から得た評価は、至極自然な結果と言えましょう。
勿論、以前から申し上げています通り、私は見えないところに労力が隠された動画をたくさん見てきましたし、そうした動画が今後も絶えることがなければいいなと願っていますが、動画を伸ばすためのプロモーションを考える上では、非常に示唆的な結果だったと言えるでしょう。


ところで最後に、本記事のここまでの内容と何の関係もないことなのですが、かつて私が読み、大きな影響を受けた、ニコマスについてのブログ記事で、最近ことあるごとに思い出されて仕方ないものがあります。
そのブログは既に削除されており、ブログ主本人の意思により消去されたものを、他人が勝手に転記するのははばかられることではありますが、一視聴者である私が自分を省みるためにも、当今この文章を閲覧できないことを惜しむ気持ちをとどめることができません。
まことに勝手ながら、ここに、ミカドPのブログ『ノベマス監視局ミカド』より、その記事の一部を抜粋し、無断転載させていただきます。


続きを読む

普通につまらない記事(前編)


 
ネタ的にはそろそろ賞味期限切れというか、これ以上遊ばない方がいい匂いが漂っている頃かと思います。が、統一されたネタで投稿された数十の動画群を、1人の評者が全て見て評価してくれる、などという批評のサンプルはそうそうありません。そんなわけで、例のお願い動画の人のマイリストはとても興味深い資料だと思うので、実際に動画と見比べつつ、思った事を書き留めておこうと思います。

 ところで、件の人(個人か集団かわかりませんけれども)については、私もうるさい視聴者の1人として、どういうものを見てきた人なのか、という点には興味があります。「アイドルマスター」タグで毎日生産されるあらゆる動画全てを1人の人間がチェックするのは、まあ物理的に不可能なわけです。どれだけ見ている人でも、見ている領域・見ていない領域がある。
 それが、この人の場合はどこになるのか。とりあえず、アニマス関連の動画については、画質に言及したりOP差し替え動画を名指しで取り上げたりしているので、バックボーンとなる視聴体験があるのは間違いなさそうですが、それ以外の領域についてはどうなんだろう、と。

 後出しジャンケンになりますが、件の動画を見て最初に思った事は、前半の時点では「ニコマス」という単語が使われていないことですね。反応した人の多くは、当然のようにあれを "ニコマスに対する提言" だと受け取ったわけです。しかし、説明文中・動画中で提言の対象を指し示す語は「アニマスのMAD」「MADで生きてるアイドルマスター」「プロデューサーの皆様」「アニメに関する動画」「"アニメOPの差し替え"関連の動画」「アイマスの動画」で全てで、「ニコマス」という言葉は一度も出て来ませんでした。
 なんでそこを気にするのかと言うと、ニコマスの、いわゆるところの "内輪" にいる人間は、公式で展開されているものを指すタームとしての「アイマス」と、ニコ動上でのアイマス2次創作界隈を指すタームとしての「ニコマス」を、自然に使い分けているのが普通だと思うのです。ニコ動上のアイマス2次創作界隈を指して「アイマス動画」「アイマス」「アイマス民」と呼ぶのは、どちらかというとニコ動上での外部からの呼称ですね。

 後半の動画になると、今度は「ニコマス」という言葉、それから「P」という略称も登場します。「ニコマス」もそうですが、「P」という文字が「プロデューサー」=制作者の略称として通じる、というのも(ニコマスのみの用法ではありませんが)"内輪" 的な言葉の使い方ですね。後半の動画では、そういう言葉が出てくる。
 ただ、それと同時に興味深いのが、発端を説明する下りの

「『アニマスMADってくだらすぎね?
  むしろ最近のアイマスMADつまらないよね』」

という表現です。前半の動画では「動画」で統一されていた部分が、かなり「MAD」「MAD動画」というタームに置き換わっている、それから、後半では明確に、 "アニマス以外も含めたアイマスMAD界隈" を対象として意識している、ということがあるわけですが、個人的に一番興味深いのは「アイマスMAD」という表現です。
 以前書いたことがありますが、私はニコマスを見始めた頃、この世界について教えてくれる情報源が欲しいな、と思って探したことがあります。その時点の私にとって「ニコマス」という言葉は耳に馴染まない言葉で、私は「アイマスMAD」という単語で検索したのです。何が言いたいのかと言うと、「アイマスの動画」→「アイマスMAD」→「ニコマス」と使うタームが変遷するのは、個人的経験に照らして、とても自然に感じるということ。

 この「アイマスMAD」という単語、確かに原理上「ニコマス動画」=「アイマス」の「MAD」ですから、何もおかしな言葉ではありません。しかしノーマルPV、コラボPV、ノベマス、架空戦記etc,etc、サブジャンルの区分が発達した現在、指し示す対象が漠然と広がり過ぎ、あるいは使う人の視聴経歴によってイメージする対象が違ってきて、ニコマス内部の用語としては使いづらいものだと思います。09年2月に、はじC氏がニコマスに向けて提言する文章を書かれた時の対象は「アイマスMAD」ですけれども、これはほぼ「コラボPV」中心の界隈を念頭においた文章ですね。
 ニコマス視聴に浸かっていて、提言すべきことがあると感じるような人は大体、ニコマスの広がりとその中で自分の把握している部分をよく知っています。だから、最近で言えば「ノベマス制作講座」⇒「ノベマス」が対象、あるいは「底辺PVP」への提言⇒「PV」が対象、もう少し前ならadobePの「見る専Blog」への提言⇒「見る専」「ブロガー」が対象、等々、大枠としての「ニコマス」と、その中で自身の問題関心がある領域を、意識した言葉遣いになることが多いわけですね。そういう点で、今回の動画で「アイマスMAD」という言葉遣いがされたのは、個人的に面白いのです。

 まあここらへんについてグダグダ述べずとも、書き手の自意識をわかりやすく示す一文がありますね。

「どれほどニコマス住人が単純なのか
 解らせていただき、
 内輪で大いに笑わせていただきました。」

書き手側は1人ではないという示唆と共に、自分は「ニコマス住人」=ニコマスの内側の人間ではない、という立場がはっきり主張されています。つまり、動画の主張する論理に素直に従うならば、書き手は毎日「アイドルマスター」タグの動画を念入りにチェックし、その変遷をよく把握していて、しかし「ニコマス」の内側にはいない、という非常に個性的な視野を持っていることになります。

ともあれ、そんな評者によって批評された動画群を、眺めていきました。想定していた以上に私の感想が単調で、普通につまらない記事になってしまいましたが、没にするのもつらいので公開します。また、文字が詰まっていて読みにくいかもしれませんが、低画質だと思って諦めてください。



続きを読む

竿で 夢描けるから



ntmP 太公望 [my song / アイドルマスター 替え歌]


ボウズだって 大漁だって いつかは思い出になるから。

こう、今動画を、観直すというのか聴き直すというのか笑い直すというのか、しているんですけれども。
本当に、涙というものの全く似合わない作品ばかりですよね。
素敵です。


人一人の人生が終わっても、歌も漁もアイマスも綿々と続いていきますが、そこにどんな言葉がふさわしいだろうとしばらく考えて、やっぱりニコマスの言葉がいいな、と思いました。
だから、ここに、私が今読んでいる作品の一節を書きつけておきます。


「兵士は"死ぬ"ものです。
 負け戦だろうが勝ち戦だろうがどんなに戦術を駆
 使しようが臆病だろうが勇敢だろうが死にます。
 そういうものです。」(アラエ指揮官)

「もし、それでも何かあるのでしたら。
 全てが終わった後、柱を一本建ててお上げなさい
 そして、大いに働きを讃えてあげなさい。
 それで良いのです。」(カトー)

(ケントゥリオP『アイマス・トータルウォー』 第十九話より)


ntmP&大自然P THE BLUE [my song / 替え歌]



つらつらと百舌P作品(中)


特定のテーマのある記事でおめでとうを言うのは、自分の中で何か違う感覚があるので、あずささんに誕生日おめでとうを言うには、また覚え書きの更新をしないといけませんね。いつになるだろう?

※記事中に百舌P各作品のネタバレ、引用を含みます。

続きを読む

プロフィール

Vinegar56%

Author:Vinegar56%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: